「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催

2020年8月19日23時00分 印刷
+「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催
「イエス・キリストが日本の統治者である(ジーザス・レインズ・ジャパン)」ことを宣言し、主を賛美しながら中野サンプラザ(東京都中野区)の前を行進するパレードの参加者たち=15日

終戦記念日の15日、王なるイエス・キリストの御名をパレードや音楽、ダンスを通して賛美し、祝う祭典「ジーザス・レインズ・ジャパン」が東京や大阪、福島、沖縄など7都府県で同時開催された。東京では午前にパレードが行われ、会場のなかのZERO(東京都中野区)を出発点に約1時間の道のりを、ジーザス・レインズのロゴマークの入った旗や世界各国の国旗を手に練り歩いた。午後は歌とダンスで力の限り主を賛美し、会場が一つとなって47都道府県と世界各国のために祝福を祈った。

祭典最大の特徴は、出演者が誰も名前を名乗らないこと。特定の教会や個人の名前は極力出ないように配慮され、イエス・キリストの御名だけに焦点が当てられるようにプログラムが進行する。もともとはフィリピンのセブ島で9年前に始まった祭典だが、同国では「ただイエスの御名だけを賛美し、祝う」というシンプルで力強いビジョンに多くのクリスチャンが共鳴し、今では全土を挙げて行われる国内最大級の祭典となっている。

日本でも4年前の終戦記念日に東京で初開催されたのをきっかけに毎年行われるようになり、賛同者を集めながら開催地を拡大してきた。今年の開催地は東京、大阪、青森、福島、長野、滋賀、沖縄の7都府県。関係者の切なる願いは、全国の教会がこのビジョンに一致して立ち上がり、祭典が2030年までに47都道府県で同時開催され、「イエス・キリストが日本の統治者である(ジーザス・レインズ・ジャパン)」ことが日本全土で宣言されることだ。

「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催
クリスチャンアーティストも名前を名乗らず、一人の礼拝者として賛美をささげた。
「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催
「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催
世界各国の国旗がはためく中、キリストの統治を象徴する王冠がステージ中央に掲げられると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。
「イエスが日本の統治者」 ジーザス・レインズ、7都府県で同時開催
47都道府県と世界各国のための祈りに加えて、日本社会の柱となる8つの領域、政治、経済、報道、医療福祉、教育、宗教、アート・エンターテイメント、家族のそれぞれで主の統治がなされるために祈りをささげた。

この日、開催地のために祈った牧師は、4年前に東京で始まったこの祭典が、すでに日本の各地に広まっていることを神に感謝し、次のように願った。

「2020年から2030年までの勝利の10年間に、神様、あなたの統治を認める神の子たちが、日本全国に立ち上がります。その者たちは恐れを知らず、古い宗教的な縛りを気にせず、ただイエス様だけとつながることを望み、ただイエスの御心だけを行うことを望む者たち。なぜなら、彼らは真理を知っているから。ジーザス・レインズ、私たちはこの真理を知っている。そして、ヨハネの福音書には、真理があなたがたを自由にすると書いてある。このジーザス・レインズが日本に広がっていくとき、日本の神の子たちはますます解放され、ますます縛りから解かれる。ますます美しく、ますます完成されていく、キリストのように。そう信じます」

そして、会場のなかのZERO大ホールに収まらない多くの人々が押し寄せる場面を、主が祈りの中で見せてくださったと証しし、「人々が、神様を礼拝したくて、神様を信じたくて、神様を本当にあがめたくてたまらない、そのような大きな波がやってきます」と力強く宣言した。

祭典の模様は、ユーチューブ(@関東首都圏@沖縄)やフェイスブックでライブ配信され、国内にとどまらず、世界各国から視聴された。動画は現在も再生回数を伸ばしている。9月21日と22日には、関連イベントとして「ジーザス・レインズ・ジャパンリーダーズサミット」の開催を予定している。ジーザス・レインズ・ジャパンの関連情報は、公式フェイスブックで随時発信していくという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース