「G-POPコンテスト2020」 高校生の Yume Matsuda さんがグランプリに

2020年7月31日15時36分 印刷
+「GーPOPコンテスト2020」 高校生の Yume Matsuda さんがグランプリに
新人クリスチャンアーティストの発掘を目指す「G-POPコンテスト2020」の司会を務めた妹尾光樹牧師(純福音成田教会)とゴスペルシンガーの神山みささん(画像:ユーチューブのライブ配信より)

新人クリスチャンアーティストの発掘を目指す「G-POPコンテスト2020」の受賞者の発表が30日、日本CGNTVのスタジオで行われ、その模様がユーチューブでライブ配信された。グランプリに輝いたのは、宮城県で活動する高校3年生の Yume Matsuda さん。父である松田牧人牧師(オアシスチャペル利府キリスト教会)がゼパニヤ書3章17節をもとに作詞・作曲した「天のラブソング」を歌い、審査委員長の chiyo さん(サルーキ=)は「魂が震えた」と、そのソウルフルな歌声を高く評価し、将来の可能性に期待を寄せた。

新型コロナウイルスによるさまざまな制約がありながらも、全国から計52組が応募。1次審査を通過した19組の楽曲動画がユーチューブで1カ月間にわたって公開され、「いいね」の数による一般投票も採点に4割反映させる形で審査が行われた。審査員は、chiyo、竹下静、ナイトdeライト、チェ・ドクシン、塩谷達也の現役G-POPアーティスト5組。ライブ配信では、妹尾光樹牧師(純福音成田教会)とゴスペルシンガーの神山みささんが司会を務め、19組のファイナリストはオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して参加した。審査員の現役アーティストたちがゲストとして事前収録した映像で出演し、審査委員長の chiyo さんと副審査委員長の竹下静さんは、当日も会場に駆け付けた。

クリスチャンホームの4人きょうだいの長女として生まれた Yume Matsuda さんは、音楽好きな松田牧師の影響もあり、小さな頃からゴスペルなどを聞いて育った。しかし、5年にわたる不登校を経験。そんな試練の中でイエス・キリストに出会い、高校2年生で洗礼を受けた。現在はボイストレーニングをしながら、ピアノやギター、ウクレレを練習しているという。アーティストとしての活動歴はまだなく、受賞について「本当に信じられないです。びっくりしました」と喜びを露わにした。

「GーPOPコンテスト2020」 高校生の Yume Matsuda さんがグランプリに
グランプリを受賞した Yume Matsuda さん(画像:同上)

chiyo さんは、「誰をグランプリにするかすごく悩みましたが、コンテストの原点はダイヤモンドの原石を探すこと。まだ17歳で、少し荒削りのところもありますが、審査員5人が共通していたのは『輝いたものがある』ということでした」と言い、その歌声と歌唱力から将来の活躍への期待を語った。

G-POPコンテスト初代グランプリで、同じく宮城県出身の竹下静さんは、「故郷のメンバーがグランプリを取ってくれたのはすごくうれしい。素晴らしい声が与えられているので、これからもどんどん磨き続けて」と言い、「マイペースに自分らしく賛美を続けていってほしい」とエールを送った。

Yume Matsuda さんの「天のラブソング」のミュージックビデオ

準グランプリには、同じく牧師家庭に生まれた長女と次女による姉妹ユニット「SAKURA&KOKORO」が選ばれた。教会では小学生高学年の頃から賛美の奉仕をするようになり、詩篇8篇1節を基にしたオリジナル曲「イエスの御名にまさるものはない」を歌唱。chiyo さんは「一言で言うと、これ以上ないくらいに麗しいワーシップ。見ている人たちが霊的に引き上げられるよう」と言い、審査員全員が一致して高く評価したことを明かし、「これを機会に日本のワーシップ界をリードする存在になってほしい」と期待を込めた。

今回はグランプリ、準グランプリの他に、スポンサーである宣教団体「ホライズン・グローバル・ネットワーク」(HGN)による特別賞も設けられた。HGNベストオーディエンス賞には、米テキサス州にある聖書学校「クライスト・フォー・ザ・ネイションズ学院」(CFNI)留学中に出会った村田光希さんと佐藤めぐみさんによるユニット「Light Hope」が選ばれた。また、HGN審査員特別賞は、関西の超教派青年集会のワーシップチームが今回のために結成した5人組バンド「SUSAGEMONO(ささげもの)」と、最年少エントリーとなった7歳の成松マヌエラちゃんに贈られた。

「GーPOPコンテスト2020」 高校生の Yume Matsuda さんがグランプリに
第1次審査を通過したファイナリストの19組(画像:同上)

G-POPコンテスト2020はもともと、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、今夏に予定されていた「東京プレイズフェスティバル」のプログラムとして企画された。しかし、新型コロナウイルスの影響により、オリンピックが来年に延期されたことで、フェスティバルも延期に。それでも若手アーティストのために機会を提供したいと、コンテスト単独での開催を実現させた。スタジオを提供し技術的な協力をしたCGNTVも、ライブ配信は今回が初めてだったという。

司会の妹尾牧師は「神様への賛美に優劣はない」と言い、「このコンテストを通して、日本のワーシッパーたちの実力がさらに向上して世界レベルになり、互いの信仰がますます高められれば」と語った。受賞者にはそれぞれ副賞が贈られ、グランプリ、準グランプリ受賞者は今後、レコーディングと海外イベントへの出演が予定されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース