恵みシャレー軽井沢が営業終了、オアシス仙台店は休業・移転

2020年7月10日20時46分 印刷

いのちのことば社が運営する宿泊研修施設「恵みシャレー軽井沢」(長野県軽井沢町)が、今年10月末で営業を終了する。また、同じく同社が運営する直営店「オアシス仙台店」(仙台市)は、15年入居していたビルからの移転を決め、移転先が決まるまで休業するという。

恵みシャレー軽井沢の公式サイトに掲載された発表によると、近年、宿泊利用者の減少と施設の老朽化が急速に進み、大規模な修繕を必要とする箇所が多数生じていたという。その中で、新型コロナウイルス禍に見舞われ、理事会・役員会で協議を重ねた結果、これ以上の継続は困難と判断した。

営業を終了する10月末までは、「恵みシャレー軽井沢 フェアウェル・シーズン」として、個人利用のみの宿泊は受け付ける。「これまでの長年にわたるご愛顧、ご利用、ご支援を心から感謝申し上げます。施設のご利用を検討くださっていた方々には、誠に心苦しく存じますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます」としている。

一方、オアシス仙台店は、同社公式サイトの発表によると、数年前から売り上げが減少し赤字が続いていたという。固定費削減のため家賃を抑えられる移転先を探していたところに新型コロナウイルス禍が直撃。緊急事態宣言が発令されたことで4月から休業となり、業績回復が見通せない中、現在の所在地での営業継続は困難と判断した。

移転先が決まるまでは休業とし、現在、仙台エリアでの営業再開に向け、候補地を探しているという。同社は「良い移転先が見つかりますようにお祈りいただけましたら幸いです。移転先と再開の日取りが決まり次第、あらためてお知らせを致します」としている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース