新型コロナウイルス

教会

「教会閉鎖は繰り返されてはならない」 英キリスト教団体が政府に訴え

英国でキリスト教教育の活性化を推進する「クリスチャン・インスティテュート」(CI)は、新型コロナウイルス感染症対策として、同国政府が再び教会の閉鎖を強要しないよう「確約」することを求めている。

2020年11月29日22時06分

米最高裁、NY州の宗教施設に対するコロナ規制に違憲判決 カトリック教区などが勝訴

米最高裁、NY州の宗教施設に対するコロナ規制に違憲判決 カトリック教区などが勝訴

米連邦最高裁は25日、ニューヨーク州知事が新型コロナウイルス感染症対策として宗教施設に対して行った規制について、憲法が定める信教の自由を侵害するものだとして提訴したカトリック教会の教区と正統派ユダヤ教のグループの訴えを支持する判決を下した。

2020年11月27日17時53分

コロナ禍の今こそ、共に祈りを 第20回日本CBMC国家朝餐祈祷会

コロナ禍の今こそ、共に祈りを 第20回日本CBMC国家朝餐祈祷会

第20回日本CBMC国家朝餐祈祷会が17日、京王プラザホテル(東京都新宿区)で開かれた。教団教派を超えて約110人が集まり、ライブ配信を通じて韓国や香港、シンガポールなど世界各国のクリスチャンと共に日本と世界の平和のために祈りをささげた。

2020年11月20日11時57分

CLC、文書伝道70年の歴史に幕 コロナ影響

CLC、解散後も全国6店舗の事業は存続へ 京都店は来年3月ブックカフェとして再始動

12月で解散するクリスチャン文書伝道団(CLC)が運営するキリスト教書店チェーン「CLC BOOKS」の各店舗の事業が、他法人や個人が継承することにより、規模縮小や名称変更などはあるものの、今後も全国6カ所すべてで存続することになった。

2020年11月12日15時47分

新型コロナウイルス

「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」発表 未知の感染症に備え

日本カトリック司教協議会は9日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応をもとに、未知のウイルスなどによる感染症が今後発生した場合に備え、「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」を発表した。

2020年11月11日18時27分

コロナ禍だからこそ祈りを 国家朝餐祈祷会、11月17日開催へ

コロナ禍だからこそ祈りを 国家朝餐祈祷会、11月17日開催へ

新型コロナウイルスの影響で延期されていた第20回日本CBMC国家朝餐祈祷会が、11月17日午前8時から京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催されることが決定した。会場での参加者は100人に限定し、新しい挑戦としてオンラインでのライブ配信を行う。

2020年10月29日14時52分

同志社大学の学生ら2人「持続化給付金」詐欺で逮捕 学長「大変遺憾」

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を支援する「持続化給付金」を詐取したとして、同志社大学の学生ら20代の男2人が逮捕された。同大の植木朝子学長は21日、「大変遺憾であり、社会をお騒がせしていることに対し深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

2020年10月21日18時56分

日本聖書協会、古本募金の寄付増 例年の2倍以上に

日本聖書協会、古本募金の寄付増 例年の2倍以上に

コロナ禍で在宅時間が増大しているのに伴い、日本聖書協会の古本募金を利用する人が急増している。2015年の春から受付を開始し、寄付額は年間10〜20万円を推移していたが、今月年度末を迎える今期の寄付額は45万円超に達する見込みだ。

2020年10月20日9時51分

米大衆伝道者グレッグ・ローリー氏がコロナ陽性 ホワイトハウスで感染か

米大衆伝道者グレッグ・ローリー氏がコロナ陽性 ホワイトハウスで感染か

米大衆伝道者のグレッグ・ローリー氏(67)は6日、自身のフェイスブックで、新型コロナウイルスの検査の結果、陽性であったことを明らかにした。ローリー氏は、集団感染が疑われているホワイトハウスの式典に出席していた。

2020年10月07日16時32分

BSFの聖書学習アプリ、パンデミック中に利用者10倍増

BSFの聖書学習アプリ、パンデミック中に利用者10倍増

新型コロナウイルスのパンデミックの中、「バイブル・スタディー・フェローシップ」(BSF)が作成した聖書学習用のスマホアプリ「WordGo」が前代未聞のスピードで利用者を伸ばしている。

2020年10月05日22時40分

フランシス・コリンズ氏がテンプルトン賞受賞 分裂社会で「調和」呼び掛ける

フランシス・コリンズ氏がテンプルトン賞受賞 分裂社会で「調和」呼び掛ける

米国立衛生研究所所長で、世界的に著名な生命科学者であるフランシス・コリンズ氏(70)が、宗教界のノーベル賞と呼ばれる「テンプルトン賞」を受賞した。クリスチャンのコリンズ氏、信仰と科学の調和を目指す「バイオロゴス財団」の創設者でもある。

2020年10月02日12時03分

小友聡

小友聡氏の「コヘレトの言葉」シリーズ NHK「こころの時代」で11月から再開

東京神学大学教授の小友聡(おとも・さとし)氏(日本基督教団中村町教会牧師)によるシリーズ「それでも生きる 旧約聖書『コヘレトの言葉』」の放送が、11月からNHK・Eテレ「こころの時代〜宗教・人生〜」で再開する。

2020年09月29日18時31分

サンフランシスコのコロナ対策にカトリック信者が抗議デモ 米司法省も「違憲の可能性」

サンフランシスコのコロナ対策にカトリック信者が抗議 米司法省も「違憲の可能性」

新型コロナウイルスの感染拡大で半年以上にわたって経済活動が制限され、日常生活に混乱が生じている中、米カリフォルニア州サンフランシスコのカトリック信者らが20日、対面式のミサを禁じる同市の感染対策に抗議し、デモ行進を行った。

2020年09月29日16時09分

世界宣教祈祷課題(9月27日):韓国

世界宣教祈祷課題(9月27日):韓国

コロナウイルスの封じ込めで当初は高い評価を得ていた韓国だが、8月に入って教会がクラスターとなる形で感染が広がった。事態を重く受けた政府は首都圏の教会の礼拝を中止し、オンラインに切り替える方針を打ち出した。

2020年09月27日20時08分

タイの教会史上最大の洗礼式、1日に1435人が受洗

タイの教会史上最大の洗礼式、1日に1435人が受洗

人口の約95パーセントが仏教徒のタイで今月初め、1日に1435人が洗礼を受ける同国の教会史上最大となる洗礼式が行われた。洗礼式を行ったのは、農村伝道を主体とするタイ現地の宣教ムーブメント「イエス・キリストにある自由教会協会」(FJCCA)。

2020年09月27日6時04分

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

現代技術を使わない昔ながらの生活様式を守るキリスト教の一派「アーミッシュ」の世界最大の共同体がある米中西部オハイオ州で16日、地方自治体の首長や公務員が、キリスト教会を含む特定地域の礼拝所の閉鎖を命じることなどを禁止する法律が成立した。

2020年09月25日17時26分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(3)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(3)

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、米国で教会の礼拝を制限しようとする州政府に対して信教の自由を求め、福音派の重鎮神学者が法廷闘争をはじめ、国論を二分する議論が巻き起こっている。

2020年09月25日8時06分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(2)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(2)

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、米国で酒屋や大麻販売店を必須、教会の礼拝は必須ではないとし、BLM抗議集会と教会で違う対応を見せるカリフォルニア州の二重基準に批判の声があがっている。

2020年09月25日8時05分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

新型コロナウイルス対策における教会の扱いをめぐり、米国では感染の危険性があってもBLM運動は黙認し、同様の信教・思想の自由を享受するはずの教会は規制する州を中心に「教会は必須か」という議論が何カ月にもわたって続いている。

2020年09月25日8時04分

CLC、文書伝道70年の歴史に幕 コロナ影響

CLC、文書伝道70年の歴史に幕 コロナ影響

全国に6店舗のキリスト教書店を展開するクリスチャン文書伝道団(CLC)が、12月で解散することが分かった。CLCが関係者向けの文書で明らかにした。出版不況に加えて新型コロナウイルスなどの影響で、働きを継続することは困難と判断したという。

2020年09月24日13時53分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース