新型コロナウイルス

レイクウッド教会

全米最大の教会、10月中旬に対面式礼拝再開へ 25%の収容制限で

毎週の礼拝出席者数が5万人を超える全米最大のメガチャーチ「レイクウッド教会」(テキサス州)は、10月18日から対面式の礼拝を再開すると発表した。収容人数を通常の25パーセントに制限し、出席者は全員マスクの着用を義務付けられるなどする。

2020年09月21日12時23分

北朝鮮国旗

北朝鮮の地下教会信者「今年は本当に苦しい」 コロナに食料不足、大雨や猛暑も

世界では新型コロナウイルスにより約94万人の死者(17日現在)が出ている中、公式には死者が1人も報告されていない北朝鮮。しかし、北朝鮮の地下教会を支援している情報筋によると、同国では「幽霊病」と呼ばれる病気が流行しているという。

2020年09月17日17時05分

世界宣教祈祷課題(9月16日):米国

世界宣教祈祷課題(9月16日):米国

我々の日常がコロナ禍によって大きく変わってしまったが、米国のカリフォルニア州で、キリスト教会の公同の礼拝をめぐって「国家の役割」と「信教の自由」に関する問題が発生している。

2020年09月16日9時58分

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

教会活動の制限、19日から緩和 カトリック東京大司教区

カトリック東京大司教区は14日、新型コロナウイルスの感染拡大防止で求めている教会活動の制限を19日から緩和することを公式サイトで発表した。これまで自粛を要請してきた75歳以上の高齢者についてもミサへの参加を認める方針を示した。

2020年09月15日16時01分

バチカン福音宣教省長官のタグレ枢機卿、コロナ感染

バチカン福音宣教省長官のタグレ枢機卿、コロナ感染

バチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省長官のルイス・アントニオ・タグレ枢機卿が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。バチカン公営のバチカン・ニュース(日本語版)が、10日にフィリピンのマニラに到着した際、PCR検査を受け、陽性の結果が出たと12日に発表した。

2020年09月14日16時17分

クリスチャンになることの意味とは? グレッグ・ローリー牧師のオンライン・クルセードで数千人が信仰決心

クリスチャンになる意味とは? オンライン・クルセードで1・6万人超が信仰決心

ハーベスト・クリスチャン・フェローシップ(米カリフォルニア州、礼拝出席者数約1万2千人)の牧師であり、伝道者でもあるグレッグ・ローリー氏による毎年恒例の伝道イベント「ハーベスト・クルセード」が4日から7日まで開催された。

2020年09月14日16時14分

世界宣教祈祷課題(9月12日):韓国

世界宣教祈祷課題(9月12日):韓国

コロナウイルスの封じ込めで当初は高い評価を得ていた韓国だが、8月に入って教会がクラスターとなる形で感染が広がった。事態を重く受けた政府は首都圏の教会の礼拝を中止し、オンラインに切り替える方針を打ち出した。

2020年09月12日12時48分

コロナ禍でも旧街道を歩いて伝道 「ウォーク・ウィズ・ジーザス」

コロナ禍でも旧街道を歩いて伝道 「ウォーク・ウィズ・ジーザス」

毎年晩夏から初秋にかけて開催されている「ウォーク・ウィズ・ジーザス」が10日、始まった。旧街道を歩いて伝道する取り組みで、12年目となる今年は、台風の影響で歩き残した昨年の鎌倉街道の一部約36キロを、トラクトを配りながら2日かけて歩く。

2020年09月10日22時13分

ハンガーゼロ、今年は10・11月を「世界食料デー月間」に

ハンガーゼロ、今年は10・11月を「世界食料デー月間」に

10月16日の「世界食料デー」に合わせ、毎年全国各地で啓発イベント「世界食料デー大会」を開催してきたハンガーゼロが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10月と11月を「世界食料デー月間」として募金への協力を呼び掛ける。

2020年09月02日23時10分

教会と行政が協力、コロナの影響受けた人々に食料を 毎週5千世帯に配給

教会と行政が協力、コロナの影響受けた人々に食料を 毎週5千世帯に配給

「フードパントリー」と呼ばれる貧困者への食料支援が教会によって広く行われている米国で、カリフォルニア州のメガチャーチ「サドルバック教会」が、地元の行政と協力して、新型コロナウイルスにより急増した困窮者のために、大量の食料を届ける働きを行っている。

2020年09月02日15時04分

世界宣教祈祷課題(9月1日):米国

世界宣教祈祷課題(9月1日):米国

我々の日常がコロナ禍によって大きく変わってしまったが、米国のカリフォルニア州で、キリスト教会の公同の礼拝をめぐって「国家の役割」と「信教の自由」に関する問題が発生している。

2020年09月01日11時10分

福音派

5分の1の教会が1年半以内に閉鎖の危機 米キリスト教世論調査会社社長

米キリスト教世論調査会社「バーナ・グループ」のデイビッド・キナマン社長が、新型コロナウイルスの影響により、今後1年半以内に全米の5分の1の教会が恒久的な閉鎖に追い込まれる可能性があると語った。

2020年08月28日12時16分

世界宣教祈祷課題(8月28日):バングラデシュ

世界宣教祈祷課題(8月28日):バングラデシュ

観測史上最大の台風「アンファン」がバングラデシュとインド国境の人口密集地帯に上陸したニュースをお知らせしたが、COVID−19の都市封鎖(ロックダウン)が、雨季による台風と洪水からの予期せぬ護りと祝福となったとの知らせが届いた。

2020年08月28日10時30分

ケニアでコロナ危機と闘う教会学校 「4千人の子どもに食料を」

ケニアでコロナ危機と闘う教会学校 「4千人の子どもに食料を」

新型コロナウイルスの影響で深刻な飢餓に直面するケニアの子どもたちを救うため、世界最大の教会学校「メトロ・ワールド・チャイルド」創設者のビル・ウィルソン氏が、ケニアの子どもたちへの緊急支援を呼び掛けている。

2020年08月27日16時45分

世界宣教祈祷課題(8月26日):ブラジル

世界宣教祈祷課題(8月26日):ブラジル

気が付けば米国に次ぐCOVID−19の感染者数死者数となっている。8月25日時点でブラジルの感染者数362・2万人、死者数11・5万人となっており、急激な感染増加に歯止めがかからない状況だ。

2020年08月26日11時53分

最後のコロナ患者、サマリタンズ・パースの野外医療施設を退院 イタリア

コロナめぐり科学の政治化懸念、キリスト教科学財団が声明 5千人超署名

新型コロナウイルスをめぐり、科学の「政治化」が進んでいることに警鐘を鳴らす声明を、米国に拠点を置くキリスト教の科学財団「バイオロゴス財団」が発表した。福音派の指導者も多数署名者として名を連ねており、24日現在で署名者は5千人を超えている。

2020年08月24日14時01分

世界宣教祈祷課題(8月23日):セルビア

世界宣教祈祷課題(8月23日):セルビア

週末の外出制限にセルビア国民が激怒し、首都ベオグラードで7月7日、外出制限の再導入発表に抗議する大規模デモが発生した。抗議デモは一時、議会に突入しようとしたデモ隊に対し、警察が催涙ガスを使用し鎮圧をはかる事態にまで発展した。

2020年08月23日19時38分

世界宣教祈祷課題(8月13日):バングラデシュ

世界宣教祈祷課題(8月13日):バングラデシュ

観測史上最大の台風「アンファン」がバングラデシュとインド国境の人口密集地帯に上陸したニュースをお知らせしたが、COVID−19の都市封鎖(ロックダウン)が、雨季による台風と洪水からの予期せぬ護りと祝福となったとの知らせが届いた。

2020年08月13日10時53分

「平和実現する道歩む思い新たに」 戦後75年、日本キリスト教協議会が平和メッセージ

日本キリスト教協議会(NCC)は12日、「主イエス・キリストの平和の福音に励まされ、遣わされた世にあって、NCCに加盟する諸教派・団体と共に平和を実現する道を歩む思いを新たにします」とする平和メッセージを公式サイトで発表した。

2020年08月12日22時28分

新型コロナ感染拡大への宗教者の対応 「これまで」と「これから」

新型コロナ感染拡大への宗教者の対応 「これまで」と「これから」

「新型感染症が与える影響と市民社会」と題したオンラインセミナー(庭野平和財団主催)が5日、開催された。6月末から続く4回シリーズの3回目で、この日は「新型コロナウイルス感染拡大への宗教者の対応のこれまでとこれから」がテーマ。

2020年08月12日15時08分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース