キリスト教書リサイクルショップ「復活書店」が営業終了

2019年12月14日23時54分 印刷
関連タグ:復活書店
+キリスト教書リサイクルショップ「復活書店」が営業終了
日本基督教団滝野川教会で開催された第28回キリスト教書古書バザールの様子。和書を中心に約5千冊の古書が並び、当時は年間約2万冊を扱っていた=2007年6月5日、同教会(東京都北区)で

「キリスト教書古書バザール」で親しまれていた「復活書店」が、このほど営業を終了した。代表の山口堯嘉さんが11月26日に死去したため。

復活書店は、教文館洋書部に勤めていた山口さんが、退職後に始めたキリスト教書のリサイクルショップ。書籍の処分で困っている大学教授や引退牧師らの声を聞き、このアイデアを思いついた。在職中から声を掛けていたため、退職時にはすでに約6千冊の本が集まっていたという。

古書バザールは2000年から始まり、日本聖書神学校、日本基督教団滝野川教会、日本キリスト教会館と、東京都内で会場を移しながら年2~3回開催してきた。取り扱い書は、説教集、神学書、信仰入門書、注解書、各個教会史、聖書・賛美歌、哲学・思想書、児童書などさまざま。バザールに訪れることが困難な遠方者には、在庫リストの送付も行っていた。

2007年に滝野川教会で開かれたバザールには約5千冊が並び、当時は年間約2万冊の古書を扱うほどだった。書籍整理や在庫リスト作成など手間がかかるうえ、開催経費などでほとんど利益は出ないが、山口さんは「体が動く限りは続けていきたい」と話していた。

その後、規模を縮小しながらも、日本聖書神学校のオープンキャンパスや、東京基督教大学のシオン祭(学園祭)、超教派のフリーマーケット「いのり☆フェスティバル(通称・いのフェス)」、日本キリスト教会館で出店するなどし、古書の販売を続けていた。

関連タグ:復活書店

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース