インドネシアのメガチャーチが実践する「次世代に向けてのチーム作り」

2020年8月22日14時47分 印刷

ヒルソング教会など世界的に活躍する教会リーダーたちを講師に迎えた「ワーシップ&リーダーシップ・カンファレンス」の分科会2では、インドネシアのメガチャーチ「ジャカルタ・プレイズ・コミュニティー・チャーチ」(JPCC)のワーシップリーダーたちが、「次世代に向けてのチーム作り」をテーマに語った。

JPCCは1999年、現在の主任牧師夫妻と副主任牧師夫妻によって始められ、今では毎週3万人が礼拝に参加するメガチャーチ。同教会のワーシップチームである「JPCCワーシップ」だけでも200人以上の奉仕者がいる。同教会のクリエイティブ・パスターであるシドニー・モヘデ牧師は200曲以上の賛美を生み出し、中でもイスラエル・ホートンと共同で作詞した「Hosanna(Be Lifted Higher)」は世界的なヒットとなった。分科会2では、JPCCワーシップのゲア・デナンダ牧師と若手ワーシップリーダーの3人が、次世代につなげるチーム作りの5つのポイントを語った。

インドネシアのメガチャーチが実践する「次世代に向けてのチーム作り」
「次世代に向けてのチーム作り」について語ったジャカルタ・プレイズ・コミュニティー・チャーチ(JPCC)のワーシップリーダーたち。左上から時計回りに、ゲア・デナンダ牧師、リブカ・ユスフ・ルクマンさん、ドニー・エフリエンさん、ビオリント・ベネスティアさん(画像:Zoomのスクリーンショット)

模範を示す

ゲア牧師は初め、使徒パウロが「わたしに倣う者になりなさい」(コリント一4:16)とコリントの信徒たちに言ったように、リーダー自身が「模範を示す」ことが重要だと強調した。「今の時代は情報が不足している時代ではありません。逆に情報があふれ過ぎている状況です。今の若者たちには、情報や教育が足りないのではなく、良い模範になる人がいないのです」。次世代の育成を願い、そのビジョンやスローガンを掲げている教会は多くある。しかし大きな問題は「リーダー自身がそれをどのように実現できるか模範を示せていない、具合的なアクションを起こせていない」ことだとゲア牧師は言う。「次の世代は、明確な模範となるようなリーダーを必要としています。私たちリーダーは、言葉を行いとして示してあげる必要があります」

頼れる存在になる

2つ目のポイントは、リーダーが「頼れる存在」になること。JPCCワーシップの賛美リーダーであるリブカ・ユスフ・ルクマンさんは、頼れるリーダーの特徴として、自分のものを分かち合う、自分自身が称賛を受けることを望まない、チームを立て上げたいという願いを持っている、自分や他人の弱さを理解している、自分の失敗を隠さず次の成功につなげる――などを挙げた。また頼れるリーダーは、頼れるリーダーを作ると指摘。頼れるリーダーが多い組織があれば、それは偶然ではなく意図的な産物だと語った。

次世代に任せ、失敗してもよい環境を作る

同じくJPCCワーシップの賛美リーダーであるドニー・エフリエンさんは、3つ目のポイントとして「次世代に任せ、失敗してもよい環境を作る」ことを挙げた。ワーシップチームには、チームごとにそれぞれの特色がある。しかし、次世代のリーダーを育てるためには、それまでのチームの特色にとらわれず、次世代が自分たちの道を歩めるようにする必要がある。「リーダーは彼らを導く必要はあります。しかし、チームの精神や文化的なものと、実際に行うことを混同してはいけません。世代によってまったく違うやり方をするからです」

次世代に委ねる過程では失敗も出てくるが、「成功すれば共に喜び、失敗すればそれを覆ってあげる必要があります」とドニーさん。次世代の若者たち自らが聖霊に聞き従うように導き、失敗を責めるのではなく、失敗を許してあげることが大切だと語った。

インドネシアのメガチャーチが実践する「次世代に向けてのチーム作り」
分科会2「次世代に向けてのチーム作り」の様子=12日、ライブチャーチ寸座(静岡県浜松市)で

しもべの心を持って導く

4つ目のポイントは「しもべの心を持って導く」。「しもべの心を持つリーダーは、真実と恵みの両方を示してくれます。真理とは正しい方向性のようなもので、恵みとは受け入れること。指針となる良い模範を示すと同時に、受け入れる心を持つことです」と、JPCCワーシップの賛美リーダーであるビオリント・ベネスティアさんは言う。「恵みのない真理に立つと、とても厳しい応答になってしまいます。そういう状態で人を導くと、人は傷ついてしまいます。逆に真理に立たず恵みだけに立つと、人を横柄な態度にさせてしまいます」と説明し、しもべの心を持つリーダーの要素として真理と恵みのバランスの大切さを語った。

大きな絵を描く

最後にゲア牧師は「大きな絵を描く」ことの重要性について語った。

「ビジョンは私たちを正しい路線に留める上でとても大切です。これからやろうとすることの理由に関わるものだからです。この働きは私たちのためにあるものではなく、神様の御国のためのものだと、大きな絵を描く必要があります。それは、イエス・キリストの福音を次の世代に伝えることです。昇天前にイエス様が語られた大宣教命令のように、大きな絵をいつも思いの中に留めておく必要があります」

<<前の記事へ     次の記事へ>>

■ ワーシップ&リーダーシップ・カンファレンス:(1)(2)(3)(4)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース