カトリック札幌司教区、新型コロナで公開ミサなど中止 教区設立以来初

カトリック札幌司教区、新型コロナで公開ミサ中止 教区設立以来初の措置

カトリック札幌司教区長の勝谷太治司教は25日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する対策として、2月27日から3月14日までの期間、教区内では公開のミサ、集会、祭儀などを中止すると発表した。

2020年02月26日12時16分

きょう「灰の水曜日」 2020年の「レント」始まる 

きょう「灰の水曜日」 2020年の「レント」始まる 

「灰の水曜日」を26日に迎え、2020年の「レント」が始まった。今年の「イースター」(復活祭)は4月12日で、それまでの約40日間がレントとなる。教派によって異なるが、灰の水曜日に礼拝者の額に灰で十字の印を付ける「灰の式」などが行われる。

2020年02月26日17時44分

新型コロナウイルス・中国

日本キリスト教協議会、新型コロナで中国教会への緊急支援募金

日本キリスト教協議会(NCC)中国委員会は26日、新型コロナウイルスの感染が広がる中国の教会に対する緊急支援募金を開始した。目標額は10万元(約160万円)で、政府公認の中国基督教三自愛国運動委員会と中国基督教協会を通して支援を行うという。

2020年02月26日20時13分

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カトリック東京大司教区は25日、今月27日から来月14日まで、公開のミサを原則として中止することを各教会に文書で通知した。

2020年02月25日21時36分

香港マカオ事務弁公室主任に夏宝龍氏、教会の十字架撤去を主導

香港マカオ事務弁公室主任に夏宝龍氏、教会の十字架撤去を主導

中国の国務院(内閣)は、香港政策を担当する香港マカオ事務弁公室の主任に、習近平国家主席の元側近である夏宝龍氏(67)を任命した。夏氏は浙江省で共産党トップを務めていた時代、キリスト教会から十字架を撤去する弾圧運動を主導したとされている。

2020年02月26日10時31分

「感染リスクの高い環境」 日本基督教団、礼拝など集会時の留意点示す

日本基督教団は25日、新型コロナウイルスに対する注意喚起を各教区や教会、伝道所、関連施設の関係者に文書で通知した。毎週日曜日の礼拝は「感染リスクの高い環境」であることは認識せざるを得ないとし、礼拝などの集会を持つ場合の留意点を示した。

2020年02月25日19時46分

韓国・釜山の教会で新型コロナ感染者22人 一部は「新天地」所属か

韓国・釜山の教会で新型コロナ感染者22人 一部は「新天地」所属か

新型コロナウイルスの感染者22人が出ている韓国・釜山のオンチョン教会(ノ・ジョンガク牧師、大韓イエス教長老会〔高神〕)の関係者は25日、感染者のうち一部がキリスト教の異端である「新天地」に所属している可能性が高いことを明らかにした。

2020年02月25日19時23分

「ラルシュ」創設者のジャン・バニエ氏、女性6人に性的虐待

「ラルシュ」創設者のジャン・バニエ氏、女性6人に性的虐待

昨年5月に亡くなったカトリック思想家ジャン・バニエ氏が生前、6人の女性に性的虐待を加えていたことが、専門機関の調査で分かった。バニエ氏が創設した知的障がいを持つ人と持たない人の共同体「ラルシュ」の国際連盟が22日、調査結果を発表した。

2020年02月25日15時51分

アルバニア正教会のアナスタシオス大主教にクラウス・ヘンメルレ賞

アルバニア正教会のアナスタシオス大主教にクラウス・ヘンメルレ賞

アルバニア正教会のティラナ・デゥルレスおよび全アルバニア大主教アナスタシオスに、ドイツ西部アーヘンの大聖堂で14日、2020年度のクラウス・ヘンメルレ賞が同大主教の平和と調和に対する宗教間の努力に対して贈られた。

2020年02月25日11時26分

米南部バプテスト連盟国際宣教局、性的虐待の防止・対応で専門職創設

米南部バプテスト連盟国際宣教局、性的虐待の防止・対応で専門職創設

米国の南部バプテスト連盟(SBC)国際宣教局(IMB)がこのほど、性的虐待の防止と対応を目的とした新しい専門職を局内に創設した。SBCをめぐっては昨年2月、過去20年間に性的虐待の被害者が700人以上に上ることが報じられていた。

2020年02月23日17時02分

「すべては神からのギフト」 ゴスペル界のレジェンドが大阪・八尾で本格活動開始

「すべては神からのギフト」 ゴスペル界のレジェンドが音楽宣教師に 大阪・八尾で本格始動

ゴスペル界のレジェンドの一人にして、20年以上前から来日を心待ちにしていたクリスチャンピアニストがいる。ドリーン・アイビーさん(65)だ。2004年から12年には、「オー・ハッピー・デー」で有名なエドウィン・ホーキンスの下で活躍してきた。

2020年02月21日17時05分

教会もっと読む

「教父」から「教皇」へ ミサの奉献文で呼称変更

カトリック中央協議会は20日、現行のミサ典礼書に掲載されている第1~第4奉献文中の「とりなしの祈り」で、「わたしたちの教父〇〇」とされている部分を、今後は「わたしたちの教皇〇〇」に変更し、読み替えることを決めたと発表した。

神学・教育もっと読む

立教学院諸聖徒礼拝堂、聖別100周年で記念礼拝

立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区)にあるチャペル「立教学院諸聖徒礼拝堂」の聖別(献堂)100周年記念礼拝が17日、同礼拝堂で行われ、立教学院や日本聖公会の関係者ら約200人が参加した。

宣教もっと読む

国際もっと読む

社会もっと読む

新型肺炎で教会関係のイベント中止相次ぐ 予防対策の指針示す動きも

新型コロナウイルスによる肺炎(COVIDー19)の感染拡大を受け、教会でも大勢の人が集まるイベントが相次いで中止となるなど、影響が広がっている。一方、教団が各教会の礼拝やミサにおける予防対策の指針を示す動きも出ている。

文化もっと読む

人気記事ランキング

コラム

フェイスブックの最新投稿

スマートフォン版へ