NCC、創立70周年で宣教会議 「日本におけるエキュメニカル運動の歩むべき道筋」を確認

日本キリスト教協議会(NCC)は14日から16日までの3日間、創立70周年を覚えての宣教会議を東京の在日本韓国YMCAと日本キリスト教会館で行い、会議の成果をまとめた宣言文「NCC宣教宣言2019」(16日付)を発表した。

2019年07月19日21時25分

英国国教会、英国メソジスト教会との教役者相互承認に向けガイドラインなど作成へ

英国国教会、英国メソジスト教会と聖職の相互承認に向けガイドラインなど作成へ

英国国教会(聖公会)は7日、英中部ヨークで開催した総会(会期:5~9日)で、聖職の相互承認などを含む英国メソジスト教会とのさらなる交流に向け、必要となる関係文書の草稿作成に着手することを承認した。

2019年07月19日13時28分

ドナルド・トランプ・福音派

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(4)

ポリティカル・コレクトネス(PC)遵守の価値観が反転しつつあるという観点から、米国の福音派そのものの今後の立ち位置を考察するなら、彼らもまた安穏とはしていられない。

2019年07月19日20時44分

8月の平和旬間に向け日本カトリック司教協議会会長が談話 11月の教皇来日に「期待」

平和のために祈り、行動する8月6日から15日の「日本カトリック平和旬間」を前に、日本カトリック司教協議会の髙見三明会長が談話を発表。「(平和は)『すべての人の全人的な発展の実り』として生まれる」などと語った。

2019年07月19日10時43分

海の日を「産み」の日に 中絶やめよう、300人がデモ行進

海の日を「産み」の日に 中絶やめよう、300人がデモ行進

「海の日」を、命の尊さを思い起こす「産み」の日にしようと、人工妊娠中絶への反対をアピールするデモ行進「マーチ・フォー・ライフ(March for Life)」(同実行委員会主催)が海の日の15日、カトリック築地教会(東京都中央区)を出発点に行われた。

2019年07月17日8時04分

日本カトリック司教団、元ハンセン病患者らに謝罪 「当事者の権利を守る視点に立てなかった」

日本カトリック司教団、元ハンセン病患者らに謝罪 「当事者の権利を守る視点に立てなかった」

日本カトリック司教団が、元ハンセン病患者やその家族らに対する謝罪声明を発表した。当事者の権利を守る視点に立てず、元患者や家族らに対し「長い間、言葉にできないほどの苦しみを与えてしまった」として謝罪した。

2019年07月18日20時07分

ドナルド・トランプ

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(3)

6月6日の報道によると、独自調査の結果、トランプ再選の可能性は数字の上では54パーセントとなっている。ここに福音派がどの程度関与しているのか。これは単に政治的な問題というよりも、米国の福音派がどのような存在となりつつあるかを示すことになる。

2019年07月18日13時02分

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

トイ・ストーリーの第1~3作は、この世界観の中で「おもちゃ」としての幸せを模索する物語である。この在り方は、キリスト教界における「クリスチャン・ジュニア(クリスチャンの家庭で生まれた子ども)」の在り方に似ている。

2019年07月17日20時35分

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

東京都東久留米市にあるインターナショナル・スクール「クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン」で、1950年~90年代に、生徒に対して身体的・性的虐待が行われたり、深刻ないじめがあったりしたなどとして、第3者機関による調査が行われている。

2019年07月16日15時55分

プロボクサーの村田諒太、息子への手紙で新約聖書の「タラントのたとえ」

プロボクサーの村田諒太、息子への手紙で新約聖書の「タラントのたとえ」

ロンドン五輪金メダリストのプロボクサーで2児の父親でもある村田諒太(33)が、長男・晴道君(8)に宛てた手紙で、新約聖書に記されているイエス・キリストが語った「タラントのたとえ」を引用した。

2019年07月16日23時54分

ドナルド・トランプ

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(2)

前回に引き続き、トランプ政権と福音派の関連が取り沙汰された出来事を見ていこう。人道的、外交的に人々の注目を最も集めているのが「メキシコ国境の壁」問題だろう。主なやりとりを時系列にまとめてみた。

2019年07月16日21時29分

教会もっと読む

ローマ教皇来日日程、11月23~26日の3泊4日で最終調整

NHKと共同通信は25日、ローマ教皇フランシスコの来日について、11月23~26日の3泊4日の日程で最終調整していると伝えた。それによると、教皇は23日に東京に到着。24日は被爆地の長崎と広島に向かい、25日は東京で天皇や首相と会談する。

神学・教育もっと読む

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(1)

筆者は同志社大学で講義を行っている。毎回、学生たちから出席カードと共に授業の感想や質問を受け付けている。その中に、こんな質問があった。「福音右派って過激ですか?」この質問は、この学生が無知であるということだけを示すものではない。

宣教もっと読む

国際もっと読む

105歳の現役女性牧師、57年にわたりほぼ毎週説教

今年105歳となったハティー・メー・アレン牧師は、57年にわたりほぼ毎週説教を語り続けている現役の女性説教者だ。アレン牧師が牧会するのは、米テキサス州テンプルにある「生ける神の教会」。愛称はその名も「ジーザス」。

社会もっと読む

「1宗教施設に1難民家族」など 世界宗教者平和会議日本委が世界大会前に提言文

ドイツ・リンダウで8月に開催される世界宗教者平和会議の第10回世界大会を前に、WCRP日本委員会が提言文「リンダウ宣言へ向けた日本からの提言」を発表した。提言は15の骨子からなり、さらにそれらを集約して3つのメッセージにまとめられている。

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿

スマートフォン版へ