神学書を読む(44)大貫隆著『終末論の系譜―初期ユダヤ教からグノーシスまで』

神学書を読む(44)大貫隆著『終末論の系譜―初期ユダヤ教からグノーシスまで』

本書は、聖書学者の大貫隆氏(東京大学名誉教授)の書き下しである。本書の目的を達成するために、どうしても邪魔になる「アプリオリ(先験的)な限定性」を取っ払う必要がある。それは「正典としての聖書」という枠である。

2019年03月22日23時54分

教会全焼も聖書は一冊残らず無傷 米ウェストバージニア州

火災で教会全焼も聖書は一冊残らず無傷 米ウェストバージニア州

米東部ウェストバージニア州の教会で火災が発生し、教会の建物は全焼したものの、教会内にあった聖書が一冊残らず無傷で済むという出来事があった。火災があったのは、同州南部の町ダニエルズにある教会「フリーダム・ミニストリーズ」。

2019年03月22日12時15分

預言の働きは「人を建て上げる」 炎リバイバル教会で米牧師を招き集会

預言の働きは「人を建て上げる」 炎リバイバル教会で米牧師を招き集会

単立・炎リバイバル教会(東京都足立区)が7日、米オレゴン州ポートランドにあるカリスマ派の教会、アバイディング・プレイス・クリスチャンフェローシップのチャーリー・ゴスラー牧師を招いて集会を開き、約50人が参加した。

2019年03月20日11時58分

あの名作映画の原作を読む ルー・ウォーレス著『ベン・ハー』

あの名作映画の原作を読む ルー・ウォーレス著『ベン・ハー』

この作品は、ウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演の映画によって一躍、世界中に知られるようになったが、ルー・ウォーレスの原作小説には映画とまた違った味わいがあり、ここに紹介できるのは喜びである。

2019年03月20日16時09分

白人福音派では依然高い支持率、最新統計で読み解くトランプ大統領の評価

白人福音派では依然高い支持率、最新統計で読み解くトランプ大統領の評価

2020年はいろいろな意味で大変な年になる。日本にとっては、東京オリンピック・パラリンピックの年であるが、太平洋の向こう側の米国においては、4年に1度の「王様選び」と揶揄(やゆ)されることもある大統領選挙が行われる。

2019年03月20日23時48分

ロンドン神学校(LST)

ロンドン神学校のカルビン・サミュエル校長が辞任

ロンドン神学校(LST)のカルビン・サミュエル校長が辞任した。自身の振る舞いをめぐり内部調査が行われたことを受け、引責したものとみられる。サミュエル氏は、カリブ海の島国バルバドス出身。メソジスト派の聖職者で、英ダラム大学から移籍してきた。

2019年03月20日19時20分

青学で「サーバント・リーダーシップ・フォーラム」 サイバーエージェント社長や青学院長ら講演

青学で「サーバント・リーダーシップ・フォーラム」 サイバーエージェント社長や青学院長らが講演

第6回サーバント・リーダーシップ・フォーラムが9日、青山学院大学で開催された。サイバーエージェントの藤田晋社長や鈴木寛・元文部科学副大臣、青山学院の山本与志春院長らが登壇し、それぞれが現場で実践しているリーダーシップ論について語った。

2019年03月19日6時03分

「神の日曜日」 キリスト者必見の「キリスト教映画」

「神の日曜日」 キリスト者必見の「キリスト教映画」

名作ぞろいのラインナップに、およそ似つかわしくないタイトルを発見した。「神の日曜日」である。思わずクリックし、予告編を観てみた。面白そうだ。そう思い、本編を視聴し始めた。主人公は、米国のペンテコステ派の牧師であるカールトン・ピアソン。

2019年03月19日16時35分

宮津カトリック教会聖ヨハネ天主堂、京都府文化財に指定へ

宮津カトリック教会聖ヨハネ天主堂、京都府指定文化財に指定へ

宮津カトリック教会聖ヨハネ天主堂(宮津市)など17件が、新たに京都府指定文化財に指定される見通しとなった。現在、指定に向けた事務作業が行われており、正式に指定されれば、キリスト教の聖堂・会堂としては府内5件目の指定・登録文化財となる。

2019年03月18日17時28分

「この苦痛は言葉では表現できない」 NZクライストチャーチの教会指導者ら、モスク銃乱射事件に応答

「この苦痛は言葉では表現できない」 NZクライストチャーチの教会指導者ら、モスク銃乱射事件に応答

ニュージーランド中部の都市クライストチャーチで14日に発生し、イスラム教徒50人が殺害されたモスク銃乱射事件を受け、クライストチャーチの教会指導者らは同日、イスラム教徒に対する支援を表明した。

2019年03月18日14時21分

「すべては神様のタイミング」 “御言葉クッキー” 製造の日本人夫妻、NYで教会と恵泉塾を設立

「すべては神様のタイミング」 “御言葉クッキー” 製造の日本人夫妻、NYで教会と恵泉塾を設立

米ニューヨーク州で、聖書の御言葉を印字したクッキーを製造している日本人夫妻がいる。元会社員の平野博文さんと、妻の良子さんだ。2人については約3年前にインタビューしたが、平野夫妻はその後、神から召命を受け牧師となる道を歩み始めた。

2019年03月17日18時02分

聖書をメガネに 『封印された殉教』への応答・その4 宮村武夫

聖書をメガネに 『封印された殉教』への応答・その4 宮村武夫

『封印された殉教』の上巻に続いて、待望の下巻の書評をなす機会が与えられ、感謝しています。上巻から下巻への橋渡しのため、著者の佐々木宏人氏は、私たちにとても有効な贈り物を与えてくださっています。

2019年03月16日18時20分

祈り

4万人のクリスチャンが参加、米ナッシュビルで1カ月間全住民のために祈るイベント

米テネシー州ナッシュビル(人口約69万人)で、住民一人一人の名前を挙げて祈る1カ月間にわたるイベント「ナッシュビルの覚醒」が開催された。ナッシュビル市内や近郊の約400教会から、約4万人のクリスチャンが参加した。

2019年03月16日0時42分

教会もっと読む

キリスト教はなぜ聖書を翻訳し続けるのか 「聖書協会共同訳」発行記念で特別講演

昨年12月に刊行された「聖書協会共同訳」の発行記念特別講演会が23日、上智大学で開催され、約500人が参加した。同訳で採用された「スコポス理論」の提唱者として知られるアムステルダム自由大学教授のローレンス・デ・ヴリース氏が講演した。

神学・教育もっと読む

宣教もっと読む

「宣教の霊的原動力」 改革長老教会国際部アジア担当宣教師が東京でワークショップ

米ノースカロライナ州に本部を置く改革長老教会国際部の宣教訓練プログラム「デュナミス・プロジェクト」のワークショップが23日、東京・南青山のウェスレーセンターで行われ、日本基督教団をはじめ国内の諸教会、宣教団体から教職信徒ら12人が参加した。

国際もっと読む

NZクライストチャーチのモスク2カ所で銃乱射、40人死亡 容疑者4人拘束

ニュージーランド(NZ)南島東部にある同国第2の都市クライストチャーチのモスク(イスラム教の礼拝所)2カ所で15日、銃乱射事件が発生した。これまでに40人が死亡し、容疑者4人が拘束された。犠牲者には子どもも含まれていると伝えられている。

社会もっと読む

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿

スマートフォン版へ