リック・ウォレン

新型コロナ、信徒1万人を超える米メガチャーチの牧師たちはどう対応?

新型コロナ、信徒1万人を超える米メガチャーチの牧師たちはどう対応?

新型コロナウイルスはこれまでに146カ国に拡大し、約19万人が感染。7800人以上が亡くなった。米国でも感染者は5千人を超え、90人以上が亡くなっている。こうした状況の中、信徒が1万人を超える米国のメガチャーチの牧師たちはどう対応したのか。

2020年03月18日21時52分

リック・ウォレン

リック・ウォレン牧師が緊急手術、順調に回復 クリスマス後に再手術

米福音派のメガチャーチ、サドルバック教会(カリフォルニア州)のリック・ウォレン主任牧師(64)が今月初め、病院に搬送され、緊急手術を受けた。一時は深刻な状況だったが、現在は回復に向かっているという。

2018年11月18日23時39分

リック・ウォレン、ケイ・ウォレン

世界精神保健デー、息子を自死で亡くしたウォレン牧師夫妻がメッセージ

「世界精神保健デー」を迎えた10日、5年前に息子を自死で亡くした米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師とケイ夫人が、心の病を持つ子の親たちに向けてメッセージを公開した。

2018年10月16日23時55分

サドルバック教会で5万人目の洗礼式 創設から38年

サドルバック教会で5万人目の洗礼式 創設から38年

米国最大の福音派教会の1つであるサドルバック教会(カリフォルニア州)は12日、同教会で5万人目となる洗礼式を行った。同教会のリック・ウォレン主任牧師は礼拝前、教会員らに宛ててメールを送り、受洗者が5万人に達したことに「涙が出た」と述べた。

2018年08月18日22時41分

米国で最も影響力のある福音主義者トップ100 米ニュースサイトが発表

米国で最も影響力のある福音主義者トップ100 米ニュースサイトが発表

米保守系ニュースサイト「ニュースマックス」は17日、「米国で最も影響力のある福音主義者トップ100」を発表した。1位は今年99歳を迎えた大衆伝道者のビリー・グラハム氏で、息子のフランクリン氏も2位につけた。

2017年11月30日14時56分

リック・ウォレン牧師、ケイ夫人

世界自殺予防デー ウォレン夫妻、愛する者を失うことの「耐え難い苦痛」を語る

世界保健機関(WHO)が定める「世界自殺予防デー」(9月10日)を受け、息子を自殺で亡くした米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師とケイ夫人は、教会の一人一人が積極的に立ち上がり、絶望の最中にある人々を助けるよう促した。

2017年09月12日15時37分

リック・ウォレン牧師、ケイ夫人

リック・ウォレン牧師の妻が新著、結婚生活の危機乗り越えた経験つづる

サドルバック教会を共同で創設したリック・ウォレン牧師の妻、ケイ・ウォレンさんが最近、新著『Sacred Privilege(聖なる特権)』を出版し、結婚生活の痛みと苦闘について、まさに「地獄の結婚生活」の危機にあったと赤裸々に告白した。

2017年06月26日23時39分

リック・ウォレン牧師、「日本のために祈ろう」

リック・ウォレン氏「日本のために祈ろう」

リック・ウォレン氏は、バラク・オバマ前米大統領の就任式で開会祈祷を務めるなど、社会に大きな影響を与える1人として注目されている。同教会員であるマリ・パクストンさんから、ウォレン氏が日本人の救霊のために祈りをささげてくれたとの報告が届いた。

2017年04月07日15時28分

毎日のディボーションを習慣化するために リック・ウォレン牧師の5つのアドバイス

毎日のディボーションを習慣化するために リック・ウォレン牧師の5つのアドバイス

静まり、神と共に過ごすディボーションの時を日常的に持つことは、言うは易く行うは難し。米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師は最近、自身のウェブサイト(英語)でこの課題について取り上げ、5つのアドバイスを紹介している。

2017年03月06日14時38分

サンタクロースなどの世俗のクリスマス文化は危険 リック・ウォレン牧師が警告

サンタクロースなどの世俗のクリスマス文化は危険 リック・ウォレン牧師が警告

米サドルバック教会(カリフォルニア州)のリック・ウォレン主任牧師は最近、サンタクロースや、クリスマス・ソング「フロスティー・ザ・スノーマン」など、クリスマス時期の世俗の文化が、クリスマスの真の意味をしのぐほどになっている風潮に対して警告を発した。

2016年12月23日21時18分

米サドルバック教会、36年で受洗者4万5千人超

米サドルバック教会、36年で受洗者4万5千人超

米サドルバック教会(カリフォルニア州)が9日、リック・ウォレン牧師が同教会を開拓してから36年で受洗者数4万5千人を超える金字塔を打ち立てた。サドルバック教会では、この週末だけで792人が洗礼を受けた。ウォレン牧師は、その内約600人に洗礼を授けたという。

2016年10月18日13時24分

9・11から15年、ウォレン牧師「テロで世界が暗い」 グラハム牧師「傷痕いまだに生々しい」

9・11から15年、ウォレン牧師「テロで世界が暗い」 グラハム牧師「傷痕いまだに生々しい」

米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師は、9・11から15年目を迎えた11日、世界はテロやその他の分裂により、「暗くなり」「崩壊しつつある」と語った。また、米大衆伝道者のフランクリン・グラハム牧師は、傷痕は「いまだに生々しい」と述べた。

2016年09月13日17時32分

米フロリダ州ナイトクラブ銃乱射事件、50人死亡 犯人は「イスラム国」に忠誠か

米フロリダ州ナイトクラブ銃乱射事件、50人死亡 犯人は「イスラム国」に忠誠か

米フロリダ州オーランドにあるナイトクラブで12日未明、銃乱射事件が発生し、50人が死亡、53人が負傷した。犯人の男は、「イスラム国」(IS)へ忠誠を誓う発言をしていたとされており、オバマ大統領は「テロ行為」「ヘイト行為」だと強く非難した。

2016年06月13日8時03分

どうすれば真に聖書的な赦しを実践できるか? リック・ウォレン牧師が提案する4ステップ

どうすれば真に聖書的な赦しを実践できるか? リック・ウォレン牧師が提案する4ステップ

米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師は、赦(ゆる)しの本当の意味を多くの人が混乱して捉えていると指摘した。それゆえに、人々は赦しについてさまざまな思い違いをしており、「過去の傷に不健康なほどしがみついている」という。

2015年12月26日23時49分

「米国のメガチャーチトップ50」発表、上位にサドルバック教会、レイクウッド教会など

「米国のメガチャーチトップ50」発表、上位にサドルバック教会、レイクウッド教会など

リック・ウォレン牧師のサドルバック教会、T・D・ジェイクス牧師のポッターズ・ハウス(陶器師の家)教会、ジョエル・オスティーン牧師のレイクウッド教会が、米雑誌『ニュースマックス』による「米国のメガチャーチトップ50」のトップ3に入った。

2015年11月18日23時29分

リック・ウォレン

リック・ウォレン牧師ら著名伝道者、「福音をまだ聞いたことがない」3千民族への宣教でタッグ

サドルバック教会のリック・ウォレン牧師や説教者のフランシス・チャン氏など著名な伝道者たちが、福音をまだ聞いたことがない3千の民族に福音を伝えることを目的とした会議の開催に向けてタッグを組む。

2015年11月08日23時38分

リック・ウォレン牧師のベストセラー『人生を導く5つの目的』 2章追加し増補改訂版が日本語で発売

リック・ウォレン牧師のベストセラー『人生を導く5つの目的』 2章追加の改訂版が日本語で発売

米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師の世界的ベストセラー『人生を導く5つの目的』(原題:The Purpose Driven Life)の日本語の増補改訂版が発売された。2章が新たに追加され、本のサイズも一回り小さくして持ち運びやすくなった。

2015年11月02日15時22分

“ひとを殴るクリスチャン” ボクサーたちの信仰 フィリピンの英雄マニー・パッキャオ、日本の金子繁治 そしてロッキー

“ひとを殴るクリスチャン” ボクサーたちの信仰 フィリピンの英雄マニー・パッキャオ、日本の金子繁治 そしてロッキー

フィリピンで国民的英雄として知られているプロボクサー、マニー・パッキャオ(36)。英クリスチャントゥデイは、最近のパッキャオの言葉と共に、彼のクリスチャンとしての信仰についても紹介している。

2015年09月15日15時39分

『人生を導く5つの目的』のリック・ウォレン牧師、3冊目のタイトル発表

『人生を導く5つの目的』のリック・ウォレン牧師、3冊目のタイトル発表

世界中で聖書の次に多く翻訳されている本の一つを著した米サドルバック教会(カリフォルニア州)のリック・ウォレン牧師が、待望の3冊目の著書のタイトルを発表した。新著は、主の祈りとクリスチャンがそれを人生にどう適用するかに焦点を当てた一冊だ。

2015年08月01日22時51分

イエスの生涯描いた『サン・オブ・ゴッド』 DVD・ブルーレイで発売

イエスの生涯描いた『サン・オブ・ゴッド』 DVD・ブルーレイで発売

世界で最も多くの人々に読まれている本『聖書』。その中でも最も広く知られたイエス・キリストの数奇な生涯を描いた映画『サン・オブ・ゴッド(原題:Son of God)』(2015年1月日本公開)が8月5日、DVD・ブルーレイになって発売される。

2015年07月31日22時21分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース