フランシスコ・ザビエル

キリスト教と災害(3)うわべだけの復興 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

キリスト教と災害(3)うわべだけの復興 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

権力に取り入ろうとしたフランシスコ・ザビエルの痕跡は記録されているものの、なぜ短期間で日本人の心を捉えたのか、筆者には関心があります。すると、「キリシタン=ボランティア」という構図が浮かび上がってきました。

2020年04月22日14時31分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(最終回)愛の遺産

1552年2月。船はゴアに到着した。マテオとベルナルドは聖パウロ学院でキリスト教教理を学び、マテオはセミナリオ(神学校)の教師となり、ベルナルドはコインブラでさらに高い教育を受けるために出発した。

2018年03月21日20時00分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(12)いつまでも続く希望

一行が豊後に着いたのは、10月初旬のことであった。日出の港には、ポルトガル船が停泊しており、ポルトガル商人メンデス・ピントーと船長ドアルテ・デ・ガマはザヴィエルと抱き合って再会を喜んだ。

2018年03月08日18時18分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(11)芽吹いた種

鳥羽から淀川を下りながら、ザヴィエルは何度も京都の方角を振り返り、涙を流した。「私は、この都が惜しい」。彼はつぶやくのだった。しかし、彼のまいた種は確実に芽吹き始めた。

2018年02月24日18時13分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(10)打たれ、卑しめられても

一行は感謝しつつ、その道をたどった。飢えと寒さ、そして極度の疲労にさいなまれつつ、彼らは這うように延暦寺の石段を登り、本堂にたどり着いた。座主との会見を申し入れると、門番ににべもなく断られてしまった。

2018年02月07日17時58分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(9)地獄のような都

大名行列は京都に入り、将軍足利義輝に謁見(えっけん)するためにその屋敷に向かうことになったので、3人を西大路の入り口に残して行ってしまった。一行は丹波口から四条に入るため歩き出した。

2018年01月19日18時14分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(8)遠くに見えた光

やっと岩国に着き、船着き場に行くと、ちょうど堺に行く船があった。一行が乗り込もうとすると、船頭はみすぼらしい彼らの姿を怪しみ、乗せようとしなかった。その時、「乗せておやりなさい」と凛(りん)とした声がして、1人の男がやって来た。

2018年01月08日16時35分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(7)戦争嫌いの城主

一行は旅を続け、やがて山口に差しかかった。しばらく行くと、高い石垣のある遊廓の前に出た。そこに行き交うきらびやかな着物姿の男女に見とれていると、いきなり悲鳴とともに1人の娘が髪を振り乱して逃げて来た。

2017年12月13日6時52分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(6)山の難、川の難

博多に着くと、驚いたことにはアマドールがやって来たのである。彼は鹿児島の町から逃げ出し、ザヴィエルたちが平戸から博多に向かうと聞いて追いかけてきたのだった。この町では聖福寺の仏僧たちと交流を深め、互いの宗教を尊重し合うことができた。

2017年11月16日18時59分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(5)一粒の種が落ちる

9月半ばのことだった。ポルトガル船が平戸に着き、ザヴィエル宛ての手紙が何通か保管してあるという知らせが届いた。そこで彼は取りあえずトルレス、フェルナンデス、ジョアン、そして新たに一行に加わったベルナルドと共に行ってみることにした。

2017年10月26日11時03分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(4)憎しみの始まり

源信は翌日、少し離れた所にある南林寺に行き、住職の円海に面会を求めた。「てまえは、福昌寺の者でございます。寺が土台から揺るがされるような一大事が起きました。何とぞ力をお貸しくだされ」

2017年10月12日6時15分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(3)東と西の出会い

遠国からバテレンの一行が来て毎日福昌寺で説法をしているというので、人々は引きも切らさずにやって来た。うわさは遠方まで流れ、隣の町や村からも人が集まるようになった。

2017年10月03日6時29分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(2)闇を照らす光

やがて船は鹿児島に着き、一行は日本の土を踏んだ。ザヴィエルの目に映ったのは、戦乱のために荒れ果てた町であり、破壊された石垣、焼き討ちに遭った民家が無惨な姿をさらしていた。

2017年09月14日5時08分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(1)叫び求める声

この会議では、未開発の地域の人々にいかにして福音を伝えていくかが熱心に討議されたが、その時、教皇代理としてすでにゴアやモルッカ諸島の教化に尽くしたフランシスコ・ザヴィエルという宣教師が、突然自分の抱負を語った。

2017年08月31日7時05分

これだけは読んでみたい神学書(3)戦国時代とキリシタン史から現代の宣教のヒントが見えてくる!?②『概説キリシタン史』

神学書を読む(3)戦国時代とキリシタン史から現代の宣教のヒントが見えてくる!?②『概説キリシタン史』

400年前の宣教師たちが欧州からはるか遠く離れた異教の地、日本で宣教のために苦闘し試行錯誤した歴史を詳しく知ると、実は現代日本の教会や宣教の課題、そして日本のキリスト教の最大の課題である「文化受容」を考えるヒントがたくさん詰まっていて実はとっても面白い。

2016年10月06日11時29分

これだけは読んでみたい神学書(3)戦国時代とキリシタン史から現代の宣教のヒントが見えてくる!?①『戦国と宗教』

神学書を読む(3)戦国時代とキリシタン史から現代の宣教のヒントが見えてくる!?①『戦国と宗教』

本の戦国時代、宗教がどんな影響を人々に与えたかを考察する良書である。そして、私たちが日本史の教科書などで学んでいた「常識」が、実はそうではない可能性を示唆するという意味では、とても革命的な1冊である。

2016年10月06日11時28分

ザビエルの縁者と大友氏顕彰会が歴史的な“再会”喜ぶ

ザビエルの縁者と大友氏顕彰会が歴史的な“再会”喜ぶ

福岡市在住のイエズス会神父で、日本に初めてキリスト教を伝えたことで知られるフランシスコ・ザビエルの兄ミゲルを先祖に持つルイス・フォンテス氏(85)が4月28日、大分市を訪問し、NPO法人「大友氏顕彰会」の牧達夫理事長(75)らと会談した。

2015年05月09日19時50分

日本で最初のクリスマスはどこで? 「12月、山口市はクリスマス市になる。」各種イベント開催中

日本で最初のクリスマスはどこで? 「12月、山口市はクリスマス市になる。」各種イベント開催中

日本で最初のクリスマスが山口で祝われたことを記念し、「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に、山口市で美術・音楽などのさまざまなイベント・ワークショップが開催されている。

2014年12月19日17時25分

10年ぶりにザビエルの遺体公開 なぜインドで?

10年ぶりにザビエルの遺体公開 なぜインドで?

カトリック修道会「イエズス会」の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506~52)の遺体が、インド南部ゴア州オールドゴアで先月から10年ぶりに公開されている。今回の公開は来年1月4日まで。500万人の訪問者を見込んでいるという。

2014年12月06日15時36分

ザビエルの「遺体」、10年ぶり公開へ

カトリック修道会イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506~52年)の「遺体」が、インド西部ゴアの大聖堂で22日から一般公開される。読売新聞が報じた。10年おきにゴアで公開されており、今回で17回目となる。公開は来年1月3日まで。

2014年11月24日16時38分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース