山崎純二

山崎純二

三位一体の神様(3)夫婦の摂理 山崎純二

前回、三位一体が難解なのは「三(複数)つが一(単数)つ」という点であるが、聖書には「三位一体の神様」以外にも「複数の人格(位格・ペルソナ)でありつつ、一体なる存在」の例がはっきりと示されていますので考えてみてくださいと言いました。

2016年03月24日22時47分

山崎純二

三位一体の神様(2)オーガニック・セオロジー 山崎純二

さて前回から三位一体に関する連載を始めさせていただいたのですが、今日は最初に問題の論点を明確にし、本論に入る前に三位一体をひも解くための頭の準備運動をしていきたいと思います。

2016年03月17日20時19分

山崎純二

三位一体の神様(1)初めに 山崎純二

2015年10月14日付の本紙記事において「なぜ三位一体は理解しづらいのか?」という非常に興味深い記事がありました。この記事においては、以下の四つの代表的な「例え」が紹介されていました。

2016年03月10日11時21分

山崎純二

律法と福音(28)新しい戒め(最終回) 山崎純二

今日はこれまでの内容を総まとめしながら、一番大切なことを書きます。それは「新しい戒め」に関することです。新しい戒めとは何かということを理解するために、「古い戒め」に関することから思い起こしていきたいと思います。

2016年01月28日7時43分

山崎純二

律法と福音(27)福音に似て非なるもの 山崎純二

これまで律法と福音の関係について書いてきましたが、今回は少し異なる角度から書かせていただきたいと思います。それは「福音に似て非なるもの」についてです。世の中には「福音」や「真理」という名前で呼ばれる事柄が少なからずあります。

2016年01月21日14時54分

山崎純二

律法と福音(26)モーセの死とヨシュアの名前の意味 山崎純二

律法と福音の関係を絵のように理解するために、先週までは「契約の箱と蓋」の構造に関して詳しく述べてきました。今回はそれを補完する意味で、「モーセとヨシュア」に注目してみたいと思います。

2016年01月14日6時47分

山崎純二

律法と福音(25)天使(ケルビム)の役割 山崎純二

先週は契約の箱に蓋(ふた)の覆いがあることが恵みであり、それが「律法と福音」の関係を絵のように見せていると書きましたが、今回はその蓋を見つめる者たちに関して詳しく見ていきたいと思います。

2016年01月07日19時08分

山崎純二

律法と福音(24)契約の箱の蓋(マーシー・シート) 山崎純二

さて前回、契約の箱(アーク)には「祝福と神罰」が伴うという事例を幾つか皆様と確認しました。そして神罰に関しては、それをもたらした契約の箱や律法(十戒)が悪いのではなく、私たちの内にある「罪」こそが問題であるという点も、何度も強調させていただきました。

2015年12月31日8時33分

山崎純二

律法と福音(23) 契約の箱(祝福と神罰)山崎純二

これまで私は、多くの週にわたって「律法」と「福音」について、それぞれ書いてきましたが、今回から数回にかけて、この「律法」と「福音」がどのような関係になっているのかを、「契約の箱(アーク)」の構造と比較しながら見ていきたいと思います。

2015年12月24日19時57分

山崎純二

律法と福音(22)キリストの死因 山崎純二

先週に引き続き、彼が全身から流された「血」に注目したいと思います。今回は具体的に彼がどのような血を流されたのかについて書きたいと思います。キリストは頭にいばらの冠をかぶらされました。

2015年12月17日6時06分

山崎純二

律法と福音(21)血の歴史・血の福音 山崎純二

前回言及した通り、彼は、「私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた」のであり、主は私とあなたを愛するゆえに「私たちのすべての咎を彼に負わせた」のですが、それは全身から「血」を流すことによりなされました。

2015年12月10日17時47分

山崎純二

律法と福音(20)アメイジング・グレイス 山崎純二

前回、動物の血では人を贖(あがな)うことはできないと聖書を確認しましたが、それではどのような方が血を流されれば人類の罪が赦(ゆる)されるのでしょうか。その方は二つの条件を満たさなくてはなりません。

2015年12月03日6時53分

山崎純二

律法と福音(19)希望の福音(ゴスペル) 山崎純二

今まで律法がどうの、罪がどうのと前置きをさせていただきました。それは、律法(戒め)の本質と限界、また人間の抱えている絶望的な罪の現状を知ることなしに、福音の素晴らしさを真に理解することは不可能だからです。

2015年11月26日17時02分

山崎純二

律法と福音(18)罪とは「愛さないこと」 山崎純二

前回、罪とは「信じないこと」であると書きましたが、今回はもう一つの定義について書きたいと思います。それは、愛さないことが罪であるということです。世の中では、警察に車を止められて、「お前には、愛がないな・・・よし逮捕だ」ということにはなり得ません。

2015年11月19日16時43分

山崎純二

律法と福音 (17) 罪とは「信じないこと」 山崎純二

罪というのが原罪(Original Sin)にその端を発していると述べてきましたが、罪とは何かという根本的な定義を二つの言葉によってすることができます。一つ目はこれです。

2015年11月12日7時34分

山崎純二

律法と福音(16)義人ヨブの告白 山崎純二

ダビデ王に引き続き「罪(原罪)」についての理解を助けるために、ヨブ記のヨブの告白をみていきたいと思います。ヨブとは当代一の義人と言われた人であり、多くの人の尊敬を集める非常に敬虔な人物でした。

2015年11月05日14時06分

山崎純二

律法と福音(15)ダビデ王の告白 山崎純二

古代イスラエルには、神を敬う王たちが少なからずいましたが、その中でも、イスラエル史上最高の王様として現在に至るまで多くの人の尊敬を集めている王様がいます。

2015年10月29日12時31分

山崎純二

律法と福音(14)原罪 山崎純二

今回のテーマは「原罪」についてです。なぜ「原罪」が人類の深部を蝕んでいるのかを確認する前に、神様が人間をどのような存在として造られたかを押さえておきたいので、創世記1章を開いてみましょう。

2015年10月22日6時36分

山崎純二

律法と福音(13)霊と魂と体 山崎純二

前回、人間の罪の原因がさらに一段と深いところにあると言いましたが、それは私たちの「霊」のことです。そもそも私たち人間とは、どのような存在なのでしょうか?

2015年10月15日6時51分

山崎純二

律法と福音(12)心の罪 山崎純二

これまで「律法」について、さまざまなポイントに分けて書いてきましたが、究極的には「愛せよ」(心を尽くして、自分と同じように、汝(なんじ)の敵までも)という実行不可能な戒めが神様の律法の要約であり基準であると、聖書を一緒に確認してきました。

2015年10月08日9時58分

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース