世界教会協議会(WCC)

世界の教会グループ、キリスト教徒への差別・迫害・殉教に共に立ち向かうことで一致

カトリック教会や世界教会協議会(WCC)、世界福音同盟(WEA)、ペンテコステ世界親交会(PWF)の代表者らが参加する会議が、フランスで行なわれ、キリスト教徒に対する差別や迫害、暴力をさらに摘発し、国際的対応を共に求めることで一致した。

2014年09月18日12時25分

迫りくる冬 イラク避難民の人道的危機が悪化

迫りくる冬 イラク避難民の人道的危機が悪化

自称「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の武装集団による攻撃によって住居を追われた何十万人もの人々は、迫りくる冬の兆しによって悪化している人道的なニーズが満たされていないと、これらの国内避難民を支援している機関は警告している。

2014年09月12日19時51分

WCC、イスラム国の被害広がるイラク北部に訪問団派遣 緊急の人道的対応必要

WCC、イスラム国の被害広がるイラク北部に訪問団派遣 緊急の人道的対応必要

世界教会協議会(WCC)のチームがイラク北部の宗教指導者や地域社会の人たちと会い、自称「イスラム国」(IS)の武装集団の攻撃による暴力や立ち退きの高まりという状況について評価を行った。WCCが4日、公式サイトで伝えた。

2014年09月06日17時15分

「多宗教世界におけるキリスト者の証し:信仰の実践のための提言」全訳

世界教会協議会(WCC)、ローマ教皇庁諸宗教対話評議会(PCID)、世界福音同盟(WEA)によって、2011年に出された「多宗教世界におけるキリスト者の証し:信仰の実践のための提言(Christian Witness in a Multi-Religious World: Recommendations for Conduct)」の本紙による日本語訳(非公式)。

2014年09月05日20時38分

宣教における「尊重」をテーマにドイツで国際会議 WEA・WCC・カトリックなど代表者250人が参加

宣教における「尊重」をテーマにドイツで国際会議 WEA・WCC・カトリックなど代表者250人が参加

世界中から250人を超える宣教従事者と教会指導者がドイツ・ベルリンに集まり、8月27〜28日に「ミッション・リスペクト(尊重という宣教)会議」を開催した。会議では、2011年に採択した文書「多宗教世界におけるキリスト者の証」を再検討した。

2014年08月29日23時33分

WCC副総幹事、「慰安婦」国際記念日に連帯を表明

WCC副総幹事、「慰安婦」国際記念日に連帯を表明

世界教会協議会(WCC)副総幹事兼総幹事代行のイザベル・アパウォ・フィリ博士は、第二次世界大戦中に旧日本軍によって性的奴隷にされ苦しんだ女性たちのために正義を求める人々に連帯を表明した。WCCが14日に公式サイトで伝えた。

2014年08月23日14時49分

アルゼンチンの教会、死の収容所にいた母親から生まれた孫を見つけた祖母に大喜び

アルゼンチンの教会、死の収容所にいた母親から生まれた孫を見つけた祖母に大喜び

35年以上も探したあげく、アルゼンチンの「プラザ・デ・マヨの祖母たち」はついに彼女たちの創立者の一人であるエステラ・デ・カルロットさんの孫を見つけた。

2014年08月17日23時02分

世界教会協議会、広島・長崎原爆投下69周年で声明 「再び起きてはならない悲劇を憶える日」

世界教会協議会、広島・長崎原爆投下69周年で声明 「再び起きてはならない悲劇を憶える日」

日本の広島と長崎に原爆が投下されたのは70年近く前の1945年8月6日と9日。これらの悲劇は記憶されるべきであり、再び起きてはならないと、世界教会協議会(WCC)のイザベル・アパウォ・フィリ副総幹事兼総幹事代行は述べた。

2014年08月06日12時52分

WCCのチャン・サン議長、菅官房長官と会見

WCCのチャン・サン議長、菅官房長官と会見

世界教会協議会(WCC)議長団の一人であるチャン・サン牧師・博士は4日午後2時5分、「核から解放された世界に向けて」「日本国憲法第9条の再解釈について」というWCC中央委員会の2つの声明文を携えて、首相官邸で菅義偉官房長官と会見した。

2014年08月04日21時27分

WCC議長、菅官房長官と会見へ

WCC議長、菅官房長官と会見へ

世界教会協議会(WCC)議長団の一人であるチャン・サン牧師・博士は4日午後2時5分、「核から解放された世界に向けて」「日本国憲法第9条の再解釈について」というWCC中央委員会の2つの声明文を携えて、首相官邸で菅義偉官房長官と約10分会見する。

2014年08月04日13時54分

WCC総幹事、日本の諸教会にお詫び

WCC総幹事、日本の諸教会にお詫び 来日延期で

急病のため8月の来日を延期することになった世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事は、WCC中央委員の西原廉太氏に宛てた7月30日付の手紙で、日本の諸教会にお詫びの言葉を記した。

2014年07月31日13時44分

WCC総幹事、急病のため来日延期に

WCC総幹事、急病のため来日延期に

8月初めに来日を予定していた世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事が急病のため、来日を延期した。東京や京都で予定していた講演会などは中止となる。

2014年07月29日0時22分

ガザ地区の3教会、パレスチナ難民を収容 教会の世界組織は停戦を呼び掛け

ガザ地区の3教会、パレスチナ難民を収容 教会の世界組織は停戦を呼び掛け

パレスチナのガザ地区にある3つの教会は、イスラエルとハマスの武力紛争から逃れてきた数多くのパレスチナ難民を収容しているという。一方、キリスト教会の世界組織は両者の停戦を呼びかけている。

2014年07月23日20時01分

神田健次氏「ネットワークでつながりを」 新潟でエキュメニカル運動講演会

神田健次氏「ネットワークでつながりを」 新潟でエキュメニカル運動講演会

日本基督教団新潟地区世界宣教委員会は10日、同教団新潟教会で、関西学院大学神学部教授で世界教会協議会(WCC)信仰職制委員会の元委員である神田健次氏を講師に、講演会「世界のキリスト教会の新しい動向—WCC釜山総会に参加して—」を開催した。

2014年07月15日20時21分

WCC中央委員会「核のない世界に向けた声明」全訳

7日に世界教会協議会(WCC)中央委員会が発表した「核のない世界に向けた声明」全文の本紙による日本語訳(非公式)は下記の通り。

2014年07月15日18時07分

WCC中央委員会、「核のない世界に向けた声明」を発表

WCC中央委員会、「核のない世界に向けた声明」を発表

世界教会協議会中央委員会は9日、「核のない世界に向けた声明」を発表した。核の危険を終わらせ、1945年の広島から2011年の福島まで、そしてそれ以降も続く核の悲劇による影響を受けている人たちの証しに応えるために、教会が働く方法を勧告した。

2014年07月10日13時28分

WCC中央委、憲法9条の再解釈についての声明を発表 重大な懸念を表明 

WCC中央委員会、憲法9条の再解釈についての声明を発表 重大な懸念を表明

世界教会協議会(WCC)中央委員会は7日、声明を発表し、安倍政権が憲法解釈の変更を決めたことについて、「多くの世界諸国にとって模範であり続けた平和の遺産に反する」「国際的に深刻な結果もたらす」などとして、「重大な懸念」を表明した。

2014年07月09日21時18分

WCC、釜山総会後初の中央委をジュネーブで開催

世界教会協議会(WCC)は2日、スイス・ジュネーブで中央委員会全体会を開催した。中央委は世界各地の代表150人で組織され、2年に1回開催される総会の間、最高執行機関として機能するもの。

2014年07月08日15時53分

WCC、トゥベイト総幹事を再任 任期5年

WCC、トゥベイト総幹事を再任 任期5年

世界教会協議会(WCC)中央委員会は3日、オラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事(53)を再任した。2015年1月から任期5年。トゥベイト氏は神学者、ノルウェー教会牧師。

2014年07月08日15時40分

「朝鮮半島における正義と平和そして和解に関する国際会議」共同宣言

朝鮮半島における正義と平和そして和解に関する国際会議

2014年07月03日17時19分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース