WCC総幹事、来日へ 12月開催の9条世界宗教者会議で講演

2014年10月27日20時06分 印刷
+WCC総幹事、来日へ 12月開催の9条世界宗教者会議で講演
オラフ・フィクセ・トゥヴェイトWCC総幹事(写真:Peter Williams / WCC)

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事が来日し、12月3〜5日にYMCAアジア青少年センター(東京都千代田区)で開催される第4回9条世界宗教者会議に参加する。日本キリスト教協議会(NCC)が、同公式サイトで明らかにした。

NCCによると、トゥヴェイト総幹事は会議で、今年7月にWCCが採択した「日本国憲法第9条の再解釈についての声明」について、その採択の過程と、WCCが考える平和と正義について講演する。公開されているスケジュールによると、トゥヴェイト総幹事は12月3日の発題1(午後4時〜)で講演する。

9条世界宗教者会議は、NCCの呼び掛けにより、庭野平和財団、宗教者9条の和、日本カトリック正義と平和協議会など、キリスト教と仏教の7団体が準備委員会を組織し主催。「9条アジア宗教者会議」として2007年に東京、09年に韓国・ソウル、11年に沖縄で開催され、今回名称を「9条世界宗教者会議」と改め、4回目の開催となる。

今年は、米国合同教会、アメリカ改革派教会、カナダ合同教会、パックス・クリスティ、米合同メソジスト教会、合衆国長老教会、WCC、英国メソジスト教会、アジアキリスト教協議会、台湾長老教会、フィリピン教会協議会、香港基督教協議会、韓国基督教長老会、韓国教会協議会(NCCK)など、さまざまな国の団体が参加する予定。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース