WCC総幹事、イスラム国非難するイスラム学者らの書簡を歓迎

2014年10月2日22時19分 記者 : 行本尚史 印刷

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事は、自称「イスラム国」(IS)の指導者であるアブ・バクル・アル・バグダディとその従者たちに宛てられた、イスラム教徒の学者ら126人のグループによる公開書簡が発表されたことを歓迎した。WCCが1日、公式サイトで伝えた。

この書簡は、9月24日に発表されたもので、イスラム教の宗教的視点からISの行為を非難している。

「権威あるイスラム教を代表しているとするISの主張に対する、この細かくて詳しい学術的な反駁が、この書簡によって提示されている。それは、あらゆる諸宗教の人々が尊厳をもって共に生き、私たちの共通の人間性を尊重することができるようにしようとする、イスラム教の指導者たちにとって重要な資料となるであろう」と、トゥヴェイト総幹事は語った。

トゥヴェイト総幹事はまた、「私は現在、とりわけ中東や他の大陸におけるキリスト教共同体の安全と隆盛を心配している。この書簡は、私たちが共に民衆そして指導者たちとして自らの信仰の視点から、われわれ人類に対する脅威をどう処理するのかへの重要な貢献だ」と述べた。

「私たちは、この書簡の署名者を含む、鍵となるイスラム教徒の友人たちや協力者たちとの協働を続けること、そして中東や世界の他の地域で平和と正義のために彼らと共に働くことを、楽しみにしている」と、トゥヴェイト総幹事は結んだ。

この書簡は、英語とドイツ語およびアラビア語で書かれている。英語版は、17ページに及ぶ本文と、ナイジェリア北部ソコトのスルタン(君主)でありイスラム問題に関するナイジェリア国家最高評議会の最高責任者であるムハンマド・サアド・アブバカル氏をはじめとする126人の署名者の一覧表からなる。英語版の冒頭要約部分には、「イスラム教においては、キリスト教徒やいかなる『経典の民』をも、いかなる形であっても、傷つけたり虐待することは、禁じられている」などとする24の項目が箇条書きされている。

結論の中では、アブ・バクル・アル・バグダディらに対し、「イスラム教は憐れみである」のに、「あなた方はイスラム教を無情さと残忍さと拷問と殺人の宗教であると誤って解釈してしまった。説明した通り、これは大きな誤りであり、イスラム教やイスラム教徒、そして全世界に対する侮辱である」「あなた方の全ての行為を考え直しなさい。それらを思いとどまりなさい。それらを悔い改めなさい。他者を傷つけるのはやめて、憐れみの宗教へと戻りなさい」などと述べられている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース