阪神・淡路大震災

関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り

関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り

関西学院大学は西宮上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市)のランバス記念礼拝堂で9日、阪神・淡路大震災のメモリアルチャペルを開催した。チャペルには学生や教職員、地域住民ら約160人が参加、追悼の祈りをささげた。

2019年01月13日22時05分

「心の復興」がなおざりにされた阪神・淡路大震災 岩村義雄・神戸国際キリスト教会牧師

「心の復興」がなおざりにされた阪神・淡路大震災 岩村義雄・神戸国際キリスト教会牧師

潮の香りがするエキゾチックな港町・神戸は、「住みたい街」として常に上位にくる都市でした。ところが、23年前の1995年1月17日、専門家を含め、誰も予想もしなかった悲劇が襲いました。

2018年01月17日7時40分

兵庫県:あの日から23年 阪神淡路大震災追悼のつどい~語り続けよう 祈り続けよう~ 1月17日

兵庫県:あの日から23年 阪神淡路大震災追悼のつどい~語り続けよう 祈り続けよう~ 1月17日

阪神・淡路大震災の発生から23年となる1月17日、「阪神淡路大震災追悼のつどい~語り続けよう 祈り続けよう~」が神戸市の御影神愛キリスト教会で行われる。出演は、福音歌手の森祐理さん。

2018年01月09日21時13分

阪神・淡路大震災から22年(2)自分だからこそ伝えられた言葉があった

阪神・淡路大震災から22年(2)自分だからこそ伝えられた言葉があった

「あの日」から22年、「今も後悔していることがある」と話すのは、兵庫県尼崎市にあるクライストコミュニティ武庫之荘チャペルの大橋謙一牧師。当時の話を聞いた。

2017年01月17日21時18分

阪神・淡路大震災から22年(1)教会は地域の中で重要な役割を果たす

阪神・淡路大震災から22年(1)教会は地域の中で重要な役割を果たす

発生から17日で22年目を迎える阪神・淡路大震災。長い年月が過ぎたようにも感じるが、愛する家族を亡くした遺族にとっては、今もあの日から時間は進んでいない。

2017年01月17日21時17分

「水平の〈運動〉から、垂直の〈活動〉に」 神戸国際支縁機構の岩村牧師 災害ボランティアを語る

「水平の〈運動〉から、垂直の〈活動〉に」神戸国際支縁機構の岩村牧師 災害ボランティアを語る

宗教者災害支援連絡会の情報交換会が1日、東京大学本郷キャンパスで開催され、神戸国際支縁機構代表で神戸国際キリスト教会牧師の岩村義雄氏が「キリスト教とボランティア道―水平の〈運動〉から、垂直の〈活動〉に―」と題して講演を行った。

2016年05月06日14時36分

阪神大震災で被災のステンドグラス、宮崎教会に移設され20年振りの輝き

阪神大震災で被災のステンドグラス、宮崎教会に移設され20年振りの輝き

1995年の阪神・淡路大震災で被災し半壊状態となった旧中山手カトリック教会(神戸市)のステンドグラスの一部が、今月初めに完成したカトリック宮崎教会(宮崎市)の新聖堂に移設・設置され、11日には新聖堂で初めてのミサが執り行われた。

2015年10月27日19時14分

子どもと礼拝の会10周年記念講演会 トマス・J・ヘイスティングス博士が語る「賀川豊彦と幼児教育」

子どもと礼拝の会10周年記念講演会 トマス・J・ヘイスティングス博士が語る「賀川豊彦と幼児教育」

2004年に日本で活動を始めた「子どもと礼拝の会」が10周年を迎え、17日、記念礼拝と講演会が横浜ユニオン教会(横浜市中区)で行われた。講演会では、日本国際基督教大学財団の主任研究員で、同会の立ち上げを導いたトマス・J・ヘイスティングス博士が登壇した。

2015年01月29日15時12分

阪神・淡路大震災20年、思い新たに被災地で追悼記念行事

阪神・淡路大震災20年、思い新たに被災地で追悼記念行事

阪神・淡路大震災が発生してから、17日で20年を迎えた。神戸市中央区の東遊園地では、午前5時から「阪神淡路大震災1・17のつどい」が始まり、神戸市出身の臼井真さんが作詞・作曲した「しあわせ運べるように」を、福音歌手の森祐理さんが独唱した。

2015年01月17日9時51分

阪神・淡路大震災、きょうで20年 教会やキリスト教大学でも追悼礼拝やミサ、コンサートなど

阪神・淡路大震災、きょうで20年 教会やキリスト教大学でも追悼礼拝やミサ、コンサートなど

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災から17日で20年。被災した地域のキリスト教会や大学、クリスチャンの歌手などが、追悼礼拝やコンサート、メッセージなどで祈り、想いを表そうとしている。

2015年01月17日2時09分

兵庫県:沢知恵コンサート「阪神淡路大震災から 20年。ともに・・・」

沢知恵さんのコンサート「いいうたいろいろ 阪神淡路大震災から 20年。ともに・・・」が、1月16日(金)に、日本基督教団東神戸教会(神戸市東灘区)で開催される。

2015年01月16日16時42分

阪神大震災から19年、牧師・信徒ら回想 被災の中でも神の恵み

阪神大震災から19年、牧師・信徒ら回想 被災の中でも神の恵み

阪神淡路大震災から19年が経った1月17日カトリックたかとり教会(神戸市長田区)では、犠牲者のための追悼式が行われ、黙祷が捧げられた。また、牧師や一般信徒も含めて全国各地のクリスチャンはこの日、当時の経験を振り返り、それぞれの思いをつづった。

2014年01月18日10時23分

教会で阪神大震災の資料室がオープン、14年目迎える17日から

教会で阪神大震災の資料室がオープン、14年目迎える17日から

阪神・淡路大震災(95年)が発生してから17日で14年目を迎える。震災時やその後の復興の様子を写した写真、映像などを展示する「野田北部・たかとり震災資料室」が17日から、カトリックたかとり教会(神戸市長田区)でオープンすることになった。

2009年01月13日22時35分

神戸キリスト栄光教会で震災記念集会 森祐理が出演

日本オープンバイブル教団神戸キリスト栄光教会(神戸市長田区、菅原亘牧師)で11日、阪神・淡路大震災の震災後14年目の記念集会が開催される。ゴスペル歌手の森祐理さんが出演。入場無料。

2009年01月10日14時01分

阪神大震災から12年目:米国人犠牲者の遺族新しい出発

12年前の95年1月、阪神大震災によって、当時この町の外国人向け下宿先で暮らしていた長女バニィ・リン・ウォンさん(当時24歳)は、米国人犠牲者の2人のうち1人として亡くなった。米国人犠牲者の遺族も12回目の「1.17」を静かに迎える。

2007年01月18日16時35分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース