関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り

2019年1月13日22時05分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り
関西学院大学の阪神・淡路大震災メモリアルチャペルには、学生や教職員、地域住民ら約160人が参加し、追悼の祈りをささげた=9日、同大西宮上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市)のランバス記念礼拝堂で(写真:同大提供)
- 広告 -

関西学院大学は西宮上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市)のランバス記念礼拝堂で9日、阪神・淡路大震災のメモリアルチャペルを開催した。同大では大震災により、学生15人、教職員ら8人が命を失っており、チャペルには学生や教職員、地域住民ら約160人が参加、追悼の祈りをささげた。

「しずけき祈りの」(『讃美歌21』495番)の賛美で始まったチャペルでは、大宮有博(ともひろ)教授(法学部宗教主事)が、テサロニケの信徒への手紙5章12〜18節から「最後の一人までの復興をあきらめない」と題してメッセージを伝えた。

大宮氏は自身の被災経験を語り、「街は復興を遂げたが、人よりもペースの遅い人々はまだ震災から抜け出せていない。震災とは、復興の過程で、弱い人が切り捨てられることであると感じる。関西学院はこの23年間、弱い立場の方に寄り添って歩めたのか。今一度、見直す必要がある」と述べた。

その後、同大関係者の犠牲者を追悼し、学生の犠牲者15人に合わせ、ハンドベルクワイアの学生がベルを15回鳴らし、全員で黙祷をささげた。

関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り
メッセージを伝える大宮氏(写真:同上)

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では6434人が亡くなり、戦後に発生した地震では、2011年の東日本大震災が発生するまで最悪の被害規模だった。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング