ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
宮村武夫 宮村武夫 (みやむら・たけお)  

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

記事一覧

聖書をメガネに 福音書記者とインターネット新聞記者(2)

11月6日の朝食の席でのT先生との対話のもう一つの焦点は、福音書記者ルカが、福音書をテオピロ個人に書き送るとの記述(使徒1:1参照)を、第一義的にそのまま受け止め、ルカの福音書をその視点から理解する基本的態度についてでした。

2014年11月16日12時35分

聖書をメガネに 福音書記者とインターネット新聞記者(1)

11月4〜6日、日本福音主義神学会の第14回全国研究会議に参加し、幾つか講演を聞き、質疑応答に加わり、それなりに充実した時を持て迎えた3日目の朝食の時間でした。

2014年11月16日12時35分

聖書をメガネに インタビュー記事の静かな波紋の豊かな実り

「取材する側の意図・目的と、インタビューを受ける側の本来的に言いたいこと・主張との関係。そこには一致だけではなく、両者の間にずれが生じる微妙な側面も含まれるのではないか」と、私なりの問題意識を明らかにしました。

2014年11月04日11時38分

聖書をメガネに 書き手同時に読み手、読み手同時に書き手

小紙との私の関係が書き手ばかりでなく、読み手として二重である事実を意識し、両者の深い関係を自覚しています。今、新しく直面している課題は、小紙の記事の読み手としての役割です

2014年10月27日10時59分

聖書をメガネに 「同時に」の恵み、主義・イズムからの解放

年若き日に、敬愛する恩師が心に刻んでくださり50年余。小さな者の生活・生涯を導き、ささやかであってもそれなりに実を結びつつあるもの。それを、「同時にの恵み」と言い表したいのです。

2014年10月18日20時43分

聖書をメガネに 桐生悠々の名を初めて聞いたあの時(その3)

桐生悠々(1873〜1941)は、長年交流を重ねたM夫人が自分の祖父として紹介してくれた最初の出会いや、曽祖父・宮村撃との関係で、以前から親しみを覚える存在でした。しかし今、特に2つの視点を軸に、改めて悠々に学びたいと思いを新たにしています。

2014年10月11日17時11分

聖書をメガネに 桐生悠々の名を初めて聞いたあの時(その2)

桐生悠々(1873〜1941)の名を初めて聞いたのは、書物を通してではなく、1966年から始まったMご夫妻との出会いと交流を通してでした。

2014年10月05日9時19分

聖書をメガネに 桐生悠々の名を初めて聞いたあの時(その1)

本紙編集長としての歩み続けている中で、桐生悠々(1873〜1941)の名を何回か見聞きしています。理由の一つは、現在私たち夫婦が購読している新聞にあります。

2014年09月28日9時22分

聖書をメガネに 継続する説教者の歩み

今年4月に本紙編集長としての歩みを始め、今や6カ月が経過しようとしています。思いを越えた出発でした。しかし最初の半年の日々の間に、エステル記4章14節「この時のためである」は、今までの歩みを振り返って、心の奥底から深いうなずきとなりました。

2014年09月20日11時18分

聖書をメガネに 医療現場や医療教育(その2)

日常生活の中で今も続けているリハビリの経験が、聖書をメガネに医療現場や医療教育を見る私たちの課題を追求する際、医師による治療ばかりでなく、リハビリの幅広い営みを視野に入れる大きな助けとなっています。

2014年09月13日9時43分

一枚の絵—平和希求のメッセ-ジの集中と展開の場— 宮村武夫

今年4月以来編集に携わってきた、インターネット新聞の時と場所を越えて報道や論説を伝え得る特徴を、聖霊ご自身の助け・支えによる聖霊論的恵みと受け止めています。

2014年09月09日23時30分

聖書をメガネに 医療現場や医療教育(その1)

小紙は、分をわきまえ地域報道を果たすため、まずは沖縄地区に集中し、しかも報道の弱さや不十分さを、沖縄の現場からの論説により補う道を選び実行しています。今後も、報道の側面が滲み出てくる連続また単発の沖縄からの論説を願っています。

2014年09月06日14時11分

聖書をメガネに 出来事をことばに、ことばが出来事に(その2)

出来事を言葉として紡ぐ報道提供の役割に重ねて、ことばが出来事を生み出す諸論説を発信し続けて行く小紙の役割。その中で、8月14日の「聖書をメガネに」では、出来事を言葉として紡ぐ報道提供について自覚をお伝えしました。

2014年08月30日21時33分

聖書をメガネに まず沖縄に集中、そして次に

報道と論説と二本の柱を中心とした小紙の使命を覚えるとき時、その役割の重さと小社が持つ制約の両面から重圧に直面し圧倒されます。しかしその現実中で、何にもでき出来ないわけではないと日々励まされ、小さな営みを重ねています。

2014年08月23日12時57分

聖書をメガネに 出来事をことばに、ことばが出来事に(その1)

8月4日から9日まで、市川市国府台病院への入院が単に私事にとどまらず、一つの契機となり、「出来事をことばに、ことばが出来事に」と、小紙が与えられている二重の役割を、8月15日を迎える中で、新しい思いで受け止める恵みの機会になりました。

2014年08月16日20時44分

宮村武夫牧師

人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(23) 宮村武夫牧師

18~20章の教えは民一般に対するもので、祭司には関係ないのではない。祭司も民の一人として、18~20章を摘要。その上で21章は特に祭司に対して求められるのです。

2014年08月04日15時31分

聖書をメガネに 絆としての岩本町

小社の人数や規模で、「クリスチャントゥデイ」紙をそれなりに提供できるのは、インタ-ネットの特徴に支えられているからこそと、自覚を深めています。

2014年08月02日12時33分

聖書をメガネに 問題意識による連帯

4月以来、4カ月の間クリスチャントゥデイと共に歩みを重ねる中で、小紙がそれなりに委ねられている報道機関としての役割を確認してきました。

2014年07月26日7時52分

宮村武夫牧師

人生を導き教会を生かすレビ記通読の手引き(22) 宮村武夫牧師

20章は、18章と19章を繰り返すように、「あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない」(19章2節)のテーマを継続。19章で教えられている、神の民の立場を自覚せずに服従への道を進むならどうなるかと、20章で刑罰の厳しさを記します。その中心は偶像礼拝と不法な性的関係です。

2014年07月22日21時53分

聖書をメガネに 30歳と75歳

小社の社長Y兄は、今週誕生日を迎え30歳、編集長の私は75歳。私が40歳を過ぎて与えられた末子・バルナバ新よりもさらに若いのです。

2014年07月19日10時45分

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース