聖書をメガネに 出来事をことばに、ことばが出来事に(その1)

2014年8月16日20時44分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

8月4日から9日まで、市川市国府台病院への入院が単に私事にとどまらず、一つの契機となり、「出来事をことばに、ことばが出来事に」と、小紙が与えられている二重の役割を、2014年8月15日を迎える中で、新しい思いで受け止める恵みの機会になりました。

出来事を言葉として紡ぐ報道提供の役割に重ねて、ことばが出来事を生み出す諸論説を発信し続けて行く。この二本の柱が、日ごとにまた週ごとに、小なりとは言え、クリスチャントゥデイ紙全体を貫いているとの自覚です。

直面する出来事を言葉へと、記者各自が責任と喜びをもって紡いでいく。その際、現場の目撃者の言葉が、いかに生かされて行くかを大切にし、目撃証言の文字化を手伝う。そこに自らの居場所・視点を定め、記事全体が証言としての性格を付与される記述の営みに重ねて行く共同作業を進める記者各位への期待を深めます。そうです。自らが記者であるばかりでなく、現場に新しい記者が誕生する役割をも担うのです。

こうした記者各位に対して、なお編集長の役割があるとすれば、どんな小さい人や事をもあなどらず、どんな個人にも勢力にもたじろがない一事を、記者各位の背後にあって、念じ続ける一念であり、「同喜・同泣」(ローマ12章15節、「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」)の思いに満たされ続ける日々にあると思い定めています。

(文・宮村武夫)

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース