聖書をメガネに 問題意識による連帯

2014年7月26日07時52分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

4月以来、4カ月の間クリスチャントゥデイと共に歩みを重ねる中で、小紙がそれなりに委ねられている報道機関としての役割を確認してきました。それと同時に、クリスチャントゥデイが貴重な学びの場・対話の場であると気付き、その思いを深めています。

何を伝え、またそのために誰に何を聞くか。報道の過程、またその内容が私たちを結ぶ事実は、どれほど強調しても強調し過ぎることのない、大切な絆です。

しかし報道が正確に深く、さらに豊かになされるためには、その報道がなぜなされたのか、報道する側の問題意識が鍵になり、さらにどのような問題意識のただ中でその報道が受け取られるのか、小紙に目を留めて下さる方々の心を占める問題意識が重い意味を持つのも明らかです。ところが肝心の問題意識は、普通なかなか表面に出ず、目に見えてきません。

インターネット新聞の特徴を活用して、書く者と読む者の立場が固定されることなく、書く者であると同時に読む者、読み手でありながら書き手となる対話・学びの場が開き、深まり、豊かに展開していけたらと夢見ます。

まず編集長として、身近な方法を通して、自分なりの問題意識を直接的、間接的に明らかにするよう努めます。

小紙に目を留め、心を傾けて下さる皆様の問題意識を盛り込む寸言をお伝え下さい。独自の課題の本格的な連載の道についても話し合えれば嬉しいです。そうです。問題意識による連帯です。世間知らずな青い響きですが。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース