聖書をメガネに 福音書記者とインターネット新聞記者(1)

2014年11月16日12時35分 執筆者 : 宮村武夫 印刷

11月4〜6日、日本福音主義神学会の第14回全国研究会議に参加し、幾つか講演を聞き、質疑応答に加わり、それなりに充実した時を持て迎えた3日目の朝食の時間でした。

今回の講師の一人のT先生と、久し振りに率直な話し合いができました。一つの課題は、聖書解釈における聖霊ご自身の導きの重要性をめぐるもので、徹底的な聖霊信仰と徹底的な聖書信仰の不可分な関係についての私の年来の提唱に、T先生が基本的にご賛同くださり、嬉しい驚きでした。

さらに喜びの指摘を頂きました。クリスチャントゥデイの働きに参与するようになった経過を手短に報告、年若き時からの説教者としての生涯と今回従事するようになった編集者としての営みの一貫性を申し上げたのです。

神の恵みの事実を記録する聖書のメッセージを、今、ここでの恵みの事実として、ことばで伝える説教者。

他方、社会のただ中での出来事をことばで記し、記された言葉を読む人の心、さらに生活と生涯の中で新たな出来事が生まれるように期待する小社の志。この両者の同一性の話題をめぐりやり取りをしている最中に、「福音書記者も新聞記者も、同じく記者」と、T先生は実に自然体で「あっさり」と指摘なさいました。

私はと言えば、「同じ記者」とのことばの共鳴を心に響かせながら、ルカの福音書の序文・1章1〜4節、「すでに教えを受けられた事がらが正確な事実である」(1章4節)を特に覚えたのです。

かくして私たち二人は、食堂から一番最後に出て行くことになりました。(続く

■ 福音書記者とインターネット新聞記者:(1)(2)

(文・宮村武夫)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース