聖書をメガネに 「同時に」の恵み、主義・イズムからの解放

2014年10月18日20時43分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

年若き日に、敬愛する恩師が心に刻んでくださり50年余。小さな者の生活・生涯を導き、ささやかであってもそれなりに実を結びつつあるもの。それを、「同時にの恵み」と言い表したいのです。

申命記6章4節「聞きなさい。イスラエル。【主】は私たちの神。【主】はただひとりである」に見る、「主はただひとり」のメッセージは、旧約聖書を貫く大動脈です。さらに新約聖書においても、それが一貫した基盤となっていることは、1コリント8章4節「私たちは・・・また、唯一の神以外には神は存在しないことを知っています」などにより確認できます。

しかし同時に、主イエスに対して、「私の主、私の神」(ヨハネ20:28)と信仰告白がなされています。この信仰は、自らを神と意識し(ヨハネ8:58)、そのように教えた主イエスご自身からの賜物(ヘブル12:2)であると新約聖書は明示します。また、聖霊ご自身の神性は、主イエスの聖霊を汚す罪の教え(マルコ3:28、29)において、特に鮮明です。

「主はただひとり」でありながら、「同時に」御父・御子・御霊が全き神性を持たれる三位一体なる方。その生けるお方に従い、万物を認識する。それにより、万物の多様性のみを見て統一性を無視するのでもなく、反対に統一性のみを見て多様性を見失うのでもない。多様性と統一性を「同時に」見ていく、狭くとも確かな「同時に」の恵み。この泉・イズミ(詩篇36:9「いのちの泉はあなたにあり、私たちは、あなたの光のうちに光を見るからです」)を、いかなる主義・イズム(ism)にもすり替えないように自戒しています。

主義・イズムは、一部を全部と見なし、一面を全面と主張することで、一見強力に見えても、自らも相手も窒息させてしまう。唯一の神、「同時に」御父・御子・御霊の三位なる方と両面を認めるとき、主義・イズムの独断から解き放たれ、自由の道が開かれると。

(文・宮村武夫)

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース