ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
宮村武夫 宮村武夫 (みやむら・たけお)  

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

記事一覧

宮村武夫

聖書をメガネに 時は、御手の中に(その2)

聖書に見る時・時間の基本理解を確立するため、大切な手引きとなるもう一つの聖句は、マタイの福音書1章1節「アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図」です。

2015年10月10日22時39分

宮村武夫

聖書をメガネに 時は、御手の中に(その1)

昨年4月から小紙の働きに参加し、2年目の後半を迎えています。今あらためて、時・時間の基本理解を確認する必要を覚えます。「聖書をメガネに」と提唱し続けているのですから、聖書に見る時・時間について、私なりの基本理解を明らかにする責任があります。

2015年10月05日15時48分

聖書をメガネに 洗礼の証し、福音・良き訪れへの応答がニュースに

小紙の働きに参与して編集会議に加わるようになった当初から、話題に上がっていても、今日まで実現していない一つの課題があります。それは、洗礼を受けた方々の証しを小紙に掲載し、個人、家族、地域教会の喜びを、さらに波紋のように広げていくことです。

2015年09月26日15時17分

聖書をメガネに 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割(その4)

田畑忍編著『近現代日本の平和思想』では、「Ⅰ 明治時代の平和思想」「Ⅱ 正期と昭和前期の平和思想」の2つの章において、担当の専門家が36人の多様多彩な人物一人一人の生涯と思想に焦点を当て、平和憲法の思想的源流を多方面から明らかにしています。

2015年09月21日10時53分

聖書をメガネに 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割(その3)

田畑忍編著『近現代日本の平和思想』で紹介されている「徴兵を拒否した矢部喜好」の項目を特別な関心を持って読み、深く感動しました。そのきっかけは、70年代、青梅キリスト教会牧師時代に、矢部春夫人と個人的な交流があったからだと、前回報告しました。

2015年09月13日21時47分

聖書をメガネに 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割(その2)

田畑忍編著『近現代日本の平和思想 平和憲法の思想的源流と発展』(ミネルヴァ書房)の明治時代の平和思想において紹介されている19名の人物の最後は、「徴兵を拒否した矢部喜好」です。

2015年09月05日23時10分

聖書をメガネに 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割(その1)

戦前の教会や大学、さらに各個人について小紙で言及する際、イデオロギーに基づくレッテル貼りを避け、できるだけ丁寧に事実判断を大切にしたい。その願いに沿って、インタビューや講演会の取材などを通して、学ぶ記事の掲載を重ねてきました。

2015年08月29日10時14分

聖書をメガネに 恩師特愛の聖句・エペソ4章15節に励まされ

戦後70年を意識し、8月15日掲載の記事を念頭に置き備えてきた小紙の歩みに、多数の読者の方々から応答があり、一同励まされ感謝しました。確かに、取材拒否や連載中止といった圧力はあります。

2015年08月22日10時25分

聖書をメガネに クリスチャントゥデイにおける読者の位置(その4)

クリスチャントゥデイにおける読者の位置について、幾つかの根源的な点について考えてきました。日々の記事を掲載しながら、制約の中でも基盤となる思索を継続します。今回は最後に、クリスチャントゥデイにおける読者の本来あるべき位置の実現を目指し、一つの実際的な試みの案内を致します。

2015年08月17日22時13分

聖書をメガネに クリスチャントゥデイにおける読者の位置(その3)

クリスチャントゥデイにおける読者の位置を考える基礎として、さらにマタイの福音書6章24節を覚えます。高校時代、私の生涯を決定的に左右した聖句です。

2015年08月08日9時51分

聖書をメガネに クリスチャントゥデイにおける読者の位置(その2)

「クリスチャントゥデイにおける読者の位置」との課題を、続けて考えます。あらためてクリスチャントゥデイは非人格的存在・組織である事実を、明確に認識する必要があります。

2015年08月01日15時21分

私の実践的メディア論 宮村武夫

私の実践的メディア論 宮村武夫

『月刊ハーザー』2015年8月号に掲載された拙稿です。クリスチャントゥデイは、小さなメディアとして使命を与えられ、それに応答する喜びをスタッフ一同経験しています。その中で、私たちのできないことを自覚し、私たちでもできることを感謝しています。

2015年07月30日14時26分

聖書をメガネに クリスチャントゥデイにおける読者の位置(その1)

記者やコラムニストの書き手と、読み手である読者の両者があって初めて、クリスチャントゥデイが成り立つ事実は、今までもそれなりに承知していました。

2015年07月26日17時27分

聖書をメガネに 同喜同泣 再び

昨年6月21日の小紙に、「聖書をメガネに 同喜同泣」との題で、一文を掲載しました。昨年4月から直接働きに参与し2カ月半が経過する中で、クリスチャントゥデイの目的や記事を書く基本的な態度に焦点を合わせ、月2回の編集会議で、「主のしもべ仲間」(黙示録22:8、9)の5人の話し合いから生まれたものです。

2015年07月13日12時45分

聖書をメガネに 目に見えない創造者の目に見える御業(その3)

芸術活動、文化活動の記事の基盤は、創造主の創造の御業に対する根源的な喜び(創世記1:31)と、罪の影響の下における被造物全体に及ぶうめきの現実(ローマ8:18〜25)の両方に意を注ぎ、喜びとうめき・苦悩の両立にあります。

2015年06月30日16時50分

聖書をメガネに 目に見えない創造者の目に見える御業(その2)

前回は、美術、さらに芸術一般を聖書をメガネに考える上で、思索を続けたい興味深い聖句として、詩篇92:4(新改訳、新共同訳とフランシスコ会訳では詩編92:5)を紹介しました。

2015年06月20日17時47分

聖書をメガネに 目に見えない創造者の目に見える御業(その1)

美術、さらに芸術一般を、聖書をメガネに考える上で、以下の興味深い聖句に出会い、思索を続けたく願っています。

2015年06月13日12時20分

聖書をメガネに 転載の絆・信頼の絆

今、小紙の歩みにおいて静かに進展している恵みは、転載を軸とした「信頼の絆」という波紋の広がりです。その一つは、小紙の記事を尊敬する先達、聖公会新聞が定期的に転載してくださっていることです。

2015年05月30日9時48分

2015年ペンテコステ・メッセージ:からだと聖霊ご自身、使徒1章8節と1章9〜11節 二つの固い結び付き

2015年のペンテコステは、クリスチャントゥデイ編集長として迎える、昨年に続き2回目のペンテコステです。驚いています。昨年注目した、キリストの昇天とペンテコステの結び付きを、この1年考え続けてきた事実に、あらためて気付きました。

2015年05月24日8時33分

聖書をメガネに 美術関係の記事・コラムの基盤と多様な広がり

小紙の音楽関係の記事が多様な切口から報道されるようになったのに続き、美術関係の記事・コラムへの期待も高まります。そのような状況の中で、美術や芸術の基盤について自問するとき、2人の恩師の言葉を思い出します。

2015年05月09日11時49分

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース