聖書をメガネに 美術関係の記事・コラムの基盤と多様な広がり

2015年5月9日11時49分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

小紙の音楽関係の記事が多様な切口から報道されるようになったのに続き、美術関係の記事・コラムへの期待も高まります。そのような状況の中で、美術や芸術の基盤について自問するとき、2人の恩師の言葉を思い出します。

1人は、米ニューイングランドのゴードン神学院で説教学を担当されていたグェイン・ウォールター教授の言葉です。「私たちは神の作品」(エペソ2:10)とは、神の息吹によるポエム・詩の意味であると、ウェールズ人としての誇りと美的感覚に富む先生が、神のポエム・詩としての人間存在の本来的美を強調、一転説教の美しさとは何かを論じられたのです。

もう1人は、上智大学神学部のペトロ・ネメシェギ神父の言葉です。個人指導を受けている際に、「神は真理であり、善であられるばかりでなく、美でもあられる」と、いつものように静かに、しかし「美しき神」とのメッセージが私の存在の奥底に伝わるようにお話になったのです。ネメシェギ先生の言葉は、説教の構造美を求め続ける契機となり原動力となりました。

上記の2人の恩師の実例に見られるように、聖書をメガネに、神の美・美しき神、また神の息吹・ポエムとしての人間存在の美的基盤が深く豊かに掘り下げ、明快に美しく記述するコラムが、本紙に時に応じて登場するように、またその基盤の展開として、人間の多様な芸術家活動が小紙にしばしば報じられるように切望します。

(文・宮村武夫)

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース