聖書をメガネに 30代と40代において、70代と80代の今も

2015年4月11日17時33分 執筆者 : 宮村武夫 印刷

2月の沖縄訪問・宣教の際の大きな喜びの一つは、沖縄宣教研究所・富坂キリスト教センター第2回共同研修会に参加できたことです。沖縄宣教研究所の設立当初から関わりを持ち、2011年5月に沖縄から関東へ25年ぶりに戻った後も、唯一の県外会員として絆を深めてきました。

今回の研修会で、懐かしい方々と再会できた喜びに加え、思いがけない方々との出会いもありました。そのお一人が村瀬俊夫先生です。村瀬先生は1970年前後、『新聖書注解』の一部としてテサロニケ人への手紙やコリント人への手紙第一の注解を書いた際に、励ましを受け、お世話になったことを契機に、その後日本福音主義神学会で共に歩みを続けてきました。村瀬先生の研修会閉会礼拝の宣教、実に忘れ難いものでした。

久しぶりに沖縄で再会した恵みの余波として、関東に戻って後、文通や執筆物のやり取りをなしています。その中でも、先生が毎月発行しておられる『西東京だより』(2015年2月号)掲載の「戦後70年の節目の年に 教会はどうあるべきか」を、ぜひ多くの方にも紹介したいと願い、先生のご了解を得て掲載させていただきました。

30代と40代において、聖書をメガネに物事を見、発言し、書き続けてきた同士が、70代と80代の今も、苦悩と喜びを持って戦い前進しています。村瀬先生はアシュラム運動を通して、私はクリスチャントゥデイを通して。感謝です。

(文・宮村武夫)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース