聖書をメガネに 本・叫ぶ石

2014年11月30日17時48分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

先週、ある場所で、拙書『哀歌講解説教-哀歌をともに』の出版背景について、さらに私にとり「本とは何か」と率直な質問を受けました。

琉球大学聖書研究会の2人の方が継続的な努力を払い、首里福音教会のホームページに蓄積されていた記録が消去されてしまう。出版の実務を担当してくださった方が不当な圧力を受ける。出版された後も、流通販路の面で制約を受ける。小さな一冊の本が困難に直面しながら、世に送り出された事実に焦点が当てられたのです。

私にとり本とは何か。「本とは、叫ぶ石」と答えました。ルカ19章40節、「イエスは答えて言われた。『わたしは、あなたがたに言います。もしこの人たちが黙れば、石が叫びます」に基づいての発言です。

インターネット新聞である小紙の役割の一つは、「叫ぶ石」的本が世に出るため、その準備段階として、論考執筆など、発言の場の提供にあるのではないかと、拙書出版の経験から思い巡らしています。

出版事業のための組織と予算が無きに等しく、しかも妨げる力が働く中でも、「叫ぶ石」的本が世に出るための手助けをする。

そうです。何もないわけではないのです。志(ピリピ2:13)が与えられています。主の支えにより、創意工夫を重ねる歩みをなせます。何よりも心を合わせて祈り続ける道が開けています。

(文・宮村武夫)

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース