聖書をメガネに 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割(その1)

2015年8月29日10時14分 執筆者 : 宮村武夫 印刷

戦前の教会や大学、さらに各個人について小紙で言及する際、イデオロギーに基づくレッテル貼りを避け、できるだけ丁寧に事実判断を大切にしたい。その願いに沿って、インタビューや講演会の取材などを通して、研究者の地道な営みに、自らの制約をわきまえながら学ぶ記事の掲載を重ねてきました。

そして、8月15日を中心とする一つの節目を経過しつつある今、掲載した記事から私なりにあらためて学び、さらに記事が契機となった波紋の広がりを経験しています。

例えば、宇都宮大学の宮本栄三名誉教授の長編のインタビュー記事を拝読し、宮本先生と文通を始め、著書の交換をしています。宮本先生からは、田畑忍編著『近現代日本の平和思想 平和憲法の思想的源流と発展』(ミネルヴァ書房)をご恵送いただきました。うれしくなります。

明治時代、また大正期と昭和前期の平和思想において、平和憲法の思想的源流を多方面から明らかにしています。そこには、人物一人一人に焦点が当てられています。そこでもう一つ、若松英輔氏の講演の報告記事を思い起こします。

内村鑑三が訴えた「非戦」の意味を今こそ考えたい 若松英輔氏(1)
 内村鑑三の回心 「理論」ではなく「心情」 若松英輔氏(2)
 クリスマスはいつ来るのか? 太宰治と内村鑑三 若松英輔氏(3)

そこでは、内村鑑三に見られる「一人で立って一人で考える」道が明示され、どのような状況の中にも「この道を」と励まされます。(続く

(文・宮村武夫)

■ 戦前と戦後を結ぶ平和の絆、一人一人の存在と役割:(1)(2)(3)(4)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース