聖書をメガネに クリスチャントゥデイにおける読者の位置(その1)

2015年7月26日17時27分 執筆者 : 宮村武夫 印刷

記者やコラムニストの書き手と、読み手である読者の両者があって初めて、クリスチャントゥデイが成り立つ事実は、今までもそれなりに承知していました。

しかし、このたび、上智大学キリスト教文化研究所編『日本における聖書翻訳の歩み』の4番目の論考、山浦玄嗣医師の「ケセン語訳聖書からセケン語訳聖書へ」を、時間をかけて一気に読み通しながら、少し大げさに表現すれば、「今、最も重要な節目を通過しつつある」と実感したのです。山浦医師の読み手への徹底的なこだわりと配慮の姿勢に触れ、クリスチャントゥデイにおける読者の位置が抜き差しならぬものである事実があらためて浮かび上がってきました。

新約聖書の書簡理解において、書き手であるパウロに注目すると同時に受取人である教会や個人に意を注ぐことがいかに重要であるか提唱し、授業を続け、著作を書き続けてきました。同様に、説教者としての自らの上に、聖霊ご自身の導きを求めると同時に、説教の聞き手である会衆の上に、同じく豊かな聖霊ご自身の導きを祈り続けてきました。こうした今までの経験がこの段階で役立ちます。

書簡の受け取り手の必要を徹底的に理解し、それにパウロは答えて書簡を書いているのであって、自らが言いたいことや書きたいことを書いているのではない。説教も、会衆に伝えられたメッセージが、会衆の心、生活と生涯にどのように刻まれ、どのように実を結ぶかを離れては、説教は語られたことにはならない。では、クリスチャントゥデイの場合はどうか。(続く

(文・宮村武夫)

■ クリスチャントゥデイにおける読者の位置:(1)(2)(3)(4)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース