インターネット

聖書検索サイト「バイブル・ゲートウェイ」が25周年 検索単語と人気聖句トップ10を発表

聖書検索サイト「バイブル・ゲートウェイ」が25周年 検索単語と人気聖句トップ10を発表

聖書検索サイト「バイブル・ゲートウェイ」が今年、創設25周年を迎えた。1993年、米ミシガン州のカルビン大学で、学生向けの聖書研究用ツールとして始まり、その後一般にも公開され、サイトの閲覧数はこの四半世紀で140億を超える。

2018年08月10日10時10分

SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査

SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査

米キリスト教調査会社「バーナ・グループ」は、米国人成人クリスチャンの28%がSNS上で自身の信仰を分かち合っているとする調査結果を発表した。調査は米国人成人1714人を対象に、昨年6月22日〜7月13日にインターネット上で実施された。

2018年07月03日13時27分

ネット社会で問われる「信頼」の大切さ 「情報と福音」テーマに集会

「情報と福音」をテーマにした集会が2月9日、沖縄キリスト教学院シャローム会館で開催された。「ネット社会と私の福音伝道」を副題に、参加者は講演を聞きながら、インターネット社会における福音伝道の在り方についてあらためて考えを分かち合った。

2018年03月09日19時30分

教会はツイッターよりもフェイスブック派 オンライン献金の利用率は教会規模で差 米国

教会はツイッターよりもフェイスブック派 オンライン献金の利用率は教会規模で差 米国

米ライフウェイ・リサーチの最新の調査結果(英語)によると、米国のほとんどの教会は、フェイスブックを使って教会員とやりとりしたり、外部の人に伝道したりする一方、ツイッターを使う教会はわずかであることが分かった。

2018年01月25日17時42分

「座間事件」から考える、居場所を求める若者と教会 宮崎豊久さんと稲葉基嗣牧師に聞く

「座間事件」から考える、居場所を求める若者と教会 宮崎豊久さんと稲葉基嗣牧師に聞く

「座間事件」では、インターネットを通して若者とつながりを持ち、次々と殺害したという。このようにネットに救いを求めて、事件に巻き込まれるケースは、今後も増えていくのだろうか。インターネット博物館代表の宮崎豊久さんと稲葉基嗣牧師に話を聞いた。

2017年12月16日6時52分

ネット時代に進むユダヤ人伝道と携挙のタイミング 第8回再臨待望聖会

ネット時代に進むユダヤ人伝道と携挙のタイミング 第8回再臨待望聖会

第8回再臨待望聖会が3日、東京の淀橋教会で開催された。イスラエルの宣教団体 ONE FOR ISRAEL のエイタン・バール氏が、ネットにより飛躍的に進むユダヤ人伝道について、また中川健一氏が「携挙が起こるタイミング」と題してそれぞれ講演した。

2017年11月06日15時25分

教皇「聖書を携帯電話のように持ち歩き、読んでください」

教皇「聖書を携帯電話のように持ち歩き、読んでください」

ローマ教皇フランシスコは、レント(受難節、四旬節)の第1日曜日となった5日、バチカンのサンピエトロ広場で説教し、全てのクリスチャンに対して、聖書を携帯電話と同じように持ち歩き、読むよう呼び掛けた。

2017年03月10日22時01分

八木谷涼子氏に聞く「新来者が行きたくなる教会HP」 SIGNIS JAPAN、インターネットセミナー開催

八木谷涼子氏に聞く「新来者が行きたくなる教会HP」 SIGNIS JAPAN、インターネットセミナー開催

八木谷涼子氏を講師に迎え、第22回インターネットセミナーが4日、聖パウロ修道会若葉修道院ホール(東京都千代田区)で開かれた。さまざまな教派から40人が集まり、教会ホームページの現状とこれからの方向性について考える機会となった。

2017年02月08日11時58分

教会の情報発信のお手伝いを ホームページ制作の「ブレッドフィッシュ」

教会の情報発信のお手伝いを ホームページ制作の「ブレッドフィッシュ」

情報化社会といわれて久しい現代。「教会は情報をどのように発信し、活用すべきか?」という問題について、教会向けのホームページ制作事業を手掛ける「ブレッドフィッシュ(BREADFISH)」責任者の丸山泰地さんに話を伺った。

2015年04月08日19時01分

自分のできることでニーズに応える 教会ホームページ制作の「工房ヒラム」

自分のできることでニーズに応える 教会ホームページ制作の「工房ヒラム」

教会やキリスト教団体のホームページ制作に携わる「工房ヒラム」。インターネットを使う現代のニーズに応えるために、5年前からホームページ制作を行っている。「ヒラム」の名は聖書の登場人物から。責任者の小牧由香さんに話を聞いた。

2015年03月04日11時04分

Facebook、福音宣教にどう生かす? SIGNIS JAPAN主催「教会とインターネットセミナー」

フェイスブック、福音宣教にどう生かす? SIGNIS JAPAN主催「教会とインターネットセミナー」

SIGNIS JAPAN(カトリックメディア協議会)による第20回「教会とインターネットセミナー」が13日、東京・四谷の聖パウロ会若葉修道院ホールで行われた。「Facebook で福音を伝える」をテーマに、カトリック信徒や修道者ら約50人が参加した。

2014年12月14日22時26分

ビリー・グラハムの伝道伝説、ネット時代でも イエス受け入れた人500万人達成

ビリー・グラハムの伝道伝説、ネット時代でも イエス受け入れた人500万人達成

ビリー・グラハム伝道協会(BGEA)のインターネット伝道の働き「サーチ・フォー・ジーザス(Search for Jesus)」は18日、伝道用サイト「PeaceWithGod.net」を通じて、イエスを救い主と受け入れたと表明した人が、先週末に500万人を超えたと発表した。

2014年11月22日20時01分

信仰の分かち合い 「ネット」よりも「直接会って」が依然多い傾向

信仰の分かち合い 「ネット」よりも「直接会って」が依然多い傾向

米ピュー研究所による新しい調査によると、米国人はオンライン(インターネット上)で熱心に信仰に関わる活動に従事しているが、直接会って信仰を分かち合う傾向がまだ多く、40%の人が実生活の中で宗教的な信条について分かち合ったことがあると答えた。

2014年11月22日16時33分

菅野直基

光と闇 菅野直基牧師

インターネットを活用して情報発信をしたり、伝道をするようになってかれこれ10年が経ちました。

2014年04月23日19時22分

若者の教会離れはインターネット上のポルノが原因? 最近の調査結果をめぐり議論

若者の教会離れはインターネット上のポルノが原因? 最近の調査結果をめぐり議論

キリスト教系の出版社で勤務するあるクリスチャンのブロガーが、インターネットと信仰との相関関係を表す最近の調査に関して、信仰の喪失はポルノの蔓延が原因かもしれないと主張し、議論が起きている。

2014年04月17日9時59分

教皇、インターネットは「神からの贈り物」

教皇フランシスコは23日、インターネットを「神からの贈り物」と位置付け、信者らに対し「臆することなくデジタル世界の市民になる」よう呼び掛けた。

2014年01月28日11時08分

菅野直基牧師

インターネットを使った布教・証伝道 菅野直基牧師

今やインターネットの時代です。インターネットが普及して世の中はどのように変わったのでしょうか?

2014年01月01日8時02分

菅野直基牧師

インターネットのオフ会とオン会 菅野直基牧師

毎年恒例のオフ会を年末年始に行います。出前牧師の働きの一環でもありますが、プライベートな楽しみの時でもあります。オフ会とは、オフラインミーティングの略語です。ネット上のオンラインで知り合った人々がオンラインを離れて、現実世界、つまりオフラインで実際に集まって行う親睦会をさします。

2013年12月14日22時11分

児童ポルノ対策は企業の社会的責任

メディアにおける倫理(MIM)は米グーグルがインターネット上の児童ポルノ関係のURLを排除する動きを見せていることを歓迎している。先月米クリスチャンポスト(CP)が伝えた。

2013年12月10日7時15分

キリル総主教、修道者にインターネットの「誘惑」警告

ロシア正教会の最高指導者キリル総主教が、誘惑を避けるため、携帯電話をインターネット接続に使わないよう修道者に要請した。同総主教がギリシャ・アトス山のゾグラフ修道院を訪問した際に語った。

2013年06月20日8時24分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース