SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査

2018年7月3日13時27分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査
(写真:Pixelkult)
- 広告 -

米キリスト教調査会社「バーナ・グループ」は6月26日、米国人成人クリスチャンの28%がSNS上で未信者の友人や知人らと、自身の信仰を分かち合っているとする調査結果(英語)を発表した。

この調査結果は「デジタル時代の霊的対話」(英語)と題した96ページにわたる報告書の一部。調査はルーテル・アワー・ミニストリーズと協同で行ったもので、米国人成人1714人を対象に、2017年6月22日〜7月13日にインターネット上で実施された。

この調査により、米国人成人のうち、クリスチャンだと自認する人の28%が、SNS上で未信者に自身の信仰を表明していることが分かった。一方、クリスチャンではないとする人の58%がフェイスブックで、14%がその他のSNSで、他人から信仰を分かち合われた経験があると答えた。

この他、30%のクリスチャンが対面で自身の信仰を分かち合うのと同様に、インターネット上でも信仰を分かち合うと答えた。また、44%は技術革新によって信仰の表明方法が変わったと答えた。

インターネット上で信仰を分かち合う場合、88%は自身の投稿を通して信仰を伝えている。他人の投稿をシェアすることで(86%)、または他人の投稿などにコメントすることで(85%)、自身の信仰を分かち合う人も多くいた。

調査結果を受けバーナ・グループは「多くのクリスチャンは、技術革新やデジタル通信の発達により、SNSの投稿やコメント、プロフィールを通して伝道がしやすくなったと考えている」と分析する。一方で「デジタル時代における霊的対話は緊張感で満ちており、若い世代は対話への参加にとても慎重な姿勢を示している」という。

バーナ・グループは「技術革新と急速な文化の変化は、伝道の在り方に変化をもたらしたかもしれない。しかし、大宣教命令が完結したわけではない。この最新の報告書が示す変化を参考にすることで、(教会)指導者は信徒を訓練することができ、変わることのない福音を効果的に伝えられる」と説明している。

近年、多くの教会やパラチャーチがインターネットを使って伝道するようになり、特にSNSの存在感は人々の生活の中でますます高まっている。

一例として、インターネット伝道同盟(IEC)が主催し、グローバル・メディア・アウトリーチ(GMA)の協賛で毎年行われている「インターネット伝道デー」がある。

「インターネット伝道デー」の英国のコーディネーターを務めるトニー・ウィテカー氏は、SNSは伝道に新たな機会を提供したとして、クリスチャンポストとの2012年のインタビューでその重要性について述べている。

「誰かがインターネット上での伝道を望む場合、比較的最近まで、それはかなり強い意思を必要とする作業でした。ウェブサイトやブログを作成しなければならなかったからです」

「しかしSNSの出現で、誰でもそれ(インターネット伝道)ができるようになりました。文章やIT技術の賜物(たまもの)は必要ありません。フェイスブック(あるいはツイッター)とユーチューブの動画、そしてスマートフォンという三つよりの糸は力強い組み合わせです」

英国国教会はデジタル通信チームを組織し、SNSを用いた効果的な伝道を行っている。

チームの責任者であるエイドリアン・ハリス氏によると、教会案内サイト「A Church Near You(お近くの教会)」(英語)や英国国教会の公式サイト(英語)の年間閲覧数は3500万回で、前年と比べ5割も増えた。

「私の地元で注目されているのは、教会の年間行事として重要なクリスマスのようなイベントです。(それを通して)私たちは若い年齢層に伝道しています」とハリス氏は言う。「例えばインスタグラムをやっている人の半数は34歳未満です。私たちのメインのウェブサイトでは、訪問者の17%が25歳から34歳の若年成人で構成されています」

ハッシュタグ「#GodWithUs」(英語)などを使い、クリスマスに行った伝道キャンペーンでは、SNS上で680万人に福音を伝えた。その成功の秘訣は、不特定多数ではなく、特定のグループの特定のコンテンツをターゲットにした調査を行い、キャンペーンを実施したことだという。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング