バーナ・グループ

福音派

5分の1の教会が1年半以内に閉鎖の危機 米キリスト教世論調査会社社長

米キリスト教世論調査会社「バーナ・グループ」のデイビッド・キナマン社長が、新型コロナウイルスの影響により、今後1年半以内に全米の5分の1の教会が恒久的な閉鎖に追い込まれる可能性があると語った。

2020年08月28日12時16分

聖書

コロナで聖書に費やす時間減少、教会における人間関係が影響 米聖書協会が調査

新型コロナウイルスの感染拡大は、米国人が聖書に費やす時間にも影響を及ぼしている。聖書を読む米国人が、この半年余りで大きく減少していることが最新の調査で判明した。

2020年07月31日22時18分

米教会、3月中に9割超がオンライン礼拝に移行 イースターもデジタルに

米教会、1カ月で9割超がオンライン礼拝に移行 イースターもデジタルに

2つのキリスト教調査機関によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の教会では、93パーセントが礼拝をオンラインのみで行っていることが分かった。大多数の教会がイースターも同様にオンラインで祝う見込みだ。

2020年04月11日16時24分

子どもの信仰を育むのは父親よりも母親 祖父母の影響も大

子どもの信仰を育むのは父親よりも母親 祖父母の影響も大

米キリスト教調査機関「バーナ・グループ」の調査によると、米国のクリスチャンが信仰的に最も大きな影響を受けるのは、父親よりも母親だという。しかし同時に、祖父母の影響も多大であることが分かった。

2019年07月23日19時56分

聖書

米国で聖書を読む人が増加、バーナ・グループと聖書協会が共同調査

米キリスト教調査機関「バーナ・グループ」と米国聖書協会(ABS)が実施した共同調査によると、聖書を物事の判断の参考にする米国人の数が、昨年に比べると全体的に増加したことが分かった。

2019年05月13日22時47分

SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査

SNSで信仰分かち合うクリスチャンは28% 米調査

米キリスト教調査会社「バーナ・グループ」は、米国人成人クリスチャンの28%がSNS上で自身の信仰を分かち合っているとする調査結果を発表した。調査は米国人成人1714人を対象に、昨年6月22日〜7月13日にインターネット上で実施された。

2018年07月03日13時27分

トランプ氏就任1年:米国人の大半「信頼していない」も、多くのクリスチャンは大統領のために祈り

トランプ氏就任1年:米国人の大半「信頼していない」も、多くのクリスチャンは大統領のために祈り

米国のドナルド・トランプ大統領が就任してから20日で1年がたった。就任1年を前に発表された世論調査によると、米国人の大部分はトランプ氏を「まったく」信頼していないが、多くのクリスチャンが依然として大統領のために祈っていることが分かった。

2018年01月27日18時57分

祈り

どのように、また何のために祈っているのか 米国で千人以上対象に調査

多くの米国人は祈る。では一体、彼らはどのように、また何について祈っているのだろうか。米調査会社バーナ・グループが、米国人の祈りの習慣について調査を行い、最近その結果を発表した。

2017年09月13日23時50分

米国の「聖書に熱心な都市」と「聖書に熱心ではない都市」トップ10発表

米国の「聖書に熱心な都市」と「聖書に熱心ではない都市」トップ10発表

米キリスト教調査機関「バーナ・グループ」が、聖書に熱心な都市と聖書に熱心ではない都市のトップ10を発表した。聖書に熱心な都市1位に選ばれたのは、テネシー州のチャタヌーガで、聖書に熱心でない都市1位には、ニューヨーク州の3つの都市が選ばれた。

2017年07月01日12時18分

米国人クリスチャンの多くに「非聖書的世界観」の影響、調査機関が報告

米国人クリスチャンの多くに「非聖書的世界観」の影響、調査機関が報告

米キリスト教調査機関は最近、米国のクリスチャンの多くが非聖書的な世界観を取り入れているとする報告を発表した。調査によると、信仰を重要視し、教会にも定期的に通っているクリスチャンのうち、「聖書的世界観」を持っていたのはわずか17%だった。

2017年05月17日22時46分

イーグルブルック教会

米教会で牧師の高齢化進む、平均年齢は54歳 25年で10歳上昇

米キリスト教調査機関「バーナ・グループ」の最近の調査によると、米国のプロテスタント教会の牧師の平均年齢は54歳で、過去25年間で10歳も上昇したことが分かった。さらに、40歳以下の牧師は7人に1人の割合しかいなく、高齢化が進んでいる。

2017年02月08日10時23分

「聖書は神の霊感により書かれ、偽りないが、一部は象徴的」と考える米国人が増加

「聖書は神の霊感により書かれ、偽りないが、一部は象徴的」と考える米国人が増加

米国聖書協会は今月初め、2015年の「聖書状況報告」を発表した。報告書は、多くの米国人が、聖書は絶対的に信頼でき、かつ神の霊感によって書かれたが、文字通りに解釈してはならない箇所も含まれている、と考えていることを明らかにした。

2015年04月25日22時05分

米聖書協会、「聖書状況報告2015年」発表

米国聖書協会が「聖書状況報告2015年」を7日、発表した。調査機関「バーナ・グループ」と提携して、世界の聖書訳出状況を調べたもの。調査の結果、全世界ではまだ聖書が不足している現状を、米国人が意識していないことが明らかになった。

2015年04月21日12時02分

教会に属さない人へのアウトリーチ 友人・知人からの誘いが最も有効 米調査

教会に属さない人へのアウトリーチ 友人・知人からの誘いが最も有効 米調査

教会に属していない米国人が、教会や友人からのアウトリーチに対し、この20年で最も抵抗を示しているという新しい調査結果を、米キリスト教調査会社バーナ・グループが明らかにした。

2014年10月24日17時40分

米国聖書協会、聖書に関する年次報告発表 聖書に懐疑的な見方が増加傾向 進む二極化

米国聖書協会、聖書に関する年次報告発表 聖書に懐疑的な見方が増加傾向 進む二極化

米国聖書協会は最近、2014年の「聖書状況報告」を発表した。それによれば聖書を懐疑的に見る米国人の割合が増えているという。また、聖書に関する信条や社会における役割はますます二極化しているという結果となった。

2014年04月14日15時43分

米、20世紀に聖書の訳数200以上 出版社の経済的動機だとの声も

聖書は教会の礼拝で使うものと思われがちだが、教会にある聖書より、家庭やホテルなどにある聖書の方が多いだろう。ギデオン協会の聖書は、全世界のホテルに15億冊置かれている。

2010年10月25日22時36分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース