米教会、1カ月で9割超がオンライン礼拝に移行 イースターもデジタルに

2020年4月11日16時24分 印刷
+米教会、3月中に9割超がオンライン礼拝に移行 イースターもデジタルに
※写真はイメージです。(写真:Joshua Hanson)

2つのキリスト教調査機関によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の教会では、93パーセントが礼拝をオンラインのみで行っていることが分かった。大多数の教会がイースターも同様にオンラインで祝う見込みだ。

米ライフウェイ・リサーチの調査(英語)によると、3月の第1日曜日である3月1日時点では、99パーセントの教会が会堂で礼拝を行っていたが、第5日曜日の3月29日時点では7パーセントにまで激減した。

ライフウェイ・リサーチのスコット・マコーネル所長は次のように述べている。

「地元の教会で礼拝を行うことはキリストの御体の基本的な行為ですが、命を重んじ、他者を愛することも同様です。(新型コロナウイルスの)緩和策ガイダンスがまず初めに大きな教会に影響を与えたことで、礼拝出席者が200人を超える教会の大多数は、3月15日までには集会を取りやめていました。さらにガイダンスが変更されたことで、3月22日時点で集会を行っていた(200人以上が礼拝に参加する)教会はわずか1パーセントとなりました」

また、米バーナ・グループの調査(英語)によると、今週末にイースターを迎えるに当たり、58パーセントの牧師はデジタル形式の礼拝を行う予定だと回答した。そのうち、45パーセントは礼拝をインターネットでライブ配信する計画で、13パーセントはイースターの説教を録音して会衆に送信するとしている。

一方、20パーセントの牧師は調査が行われた時点(3月24~30日)で、まだ計画を立てていないと回答。10パーセントは屋外で礼拝を行い、5パーセントは別のユニークな方法で集会を行いたいとし、2パーセントは今回も通常通りに集会を行うと回答した。また、5パーセントは当面イースター礼拝を延期する予定だという。

米大型教会「ライフ・チャーチ」の牧師で、世界最大の聖書アプリ「ユーバージョン」の開発者でもあるボビー・グリューネワルト氏は、バーナ・グループが新型コロナウイルスを受けて作成した教会向けサービス「チャーチ・パルス・ウイークリー」の放送で次のように話した。

「牧師であるあなたが何らかの方法で(イースター・メッセージを)語ったり、伝えたりするのであれば、最善を尽くして牧師らしさをメッセージに込めることが重要だと思います。そして、ある程度のレベルで(メッセージだけでなく賛美などの)礼拝(的要素)も組み込むことがきたら素晴らしいです。建物の中で行ってきたのと同じタイプのイースターである必要はありません。今は誰もが比較的寛容になっていますから、私だったらどのような形であれ、イースター向けに作成するものの中にある程度の礼拝的な側面を組み込むでしょう」

グリューネワルト氏は、小規模な教会に対しても「何らかの動画を作成する」よう勧めた。時間さえあれば、スマートフォンでも優れた動画を録画できるからだ。

米教会、1カ月で9割超がオンライン礼拝に移行 イースターもデジタルに
米国のプロテスタントの牧師に、3月の各週末に直接参加型の礼拝を行ったかどうかを尋ねたアンケート調査の結果。3月1日は99%だったのに対し、3月29日には7%まで減少した。(図:ライフウェイ・リサーチ、一部変更)

ライブ配信をしたことのない教会は、今、そのための整えを受けている。

米国のプロテスタント教会の41パーセントは昨年秋の時点で、自教会の信徒に動画コンテンツをまったく提供していなかった。しかし今年3月、教会指導者の92パーセントが説教動画やオンライン礼拝を利用可能にしていることがライフウェイ・リサーチの調査で分かった。

「動画コンテンツの急速な普及は、直接参加型の集会の中止と同じくらい突発的です」とマコーネル氏は語った。「ストリーミングや動画の提供を考えもしなかった教会が、瞬く間にそれを実行しました。そういった教会の牧師たちはこの試練の中、オンラインで信徒とつながったり、オンラインで霊的指導を与えたりせざるを得ませんでした」

信徒たちも、この危機に対応して必要な人々に助けの手を差し伸べている。

ライフウェイ・リサーチの調査によると、具体的な必要のために信者たちが互いに助け合っていると、牧師の87パーセントが証言している。また、新型コロナウイルス関連で信徒たちが近隣住民の必要を満たすのを牧師の59パーセントが目撃している。そして、この状況の中で少なくとも信徒の一人が誰かに福音を伝えることができたと、牧師の半数以上が話している。

一方、新型コロナウイルスによる規制は、信徒たちの収入にも影を落としている。その結果、献金額が減少したことを牧師の半数が認めている。しかしこれは、多くの教会がオンライン献金をためらっていることにも一因があるとみられている。

米ジョンズ・ホプキンス大学によると、11日までに、新型コロナウイルスの感染者は世界で約170万人まで増え、死者は10万人を超えた。このうち、米国の感染者は約50万人で、死者は約9千人に上っている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース