ライフウェイ・リサーチ

伝統的な賛美歌、米教会で依然根強い人気

伝統的な賛美歌、米教会で依然根強い人気

この20年余りの現代キリスト教音楽(CCM)の目覚ましい台頭とは裏腹に、米国の教会では、伝統的な賛美歌が依然として重要な位置を占めていることが、米ライフウェイ・リサーチによる最新の調査で判明した。

2019年09月09日16時42分

米国のクリスチャン、「関係作り」は得意 「弟子作り」は苦手

米国のクリスチャン、「関係作り」は得意 「弟子作り」は苦手

米ライフウェイ・リサーチの最近の調査で、多くの米国人クリスチャンは、教会における人間関係作りはうまくいっているが、他の信者が信仰的に成長するのを助けるためにあまり時間を使っていないことが明らかになった。

2019年05月22日7時09分

2019年のレント、始まる 知っておきたい5つのこと

2019年のレント、始まる 知っておきたい5つのこと

今年もレントが始まった。レントは「灰の水曜日」に始まり、イースター(復活祭)で終わるキリスト教の教会暦に基づく期間だ。日本では、カトリックは「四旬節」、聖公会は「大斎節」、プロテスタントの一部の教派は「受難節」などと、呼び方はさまざま。

2019年03月06日22時13分

教会はツイッターよりもフェイスブック派 オンライン献金の利用率は教会規模で差 米国

教会はツイッターよりもフェイスブック派 オンライン献金の利用率は教会規模で差 米国

米ライフウェイ・リサーチの最新の調査結果(英語)によると、米国のほとんどの教会は、フェイスブックを使って教会員とやりとりしたり、外部の人に伝道したりする一方、ツイッターを使う教会はわずかであることが分かった。

2018年01月25日17時42分

福音派の4割、医師による自殺ほう助は「倫理的に容認できる」 米調査

福音派の4割、医師による自殺ほう助は「倫理的に容認できる」 米調査

米国の福音派信者の10人に4人が、医師による末期患者の安楽死や自殺ほう助を肯定的に考えていることが、ライフウェイ・リサーチの調査で分かった。一方、四肢まひ患者の活動家は、末期症状の定義緩和が現実離れした話ではなくなってきているとして、懸念を示した。

2016年12月18日23時55分

リチャード・ドーキンスのような攻撃的な無神論者にも神の霊は宿るのか?

リチャード・ドーキンスのような攻撃的な無神論者にも神の霊は宿るのか?(動画あり)

聖霊は人格的存在(personal being)かそれとも何かしらの力(force)なのか。神学者ジャック・レビソン教授は、聖霊はその両方であり、またそれ以上の存在だと述べている。米国人の神学に関する意識調査によると、聖霊について意見の相違があることが明らかとなった。

2015年02月01日8時48分

教会の説教はビデオより生で 最新の調査結果

教会の説教はビデオより生で 最新の調査結果

最近の調査によると、多くのマルチサイト教会がテクノロジーを便利に活用しているが、その一方で、アメリカ人の大半は、インターネットのライブストリーミングやビデオで説教を聴くよりも、実際に教会に行って直接牧師が説教するのを聴く方が好きだという。

2014年01月14日6時38分

精神的支え、牧師にも必要

宣教団体「デザイアリングゴッド(DesiringGod)」のマーシャル・セガール氏は、牧師はキリスト教会に訪れる人々の感情的、精神的な必要性のために長時間働いている一方、牧師自身の個人的な必要性からは解放されていないと述べている。

2014年01月04日7時15分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース