伝統的な賛美歌、米教会で依然根強い人気

2019年9月9日16時42分 印刷
+伝統的な賛美歌、米教会で依然根強い人気
(写真:Zack Smith)

この20年余りの現代キリスト教音楽(CCM)の目覚ましい台頭とは裏腹に、米国の教会では、伝統的な賛美歌が依然として重要な位置を占めていることが、米ライフウェイ・リサーチによる最新の調査(英語)で判明した。

西洋諸国の多くの教会ではCCMが流行しているが、ライフウェイ・リサーチが、全米のプロテスタント教会の牧師千人を対象に調査したところ、伝統的な賛美歌を用い続けている教会が大勢を占めていることが分かった。

調査に応じた牧師の3分の2(69%)が、伝統的な賛美歌を礼拝で定期的に用いていると答え、礼拝の賛美でピアノを用いる(79%)ことに次いで2番目に多い回答となった。

ライフウェイ・リサーチのスコット・マコーネル所長は、「印刷した本と同じで、賛美歌は時代遅れなどではありません。個人やグループが毎週、教会の賛美を導いています」と言う。

また教会において賛美は、牧師と賛美チーム、そして会衆の間でほとんど対立のない領域であることも判明した。

賛美の好みの違いが教会における最大の問題だと答えた牧師は、全体の15%しかいなかった。また賛美の形式が変わった場合、別の教会に行くと答えた信者も5%しかいなかった。

この他、多くの教会には賛美リーダーや賛美チームが存在するが、毎週日曜日に歌われる賛美には、牧師が一役買っていることも分かった。牧師の71%が賛美の準備に関わっていると答えた。

大半の牧師と賛美リーダーの間に健全な協力関係があることも、調査は指摘している。牧師の92%は、牧師と賛美リーダーの間には互いに対する尊重があると答えた。

一方、礼拝の賛美で用いられる楽器を見てみると、かつては全米の多くの教会がオルガンを用いていたが、現在ではピアノを用いる割合の方が高くなっている。4分の3の牧師(79%)が、賛美でピアノを用いていると答えた一方、オルガンを用いると答えた牧師は半数を下回った(47%)。一方、ペンテコステ派の場合、教会に賛美用のバンドがある割合が82%と非常に高いことが分かった。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース