日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ

2019年5月10日16時40分 印刷
+日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ
東京基督教大学の国際宣教センター内に設置されている日本宣教リサーチ(JMR)が発表した「JMR調査レポート(2018年版)」

東京基督教大学(千葉県印西市)の国際宣教センター内に設置されている日本宣教リサーチ(JMR)は8日、日本のキリスト教界の教勢統計などをまとめた「JMR調査レポート(2018年版)」を発表した。それによると、17年度の日本のキリスト教信者数の概数は105万人で、対人口比で0・83%だった。前年度と比較すると、対人口比は0・82%から0・01%上昇したが、信者数の概数自体に変化はなく、「2010年度以降、カトリック、オーソドックス、プロテスタントとも減少傾向に陥っていることには変わりはない」としている。

教派別では、カトリックが44万人(対人口比0・35%)、オーソドックスが1万人(同0・01%)、プロテスタントが60万人(同0・47%)。教会数の概数はそれぞれ、970、70、8000で、日本には約9040のキリスト教会が存在することになる。教師数(聖職者数)は約1万700人だった。

このうちプロテスタント(聖公会を含む)については、教団別の統計が出ている。教会員数は、日本基督教団(16万7千人)が最も多く、2位が日本聖公会(4万8千人)、3位が日本バプテスト連盟(3万4千人)、4位が日本福音ルーテル教会(2万2千人)、5位が日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団(1万2千人)だった。

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ
日本のキリスト教界の教勢(2017年度)(データ:JMR調査レポート〔2018年版〕)

一方、教会員数に対する礼拝者数の割合で見ると、上記5教団では、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団(98%)が最も高く、次いで日本バプテスト連盟(36%)、日本基督教団(30%)、日本福音ルーテル教会(16%)、日本聖公会(15%)の順になる。また上記5教団以外も含めると、礼拝者数による順は、1位が日本基督教団(5万人)、2位が日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団(1万2千人)、3位が日本バプテスト連盟(同)、4位が日本同盟基督教団(1万1千人)、5位が日本福音キリスト教会連合(8千人)だった。

プロテスタントの教団を11グループに分類した統計では、「改革・長老系」を除いて、すべてのグループで教会員数が減少した。特に「ウェスレアン・ホーリネス系」(前年比2800人減)、「エキュメニカル」(同2700人減)、「単立教会、無教派、無教会」(同1400人減)で減少が目立ち、全体では約9200人減少した。礼拝者数も「改革・長老系」と「バプテスト・メノナイト系」を除いたグループすべてで減少し、全体では約3900人の減少。教会数も全体で57減少した。

世界の宗教人口については、『ブリタニカ国際年鑑』を基に1995年度と2017年度の比較が行われている。この20年余りで、キリスト教人口は19億3千万人から24億5千万人に増加したが(伸長率127%)、人口に占める割合は33・7%から32・9%(同97・7%)に減少した。一方で、イスラム教人口は11億人から17億5千万人に増加し(伸長率159・3%)、人口に占める割合も19・2%から23・6%(同109・8)に増えた。

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ
教会員数に基づく日本のプロテスタント上位10教団(単立教会〔独立系〕は除く)。ただし、日本キリスト教会、日本福音キリスト教会連合の礼拝者数は、前年度または過去のデータからの推定値。(データ:JMR調査レポート〔2018年版〕)

2017年度の世界のキリスト教人口のうち、教派別ではカトリックが12億4千万人(50・7%)で半数を占め、プロテスタントが5億5千万人(22・6%)、東方正教会(オーソドックス)が2億8千万人(11・6%)、その他が3億7千万人(15・1%)だった。

JMRは、30年以上にわたって日本の教会に関する情報を提供してきた教会インフォメーションサービス(CIS)の働きを継承する形で2014年に発足した。JMR調査レポートは、毎年公表される種々の統計を取りまとめ、「日本宣教を考える上での客観的なデータの提供」を目的とした報告書。日本のキリスト教界の教勢に関するデータは、『キリスト教年鑑』『日本カトリック司教協議会イヤーブック』『クリスチャン情報ブック』のほか、各教団発行の資料などを基にしており、「このような調査を行うことによって、日本宣教のパラダイム転換に少しでも寄与していければと願っています」としている。

JMR調査レポート(2018年版)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

北米トヨタ副社長らがメッセージ、国家朝餐祈祷会で祈り会とビジネス信徒セミナー

「教会の役割は大きい」 ジーザス・ジューン・フェスティバルで「がん哲学外来」の樋野興夫氏が講演

華僑への伝道に携わって 荘明義・横浜華僑基督教会長老

次世代、青年層への伝道に関して思うこと 万代栄嗣・日本福音宣教会松山福音センター主任牧師

過去最多14カ国の駐日大使らが出席、国の指導者と世界の平和のため祈る 第19回国家朝餐祈祷会

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(1)3度目の差し入れで読んだ聖書 「最初の一節で確信した」

50カ国以上で実践される聖書を正確に読み取る学び方 IBS講師が来日セミナー

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング