アメリカ

米教会、再開後約30人がコロナ感染 再びオンライン礼拝に切り替え

米教会、対面礼拝再開後約30人がコロナ感染 再びオンライン礼拝のみに

約2カ月間の閉鎖後、対面式の礼拝を再開していた米南部アラバマ州の教会で、30人近くが新型コロナウイルスに感染している可能性があることが分かり、教会は1日、対面式の礼拝を全面的に中止し、再びオンライン礼拝のみを行う措置を取ることを発表した。

2020年07月04日21時41分

ドナルド・トランプ

トランプ米大統領、白人福音派の支持率減少も依然7割超

米世論調査機関「ピュー研究所」は1日、ドナルド・トランプ米大統領に関する最新の世論調査の結果を発表した。それによると、支持基盤とされる白人福音派の支持率は4月と比べ6ポイント減少したが、依然72%と高い支持率を維持していることが分かった。

2020年07月01日23時55分

米福音派神学者らが共同声明 人種差別は「聖書に反する」 150人以上が署名

世界宣教祈祷課題(7月1日):米国

去る5月25日、ミネソタ州ミネアポリス市在住のアフリカ系米国人男性のジョージ・フロイド氏が、地元市警察によって逮捕拘束される際、白人警官による過剰な暴行を受けたとして死亡した事件に端を発し、人種問題が噴出した。

2020年07月01日11時01分

米長老教会、先住民出身の女性を共同議長に選出 教団史上初

米長老教会、先住民出身の女性を共同議長に選出 教団史上初

米最大の長老派教団であるアメリカ合衆国長老教会(PCUSA)は27日、オンラインで開催した総会で、ネイティブアメリカン(先住民)の女性と黒人の男性牧師を共同議長に選出した。先住民出身者が共同議長に選ばれるのはこれが初めて。

2020年06月29日13時57分

「父の日」の起源と由来、教会で生まれ今年110年

「父の日」の起源と由来、教会で生まれ今年110年

6月第3日曜日に祝われる「父の日」。5月第2日曜日の「母の日」と並び、日本では広く定着した記念日となっている。今年は、米国で最初の「父の日」が祝われてからちょうど110年。今年の「父の日」である6月21日を前に、その起源と由来を振り返る。

2020年06月19日16時47分

不法侵入の白人追い払った黒人牧師、警察呼ぶも誤認逮捕される

不法侵入の白人5人を追い払った黒人牧師、警察呼ぶも誤認逮捕される

米東部バージニア州で、所有地に不法侵入した白人の男女5人を、黒人牧師が所持していた拳銃を取り出して追い払った上、警察に通報したところ、不法侵入者ではなく牧師が逮捕されるという事件があった。牧師はすでに釈放されており、警察側が謝罪した。

2020年06月17日20時43分

信仰の自由:世界人口の75パーセントが制限受ける 米国務省が報告書

中国、ナイジェリアなどで宗教迫害続く 米国務省「信仰の自由に関する国際報告書」

米国務省は10日、「信仰の自由に関する国際報告書」(2019年版)を発表した。マイク・ポンペオ国務長官らは、中国やナイジェリアなどでは宗教者に対する迫害が継続していると指摘。イランや中米のニカラグアでも信教の自由が侵害されていると語った。

2020年06月17日7時54分

米南部バプ連、初の黒人理事長誕生の見通し 実現すれば175年で初

米南部バプ連、初の黒人理事長誕生の見通し 実現すれば175年で初

米プロテスタント最大教派の南部バプテスト連盟(SBC)で、初の黒人理事長が誕生する可能性が出てきた。SBCは1845年、奴隷制度に関する意見の対立で分裂したバプテスト派教会により形成された歴史があり、実現すれば175年の歴史で初となる。

2020年06月13日23時51分

ジョージ・フロイドさんの事件現場で毎日礼拝、洗礼も

ジョージ・フロイドさんの事件現場で毎日礼拝、洗礼も

米黒人男性のジョージ・フロイドさん(46)が白人警官に首を圧迫され死亡した事件現場で、野外礼拝が毎日行われ、多くの人が福音を聞く機会にあずかっている。ある人は希望を見いだし、ある青年は献身を決め、その場で洗礼を受ける人たちも出ている。

2020年06月12日22時50分

「黒人のモーセ」と呼ばれた元奴隷女性の半生 歴史と信仰が見事にシンクロした伝記映画「ハリエット」

「黒人のモーセ」と呼ばれた元奴隷女性の半生 歴史と信仰が見事にシンクロした伝記映画「ハリエット」

映画のタイトル「ハリエット」とは、米国の新20ドル紙幣に肖像が採用された元奴隷のアフリカ系米国人女性、ハリエット・タブマンのことである。米国では「最も有名な人物トップ10」で第9位に選ばれる、伝説的な超有名人の一人である。

2020年06月11日17時52分

ティム・ケラー牧師、退任を発表 リディーマー長老教会は3教会に分割へ

米リディーマー長老教会創設者のティム・ケラー牧師、すい臓がんを告白

米ニューヨークのリディーマー長老教会創設者で、著名な執筆家でもあるティム・ケラー牧師(69)が7日、すい臓がんと診断されたことを自身のツイッターで明らかにした。

2020年06月09日0時05分

【書評】渡辺靖著『白人ナショナリズム』 米黒人死亡事件の最中に読むべき最適の一冊

【書評】渡辺靖著『白人ナショナリズム』 米黒人死亡事件の最中に読むべき最適の一冊

米国が揺れている。新型コロナウイルスで世界最悪の感染者と死者を出し、さらに5月25日に発生した白人警官による黒人男性の窒息死で、さらなる混乱と混迷が深まっている。そんな最中に読むべき最適の一冊が本書『白人ナショナリズム』である。

2020年06月08日13時19分

米黒人死亡事件、警官がデモ隊と共に祈る 「これまで以上の祈りが必要」

米黒人死亡事件、警官がデモ隊と共に祈る 「これまで以上の祈りが必要」

米ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を押さえ付けられ死亡した事件を発端に、全米各地で抗議活動が行われる中、ニューヨークのクイーンズでは5月31日、警官がデモ参加者たちと共に片膝をついて祈る光景が見られた。

2020年06月04日23時55分

米国のために祈りを! 米国の宿痾である「人種」をめぐる問題

米国のために祈りを! 米国の宿痾である「人種」をめぐる問題

5月25日、米中西部ミネソタ州ミネアポリスにおいて、アフリカ系米国人(以下、あえて「黒人」と記す)のジョージ・フロイドさん(46)が白人警官に取り押さえられ、しかも8分以上にわたって首を圧迫され続けたことで死亡した。

2020年06月04日22時11分

コロナ時代のネット伝道、説教に求められる「脱教会用語」

コロナ時代のネット伝道、説教に求められる「脱教会用語」

新型コロナウイルスの広がりにより、多くの教会がオンライン礼拝に切り替える中、米国の宣教学者は、教会外の人々により良く伝道するため、教会はいわゆる「教会用語」を避け、より未信者を意識したメッセージを伝える必要があると指摘する。

2020年05月29日22時59分

SNS時代だからこそ生まれる新たな「絆」 竜巻被害に遭った米ナッシュビルと大阪の教会の交流

SNS時代だからこそ生まれる新たな「絆」 竜巻被害に遭った米ナッシュビルと大阪の教会の交流

筆者の連載コラム「ナッシュビルからの愛に触れられて」で、米ナッシュビルを襲った竜巻被害のことをお伝えした。この支援募金に多くの方が賛同くださり、計250万円を超える寄付が与えられた。まず、おささげくださった方々に心から御礼申し上げたい。

2020年05月29日10時52分

コロナパンデミックで世界が変わる 米ニューヨークで感染経験の打木希瑶子さん

コロナパンデミックで世界が変わる 米ニューヨークで感染経験の打木希瑶子さん

私がフェイスブックにニューヨークにおける新型コロナウイルスの被害について投稿したのは3月27日。この投稿は国内外を問わず多くの反響があり、教会の礼拝や新聞でも紹介され、フェイスブックでは千人以上の人たちにシェアされました。

2020年05月20日11時34分

米ニューヨークの2教会、新型コロナで信徒計100人超が死去

米ニューヨークの2教会、新型コロナで信徒計100人超が死去

米ニューヨークの中南米系住民が集う2つの教会で多数の信徒が新型コロナウイルスに感染し、計100人以上が命を落とした。1つは、マンハッタンのミッドタウンにある聖ペテロ教会で、信徒約400人のうち40人近くが亡くなった。

2020年05月18日10時18分

コロナ禍に見る福音派の対応(3)―歴史的に見る「国家と教会の相克」―米国建国から現代―

コロナ禍に見る福音派の対応(3)歴史的に見る「国家と教会の相克」―米国建国から現代―

「新型コロナウイルスの話だと言っていたのに、いつの間にかキリスト教史にすり替わってる?」という声が聞こえてきそうだが、安心してもらいたい。最後はちゃんと「コロナ禍に見る福音派の対応」に着地するはず(と願いたい)。

2020年05月17日7時50分

コロナ禍に見る福音派の対応(1)「福音派は無神経」という声に回答する

コロナ禍に見る福音派の対応(1)「福音派は無神経」という声に回答する

米国の福音派の動向について、国を挙げて新型コロナウイルスに立ち向かうべきなのに、それに反対、もしくはまったく意に介さず礼拝堂に集まり続けている、という記事がシェアされているのを目にする。またそれに対する非難のコメントも散見できる。

2020年05月14日17時30分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース