米聖書協会、「聖書状況報告2015年」発表

2015年4月21日12時02分 印刷

【CJC=東京】米国聖書協会が「聖書状況報告2015年」を7日、発表した。調査機関「バーナ・グループ」と提携して、世界の聖書訳出状況を調べたもの。

調査の結果、全世界ではまだ聖書が不足している現状を、米国人が意識していないことが明らかになった。世界で現在使用されている言語に聖書がすでに訳出されていると、3分の2近くが思っていることも判明した。

人々が聖書を手に取れるのだと思い込んでいる米国人が98%いた。それなのに、聖書訳出がまだまだ不十分なのが実態だ。今日、世界中で使われている言語は7000近いが、「聖書全巻」や少なくともいずれかの部分訳が完成している言語は半分以下なのだ。実質的に使われている言語の26%に訳出された聖書があるだけで、31%には訳出されていない。

それに比べると、米国人は「神の言」の豊富さに恵まれている。一般家庭には平均4冊の聖書がある。少なくとも1冊ある家庭は9割に及んでいる。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース