ビリー・グラハムの伝道伝説、ネット時代でも イエス受け入れた人500万人達成

2014年11月22日20時01分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+ビリー・グラハムの伝道伝説、ネット時代でも イエス受け入れた人500万人達成
2014年10月の1カ月間だけでも、イラクの4万5千人、シリアの3万4千人、サウジアラビアの3万3千人の人々がビリー・グラハム伝道協会(BGEA)の伝道用サイト「PeaceWithGod.net」を通じて福音に触れた。(写真:BGEA / PeaceWithGod.net)

ビリー・グラハム伝道協会(BGEA)のインターネット伝道の働き「サーチ・フォー・ジーザス(Search for Jesus)」は18日、伝道用サイト「PeaceWithGod.net」を通じて、イエスを救い主と受け入れたと表明した人が、先週末に500万人を超えたと発表した。

「このことは、現在とりうる最も先進的な技術力をもってして、人々のところにイエスにある希望を携えて訪れるというビリー・グラハム氏の伝説を追うことができるという点で意義深いです」と、同協会のインターネット伝道担当ディレクターであるジョン・キャス氏は述べている。「インターネットは、地の果てまで出向く機会を与えてくれたのです」

サーチ・フォー・ジーザスは、聖書の言葉と心に訴える映像によるプレゼンテーションで、ウェブサイトを訪れた人々に福音を伝える働きをしており、2011年5月に創設された。

1日当たり2万人を超える人が、この伝道用サイトで福音のプレゼンテーションを観ているという。「何十年もの間、私たちは人々のいるところ全てに行き、ビリー・グラハム氏、フランクリン・グラハム氏、ウィル・グラハム氏が福音を宣べ伝えられるように働いてきました」とキャス氏。「私たちはこの(インターネット伝道の)働きを、毎日満席のアリーナでメッセージを聴きに来た人を出迎えるようなものと見ています。ただ違うのは、観客がロシアやサウジアラビアなど、通常では私たちが行けない場所にいる点です」

同協会によると、たとえば、2014年10月の1カ月間だけでも、イラクの4万5千人、シリアの3万4千人、サウジアラビアの3万3千人が「PeaceWithGod.net」を通じてイエス・キリストの良い知らせに触れた。

キャス氏によると、この働きの目的であり、また同時に困難であった点は、キリストを受け入れると決断した人々を、オンラインからオフラインの学びに導くことだった。このために、このミニストリーはサイトを訪れた人や他の必要、質問がある人とライブチャットができる、訓練されたボランティアによる広大なネットワークを作り上げた。そして新しく信じた人をフォローアップするための資料を作成し、新しい信仰によって成長できるよう、各地域で教会を見つけるための手助けを活発に行っている。

サーチ・フォー・ジーザスの働きはまだ始まって数年だが、同協会で長年続けられている他の伝道と相互に作用し、フランクリン・グラハム・フェスティバルや、ビリー・グラハム氏の「My Hope(私の希望)」といった他の働きと連動している。

「この働きを通じてキリストを受け入れる決心をした人が500万人に達したことを祝い、神をほめたたえます。しかし、これはただ数字上のことではないということを、私たちは理解しています」とキャス氏。「最初の1人からこの500万人目の人まで、私たちのウェブサイトで福音のメッセージに応答した一人ひとりは皆、誰かの息子、娘、そして母親、父親なのです。一人ひとりのために誰かが神に祈っており、一人ひとりが皆神に愛されているのです」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース