自分のできることでニーズに応える 教会ホームページ制作の「工房ヒラム」

2015年3月4日11時04分 記者 : 竹村恭一 印刷
+自分のできることでニーズに応える 教会ホームページ制作の「工房ヒラム」
教会やキリスト教団体のホームページ制作に携わっている「工房ヒラム」では、「誰もが発信に参加できる」ホームページの制作を行っている。

現代社会ではさまざまなことがインターネット上で行える。ショッピングはもとより、調べ物や連絡のやり取り、広告やPRなどもインターネット上で盛んに行われている。それは教会も同じで、今ではほとんどの教会がなんらかの形でインターネットを利用しているはずだ。インターネットで教会を紹介する上で最もスタンダードなのが、教会のホームページを作ることかもしれない。教会やキリスト教団体のホームページ制作に携わる「工房ヒラム」の責任者・小牧由香さんに話を聞いた。

聖書にはヒラムという名の人物が2人登場する。一人が港湾都市ティルス(現在のレバノン)の王。もう一人が同じくティルス出身の青銅器職人。この2人は共にイスラエルの王、ソロモンが初めて神殿を建てるときに、外国人でありながら重要なポジションで関わった人物である。王のヒラムは材料になる膨大な量の木材を調達し、ソロモンに送った。一方の青銅器職人のヒラムは、神殿の青銅器具を打った職人だ。この工房の名前の由来になったのは後者のヒラムだそうだ。

「異邦人でありながら神様の御用のためにわざわざ呼び出される、そういう働きができればと思った」と小牧さん。青銅器職人ヒラムは現代でいうディレクターのような立場だったと言い、「神殿建設の現場では、イスラエルの神様を信じていない人もいて、彼らをリードする必要もあったし、もの作りに対してもひたむきで、相手が王様であっても職人として意見するような頑固さやこだわりを持っているところが、カッコいいなあと思いました」と、名前の由来となったヒラムの魅力を語る。

彼女がホームページの制作を開始したのは2001年。システムエンジニア(SE)の経験があった小牧さんは、洗礼を受けたあと、教会の奉仕でホームページの制作を任された。独学で真心込めて作ったホームページだったが、しばらくして、技術的にもデザイン的にも「これじゃダメだ」と思うようになったという。「最初は『初めてやったにしてはよくやった方でしょ?』と思っていましたが、クオリティーの低さが悔しかった。それがきっかけで学び続けたら、どんどん楽しくなっていったんです」と当時を振り返る。

ホームページ自体のクオリティーは改善したものの、次にぶつかった壁は「作っても更新は自分しかできない」ということだった。「ホームページは、教会の組織と連動して色んな人が関わっていくことが大切だと考えるようになりました」と小牧さん。「同時に複数体制で運用できるように、新しい技術を取り入れることが必要だと気付きました」と語る。

そんな彼女が新たに導入したのは、コンテンツ・マネージメント・システム(CMS)。ホームページに関する技術的な知識がなくても、テキストや画像などを用意できれば、誰でも情報発信に参加できる方法に切り替えた。またデータはインターネットのサーバー上に置き、どんな場所からでもホームページを更新できるようにして、複数体制で更新できるようにした。

これは当時のホームページ制作現場では、企業などでしか取り入れられていなかった方法だという。頻繁に更新され、新しい情報が増えていく教会のホームページは異彩を放ち、他の教会からも問い合わせが来るようになった。最初は「手伝う」というスタンスで関わったが、「ヒラムのように、呼ばれた場所でちゃんと取り組むべき」と考えるようになり、2009年頃から「工房ヒラム」として活動を本格的にスタートした。

5年経った現在、「工房ヒラム」は月に2~3の顧客を抱えている。「現代はフェイスブックやツイッターなど、ネット上に多くの人の注意が集まっています。であれば、例えば田んぼに看板を立てるより、人がたくさんいる場所に広告を出した方がいいように、インターネットの中にも看板を立てるといいですよね。若い人は、特にスマホで情報を得ますから、ホームページは強力な伝道ツールですよね」とこの分野の重要性を語る。

「新しい技術に対して、消極的になってしまう気持ちはありますが、イエス様は人々に教えるとき、伝えるために最も効果的な場所や方法を選んでおられたように思うのです」と小牧さんは言う。「自分たちが慣れ親しんできたやり方を悪いというのではなく、今一番伝わりやすいのはどんな方法かということを求め続け、時代のニーズに応えていくことが大切だと思うのです」

一方、ホームページを作ることは、教会の新しい「発信ツール」を作ることだけにとどまらない。小牧さんは、「ホームページを作ることは、教会がどういう伝道をやっていこうかと、あらためて考えるきっかけとなりますし、私も現状を知ったり、問題点に気づかされたりする良い機会になっています」と言う。

これまでに制作したホームページの数は、教会やキリスト教団体だけでも80件を超える。ホームページを運営する上で必要となるサーバーやドメインの契約、またホームページの管理作業も行っている。予算がない小規模な教会には、無料・格安のホームページサービスの紹介も。詳細は「工房ヒラム」のホームページで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(1)3度目の差し入れで読んだ聖書 「最初の一節で確信した」

50カ国以上で実践される聖書を正確に読み取る学び方 IBS講師が来日セミナー

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ

「いつまでも残るものを」 第57回首都圏イースター、関根弘興牧師がメッセージ

6月の国家朝餐祈祷会、500人の参加目指す 日本CBMC総会

日本聖書協会、新総主事に具志堅聖氏 AVACOと合併

「主のためにもっと用いられたら」 千葉県木更津市の祈祷院が祈りの応援団を募集

台湾に押し寄せるリバイバルの波 注目の「幸福小組」 提唱教会では1年に千人超が受洗

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング