【インタビュー】ネットでつながろう! 福音伝えるインターネットラジオ「この指ドラマネット」ディレクター・小川政弘さん

2015年2月10日10時44分 記者 : 坂本直子 印刷
+ネットでつながろう!インターネットラジオ『この指とまれ』
ディレクターの小川政弘さん。小川さんは、放送伝道のほかにも、「聖書で読み解く映画カフェ」で、映画をとおしての福音伝道も行っている。

インターネット放送伝道サイト「この指ドラマネット」には、オーディオドラマを中心とした元気になれるさまざまなオーディオコンテンツが、ぎっしり詰まっている。

番組に自らも出演しているディレクターの小川政弘さん(東京中央バプテスト教会会員)は、心地よく響く低音ボイスの持ち主だ。もともと俳優志望で、若い頃は劇団にも所属していた。しかし、練習が日曜日と重なり、なかなか日曜礼拝を守れず、「もし神様が将来このタラントを用いるおつもりなら、その道も備えてくださるだろう」と信じて演劇の道を断念した。

こうして一度神に委ねたタラントが再び用いられる機会が与えられたのは、今から40年前。1975年に、ラジオ福音放送『この指とまれ』が始まった時だった。ドラマを中心とした番組を作ろうということで、演劇の経験がある小川さんに白羽の矢が立った。この番組は、日本バプテスト教会連合のラジオ放送伝道として始まり、1980年5月からは、KTWR短波放送『この指とまれ』として2000年まで続いた。その後、短波放送を離れ、超教派の有志による「福音ネット伝道協力会(FNDK)」として、インターネットの放送伝道へと移行することになった。

長年親しんできた短波放送からインターネットの世界に移行することについて、小川さんに不安はなかったという。『この指とまれ』のメンバーの中に、自分でホームページを作成できるほどITに強いメンバーがいたこと、そして何よりも、「メディアがどう変わろうとも放送伝道の道は消されない」と、これまでの道を備えてくださった神への信頼があったという。最初は「福音ネット」というサイトを作り活動を始めたが、その後新たに現在の「この指ドラマネット」を立ち上げ、より聞きやすく、楽しめるサイトとなった。

〈この指ドラマ館〉〈イエスに出会った人々〉〈朗読の部屋〉〈解き放たれた人生!〉が、「この指ドラマネット」の4大コンテンツ。オリジナルのオーディオドラマを提供する〈この指ドラマ館〉では、小川さんとスタッフたちが、聖書をベースに脚本を作ってきた。これまで制作したドラマの数は、ラジオ放送時と合わせると300本を超えるが、現在でも年に1、2本の新作を作っているという。

ネットでつながろう!インターネットラジオ『この指とまれ』
ドラマの脚本とクリスマスシーズンに朗読した本。たくさんのメモ書きと、読み込んだ後が見られる。脚本は要望があれば、外部への貸し出しも行う。

〈イエスに出会った人々〉は、全て小川さんの書き下ろし脚本による聖書人物伝。それが一段落したら、「神を見た人々」として 旧約聖書の話も扱っていきたいと意欲は十分。ドラマのBGMは著作権フリーでそれぞれの内容に合うものをインターネットなどから探しているが、〈朗読の部屋〉のテーマ曲はスタッフのオリジナル。

「この指ドラマネット」の最大の魅力は、身近な話題を扱ったドラマと、ドラマチックな聖書の朗読だ。クリスチャンでない人も引き込まれ、聖書のみことばが自然に伝わってくる内容になっている。聖書を朗読する〈朗読の部屋〉では、聖書を同じ調子で読むのではなく、登場人物ごとに声音を変えて、感情を入れて読むようにしている。「通常のような聖書の朗読にはしたくなった。本来、聖書の言葉はもっと生き生き伝えるべき」と小川さん。全て小川さんが一人で演じ分けており、「こういったところに若いころ志した演劇の経験が生かされている」と言う。

現在スタッフは10人。最近、1組の親子がスタッフに加わった。劇団で子役をしている娘のタラントを証しのため御局で使ってもらえないかとBBN聖書放送に問い合わせたところ、「この指ドラマネット」のドラマがBBNで放送されていることもあり、紹介されたという。世界中が「ネットでつながっている」と実感する出来事だったという。

ネットでつながろう!インターネットラジオ『この指とまれ』
録音中。スタッフは全員ボランティア。プロも顔負けの演技力を披露している。

〈解き放たれた人生!〉は、もともとはシカゴのホームレス救済団体「パシフィック・ガーデン・ミッション」(PGM)が、世界各国語で制作・放送してきたノンフィクションの福音オーディオドラマの日本語版。PGMが、日本語に翻訳ができ、ドラマ化できるクリスチャングループを数年にわたって探していたところ、映画会社で翻訳の仕事をしていた小川さんと、「この指ドラマネット」のメンバーにたどり着いたのだ。

小川さんは、今後も「この指ドラマネット」の4大コンテンツをさらに充実させたいという。一方で、バトンタッチができる後継者を育てていければとも話す。

そして、「インターネットの良さは、クリック一つで世界とつながること。神様が与えてくださったこの利点を最大限有効に用いて、これからも一人でも多くの人に『この指ドラマネット』を通して福音を届けていきたい」と、放送伝道にかける揺るぎない気持ちを、静かな口調でありながらも情熱を込めて語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

インタビューの最新記事 インタビューの記事一覧ページ

大学に復学したい 難民認定求め提訴中の在日シリア難民に聞く

直前まで後藤健二さんと行動を共に マームッドさん「シリアは地球上で一番危険になってしまった」

ブライダル伝道に召しを受けて 東田啓介牧師

『宗教の社会貢献を問い直す』(2)著者インタビュー 宗教社会学者・白波瀬達也氏

【インタビュー】世界中に笑顔を広げるアーティスト・RIEさん

【インタビュー】安心できる自然の料理で人々に幸せを バスク料理店「クーリ・ルージュ」の石川資弘さん

戦争経験者に聞く戦後70年(5):特攻兵器人間魚雷「回天」隊員からイエズス会士へ 大木章次郎神父の信仰と倫理と戦争②

戦争経験者に聞く戦後70年(5):特攻兵器人間魚雷「回天」隊員からイエズス会士へ 大木章次郎神父の信仰と倫理と戦争①

戦争経験者に聞く戦後70年(4):「汝の敵を愛せ」 長崎で被爆した市原憲二郎さん

戦争経験者に聞く戦後70年(3):「命を考えることが平和への第一歩」 聖ステパノ学園理事長 小川正夫さん

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース