インド

「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」 今年はインドのために、この5年で暴力事件急増

「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」 今年はインドのために、この5年に暴力事件急増

毎年11月第1、第2日曜日は「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」(IDOP)として定められている。今年は特にインドにおける迫害が主要トピックとなっており、インドのための具体的な祈祷課題が挙げられている。

2019年11月08日15時15分

迫害がひどい50カ国発表 北朝鮮18年連続1位、インドが初のワースト10入り

迫害がひどい50カ国発表 北朝鮮18年連続1位、インドが初のワースト10入り

キリスト教迫害監視団体「米国オープン・ドアーズ」は16日までに、キリスト教徒に対する迫害がひどい上位50カ国をまとめた最新の報告書「ワールド・ウォッチ・リスト2019」を発表した。

2019年01月18日19時57分

「宣教師」の米国人男性、インド洋の孤島「北センチネル島」で殺害される

「宣教師」の米国人男性、インド洋の孤島「北センチネル島」で殺害される

「宣教師」とされる米国人男性が、インド洋のベンガル湾南部に位置するアンダマン・ニコバル諸島の孤島、北センチネル島で殺害された。殺害されたのはジョン・アレン・チャウさん(27)。一方、警察当局は「宣教師」というよりも「冒険家」だとしている。

2018年11月26日14時35分

ブーゲンビリアに魅せられて(8)伝統、文化を大切に―インド女性は常にサリー 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(8)伝統、文化を大切に―インド女性は常にサリー 福江等

写真の学生たちはインドから留学してきていた夫妻で、当時は1人の男の子を連れて学んでいました。ご覧の通り、食事の時は床に座って、男も女も足を組み、手で食べています。夫人は常にインドのサリーを身に着けています。

2018年09月30日18時10分

マザー・テレサ創設の「神の愛の宣教者会」で乳児売買か、2人逮捕 当局が全国の施設を検査へ

マザー・テレサ創設の「神の愛の宣教者会」で乳児売買か、2人逮捕 全国の施設を検査へ

マザー・テレサが創設した「神の愛の宣教者会」が運営するインドの施設で、女性職員1人と修道女1人が今月初め、乳児の売買に関わった疑いがあるとして逮捕された。事件を受けインド当局は16日、同会が運営する国内のすべての施設を検査するよう命じた。

2018年07月18日12時40分

万代栄嗣牧師、インドで野外伝道 6500人に福音語る

万代栄嗣氏、インドで野外伝道 6500人に福音語る

インド東部のアンドラプラデシュ州ジャゲイヤペットで野外伝道集会が2月23日から25日までの3夜連続で行われ、松山福音センター主任牧師の万代栄嗣(えいじ)氏が、延べ約6500人を前に福音を語った。

2018年03月02日17時03分

迫害がひどいワースト50カ国、米団体が発表 北朝鮮が17年連続で1位

迫害がひどいワースト50カ国、米団体が発表 北朝鮮が17年連続で1位

キリスト教迫害監視団体「米国オープン・ドアーズ」は10日、キリスト教徒に対する迫害がひどい上位50カ国をまとめた「ワールド・ウォッチ・リスト2018」を発表した。最も迫害がひどい国とされたのは北朝鮮で、17年連続でワースト1位となった。

2018年01月18日16時38分

クリスマス・キャロル歌っていた神学生ら32人を拘束 インド

クリスマス・キャロル歌っていた神学生ら32人を拘束 インド

インド中部マディヤプラデシュ州で14日夜、クリスマス・キャロルを歌っていたカトリック教会の神学生30人と司祭2人の計32人が拘束される事件があった。理由は、ヒンズー教徒の住民を改宗させようとしたからだという。

2017年12月20日17時11分

武装組織から解放のインド人神父「なぜ私を殺さなかったのか分からない」

過激派から解放のインド神父に「マザー・テレサ賞」

中東のイエメンで昨年、イスラム過激派に誘拐され、今年9月に解放されたインド人のトーマス(トム)・ウズナリル神父に、「マザー・テレサ賞」が授与されることが決まった。同賞を授与するハーモニー財団(インド)が2日までに明らかにした。

2017年10月16日16時42分

南インド教会が創立70周年、国内最大の合同教会 エキュメニカル運動の結実

南インド教会が創立70周年、国内最大の合同教会 エキュメニカル運動の結実

聖公会の世界共同体「アングリカン・コミュニオン(全世界聖公会)」の一員であり、インド最大の合同教会である南インド教会(CSI)が9月25日〜27日、同国南部の都市チェンナイで創立70周年の祝賀行事を行った。

2017年10月06日16時13分

武装組織から解放のインド人神父「なぜ私を殺さなかったのか分からない」

武装組織から解放のインド人神父「なぜ私を殺さなかったのか分からない」

「なぜ彼らが私を殺さなかったのか、どうして私の手を縛らなかったのか、私には分かりません」。イスラム武装組織に昨年3月に誘拐され、今月12日に解放されたインド人神父が、18カ月間にわたった試練の日々について語った。

2017年09月27日23時09分

武装組織に誘拐されていたインド人神父、1年半ぶりに解放 教皇とも面会

武装組織に誘拐されていたインド人神父、1年半ぶりに解放 教皇とも面会

武装組織に誘拐されていたインド人カトリック司祭のトーマス・ウズナリル神父が、12日までに解放された。ウズナリル神父は昨年3月、中東のイエメンで誘拐されたが、隣国オマーンに飛行機で送られたことを、オマーン政府とカトリック教会が確認した。

2017年09月15日23時58分

インド独立70周年、教会に与えられた機会

インド独立70周年、教会に与えられた機会

8月15日、インドは独立70周年を迎えた。民主主義が世界で一番輝く日である。民主主義は、このインドの地に足が着いたばかりだが、世界はインドがここまで来られたことを祝っていいであろう。

2017年08月21日16時09分

インドの村でヒンズー教に強制改宗、教会に行ったこと理由に罰金も

インドの村でヒンズー教に強制改宗、教会に行ったこと理由に罰金も

迫害監視団体「国際キリスト教コンサーン」(ICC、英語)によると、インドの複数の村で、4月の復活祭に参加するため教会に出席した多くのキリスト教徒が、ヒンズー教への改宗を余儀なくされ、多額の罰金を科せられた。

2017年06月08日18時48分

聖書さながらの事態が今も 万代栄嗣氏インド野外伝道集会レポート

聖書さながらの事態が今も 万代栄嗣氏インド野外伝道集会レポート

万代栄嗣氏(松山福音センター主任牧師)が2月23~26日の4日間、インドで野外伝道集会を開いた。23、24日に約1500人、25日に約1800人、最終日の26日は約2千人が集まった。

2017年03月24日15時39分

インドで50年活動のキリスト教NGO、政府による資金遮断で全面撤退

インドで50年活動のキリスト教NGO、政府による資金遮断で全面撤退

世界の恵まれない子どもたちを支援しているキリスト教慈善団体「コンパッション」が、15日でインドにおける全事業から撤退する。インド政府により海外からの資金調達を遮断されたためで、同団体が支援していた15万人余りの子どもたちの状況が一層悪化することになる。

2017年03月15日17時34分

インドの子ども14万5千人が経済支援失う可能性、外国寄付規制法改正で

インドの子ども14万5千人が人道支援失う可能性、外国寄付規制法改正で

子ども支援のキリッスト教NGO「コンパッション」は20日、13万人に上る支援者らに、インドにおける活動が危機に瀕(ひん)していると報告した。48年にわたりインドで活動しているコンパッションは、同国内に580人のスタッフを抱え、約14万5千人の子どもたちを支援している。

2017年01月27日11時39分

IS誘拐のインド人神父の動画公開、教皇とインド政府に解放を懇願

IS誘拐のインド人神父の動画公開、教皇とインド政府に解放を懇願

過激派組織「イスラム国」(IS)は26日、誘拐したインド人カトリック司祭、トーマス・ウズナリル神父の動画を公開した。インド政府は動画公開を受け、ウズナリル神父の解放のために必要なあらゆることを行うと約束した。

2016年12月31日22時15分

インドのクリスチャン・ジャーナリスト、キリスト教徒への大規模暴動の真相を暴露 ヒンズー右翼は沈黙

インドのクリスチャン・ジャーナリスト、キリスト教徒への大暴動の真相を暴露 ヒンズー右翼は沈黙

2008年にインド東部オリッサ州で起きたヒンズー教指導者の殺害とその反動によるキリスト教徒への大規模な暴動の真相を徹底的な調査で解明した、同国のクリスチャン・ジャーナリストによる最近の著書にヒンズー教右翼勢力は沈黙しているという。

2016年10月09日13時57分

教皇、2017年中にインドとバングラデシュ訪問へ

教皇フランシスコは2日、来年中にインドとバングラデシュを訪問するとの予定を発表した。ジョージア(グルジア)、アゼルバイジャン歴訪からの帰路、特別機中で、来年の外遊予定を問う同行記者団の質問に答えた。

2016年10月05日11時40分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース