インド

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

南インド教会(CSI)マドラス教区の「元気に満ちた」クリスマスの祝祭は、議長が洪水の被災者救援に焦点を絞るよう呼び掛けたことで中止となった。しかし、パキスタン教会ペシャワール教区では、治安状況の改善でクリスマスのにぎわいが2年ぶりに復活するという。

2015年12月18日21時59分

インド南部の洪水で教会組織が被災者支援 娘が被災した牧師も

インド南部の洪水で教会組織が被災者支援 娘が被災した牧師も

インド南部で起きた大規模な洪水。パリで国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に参加中のクリストファー・ラジクマール氏(インド教会協議会正義と平和・被造世界委員会担当幹事)は、「チェンナイの洪水のことが心配だ」と語った。

2015年12月08日22時58分

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

英国在住のヒンズー教徒の雇用主から、1時間たった11ペンス(約20円)で働くことを強いられていたインド出身のキリスト教徒の女性が、これまで受けた差別に対する賠償金として18万4000ポンド(約3340万円)を受け取ることになった。

2015年10月01日22時08分

CCAやインドの教会、修道女らクリスチャンに対する残虐行為に抗議

CCAやインドの教会、修道女らクリスチャンに対する残虐行為に抗議

アジアキリスト教協議会(CCA)は10日、インドの修道女やクリスチャンに対する襲撃に憂慮を示す記事を公式サイトに掲載した。インドのカトリック司教協議会も1日、「修道女に対する残虐行為はやめるべきだ」とする記事を公式サイトに掲載した。

2015年07月15日19時02分

インドの歴史的教会でマリア像が破壊され、犬の首輪かけられる

インドの歴史的教会でマリア像が破壊され、犬の首輪かけられる

インド北部ウッタルプラデーシュ州の都市アグラで16日早朝、何者かによって聖マリア・カトリック教会の聖母マリア像が破壊され、犬の首輪をかけられた。1923年に建てられた歴史ある同教会は、アグラでは訪問者が最も多い教会の一つだという。

2015年04月25日0時42分

「イエスに従って聖金曜日に献血を」 インド教会協議会が呼び掛け

「イエスに従って聖金曜日に献血を」 インド教会協議会が呼び掛け

インド教会協議会(NCCI)の「正義と平和・被造世界」委員会は、イエス・キリストが十字架にかけられて血を流したことを覚える聖金曜日の礼拝を意味あるものにしようと、「イエスに従い、献血をし、いのちを与えよう」と呼び掛けている。

2015年04月02日16時04分

強盗グループ、71歳のカトリック修道女を強姦 インド

強盗グループ、71歳のカトリック修道女を強姦 インド

インド東部のカトリック系学校に強盗グループが押し入り、通報した71歳の修道女を強姦(ごうかん)したとして、地元警察は15日、容疑者5人を逮捕した。事件があったのは西ベンガル州ナディア県にあるカトリック修道院の付属学校。

2015年03月20日15時15分

インド右翼団体指導者の「マザー・テレサの奉仕は改宗目的」発言で抗議相次ぐ

インド右翼団体指導者の「マザー・テレサの奉仕は改宗目的」発言で抗議相次ぐ

インド与党の支持母体であるヒンズー教至上主義団体「民族義勇団」(RSS)の指導者であるモハン・バグワット氏が2月23日、マザー・テレサの奉仕活動はキリスト教への改宗を目的としたものであると発言したことで、同国では全国で抗議の声が続いている。

2015年03月04日13時42分

インド首相、教会襲撃を非難し信教の自由を保障 「行動で証明を」との声も

インド首相、教会襲撃非難し信教の自由保障 「行動で証明を」との声も

インドのナレンドラ・モディ首相は17日、デリーにあるキリスト教組織に対する襲撃を強く非難し、全ての宗教団体に「自制と互いの尊敬をもって行動するよう」訴えた。同国政府は排他的なヒンズー民族主義者の指針を支持するインド人民党が主導している。

2015年02月20日13時29分

クリスマスに予定されていた強制大量改宗集会中止に インド

インド北部でクリスマスに予定されていた大量改宗の儀式が、州警察により中止にされた。ヒンズー至上主義組織「民族義勇団(RSS)」の分派により計画されたその集会では、少なくともイスラム教徒1千世帯とキリスト教徒4千世帯を改宗させるとしていた。

2014年12月18日23時18分

「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教

「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教

アングリカン・コミュニオンに属するインドの南インド教会副議長は、先進国に気候変動の影響について貧しい国に補償することを求めている。

2014年12月10日21時45分

インドの女性障害者、施設で「動物以下の扱い」

インドでは知的障害や精神障害のある女性たちが施設に閉じ込められ、性的虐待や暴行など「動物以下の扱い」を受けていると非難する報告書を、国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)が3日発表した。

2014年12月09日16時07分

10年ぶりにザビエルの遺体公開 なぜインドで?

10年ぶりにザビエルの遺体公開 なぜインドで?

カトリック修道会「イエズス会」の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506~52)の遺体が、インド南部ゴア州オールドゴアで先月から10年ぶりに公開されている。今回の公開は来年1月4日まで。500万人の訪問者を見込んでいるという。

2014年12月06日15時36分

ザビエルの「遺体」、10年ぶり公開へ

カトリック修道会イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506~52年)の「遺体」が、インド西部ゴアの大聖堂で22日から一般公開される。読売新聞が報じた。10年おきにゴアで公開されており、今回で17回目となる。公開は来年1月3日まで。

2014年11月24日16時38分

インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女殺人犯が語る

インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女殺人犯が語る

フランシスカン聖クララ会のラ二・マリア・バッタリル修道女を殺したことで懲役刑に服したサマンダル・シン元受刑者が、遺族の示した赦しによって「新しい人生を見出した」と語った。

2014年11月05日1時24分

米印首脳、キング牧師の記念碑訪問

インドのナレンドラ・モディ首相は9月26日に米国を初訪問、30日にはワシントンでバラク・オバマ大統領と首脳会談を行い、協力強化について協議した。

2014年10月06日21時13分

「二度と繰り返さない カンダマルの日」集会、インド各地で開かれる

「二度と繰り返さない カンダマルの日」集会、インド各地で開かれる

2008年にインド南東部のオリッサ州カンダマル地区で起きたキリスト教徒に対する暴動から6周年を迎えた8月25日、その犠牲者や生存者の正義を求めようと、「二度と繰り返さない カンダマルの日」と題する集会が、首都ニューデリーなど全国で行われた。

2014年08月29日20時48分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(3)

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(3)

この殺人と公判における主な出来事は次の通りである。2008年8月23日にスワミ・ラクシュマナナンダ・サラスワティが他の4人と共に覆面の殺し屋たちに銃殺された。

2014年08月14日10時23分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(2)

「企画者」による「正直な考証」と呼ばれている『嫌悪という収穫』の背後にある著者の真偽をめぐる疑惑は、『ORISSA in the CROSSFIRE – Kandhamal Burning (十字砲火の中のオリッサ―燃えるカンダマル)』という別の題名の同じ本が登場したことで確認された。

2014年08月14日10時16分

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(1)

インドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(1)

野党であるインド国民会議の上級指導者、ディグヴィジャヤ・シン氏は11日、同国の与党であるインド人民党(BJP)の母体でヒンドゥー至上主義を掲げる「民族義勇団」(RSS)のイデオロギーをタリバンのそれにたとえ、この右翼団体がインドの平和を損なっていると述べた。

2014年08月14日10時08分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース