インド

マザー・テレサ列聖記念「マザー・テレサ映画祭」、東京都写真美術館で開催 初日は千葉茂樹監督が登壇

マザー・テレサ列聖記念「マザー・テレサ映画祭」、東京都写真美術館で開催 初日は千葉茂樹監督が登壇

「マザー・テレサ映画祭」(提供:女子パウロ会)が10日、東京都目黒区の恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館ホールで開幕した。初日には、映画監督の千葉茂樹氏がトークショーに参加し、参列した列聖式の様子や映画の撮影秘話などについて語った。

2016年09月12日13時11分

「最も小さき者のために」 マザー・テレサのインタビュー全文

「最も小さき者のために」 マザー・テレサのインタビュー全文

バチカン放送局英語版は2日、インドのカトリック・ジャーナリスト、アント・アッカラ氏が1995年11月17日、ニューデリーでマザー・テレサに行ったインタビューの全文を掲載した。本紙による日本語訳は次の通り。

2016年09月07日23時36分

インドでマザー・テレサ列聖の祝祭 教皇使節「コルカタの聖テレサは世界への神の賜物」

インドでマザー・テレサ列聖の祝祭 教皇使節「コルカタの聖テレサは世界への神の賜物」

4日に列聖されたマザー・テレサが設立した「神の愛の宣教者会」があるインド東部の都市・コルカタ(カルカッタ)では、マザー・テレサの列聖を祝う最初の祝祭が、マザーの墓前で5日早朝にサルバトーレ・ペナンチオ・ローマ教皇使節の司式によって執り行われた。

2016年09月06日15時42分

インドで「オリッサ州の殉教者の日」 教会と市民社会が正義を求める

インドで「オリッサ州の殉教者の日」 教会と市民社会が正義を求める

インド東部のオリッサ州にあるカトリックの共同体が8月30日、2008年のキリスト教徒に対する大虐殺を覚えて「殉教者の日」を守った。オリッサ州の教会や市民社会フォーラムは、この機会に1組の要求を発表した。

2016年09月02日19時22分

インド・オリッサ州

キリスト教徒多数犠牲のインド・オリッサ州暴動、315件の暴力事件を再調査へ

インド東部のオリッサ州では2008年、100人近いキリスト教徒が死亡したとされる暴動事件が発生した。現地のキリスト教徒は、長年にわたって事件に対する公正な法的対応を求めてきたが、ついに8月、オリッサ州政府は計315件に上る暴力事件を再調査する方針を明らかにした。

2016年09月02日12時17分

マザー・テレサの像、インドのコルカタに設置へ 国際映画祭も開催へ

マザー・テレサの像、インドのコルカタに設置へ 国際映画祭も開催へ

マザー・テレサの等身大の像が、マザー・テレサの106回目の誕生記念日の前日である25日、インド東部のカルカッタ大司教館に設置される。バチカン放送局英語版が同国のキリスト教メディア「マターズ・インディア」からの情報として20日に報じた。

2016年08月24日23時06分

南インド教会、財務上の不正行為の嫌疑で捜査受ける

南インド教会、財務上の不正行為の嫌疑で捜査受ける

聖公会の世界共同体「アングリカン・コミュニオン」の一員である南インド教会(CSI)が、インドの企業省重大不正捜査局から財務上の不正行為の嫌疑で捜査を受けている。同教会は、いかなる不正行為もないとしている。

2016年07月13日21時03分

ナレンドラ・モディ首相

インド、信仰の自由最前線

インドのナレンドラ・モディ首相は8日、同国の憲法は信仰の自由を擁護しており、インドは「自由と民主主義と人間の平等を掲げる近代国家」だと主張した。

2016年06月12日23時20分

米の「宗教迫害国」認定に中国とインド反発

米「国際信教の自由委員会」(USCIRF)が2日に発表した「2015年報告書」で、中国で仏教徒、イスラム教徒、特にキリスト者への侵害が「過酷」としたことに、中国政府は正式に抗議した。

2016年05月09日16時02分

ダリットの平等な権利を求めてキリスト教徒とイスラム教徒が大規模抗議活動 デリー

ダリットの平等な権利を求めてキリスト教徒とイスラム教徒が大規模抗議活動 デリー

あらゆる州を代表して集まった多数のキリスト教徒とイスラム教徒の群衆が、その州の名を書いたプラカードを掲げ、首都デリーに押し寄せた。参加者は、ダリットのキリスト教徒とイスラム教徒に対する「差別と不正義」を終わらせるよう政府に要求するため、沈黙の抗議活動を行った。

2016年03月24日15時03分

告発されたカンダマルのキリスト教徒の妻たちが正義を求める デリー

告発されたカンダマルのキリスト教徒の妻たちが正義求める デリー

8年前にヒンズー教の指導者スワミ・ラクスマナンダ・サラスワティ師を殺害した罪で有罪となったインド南東部オリッサ州カンダマルのキリスト教徒の妻たちが、牢獄で衰弱している夫たちのための正義を求めデリーに滞在している。

2016年03月23日11時55分

キリスト教徒の「不可触民」、平等な権利求め全国規模の集会を計画 インド

ダリット出身のキリスト教徒、平等な権利求め全国規模の集会を計画 インド

政府に対して平等な権利を求めるために、かつて「不可触民」と言われ現在では「ダリット」と呼ばれるカースト出身のキリスト教徒たちが、全国規模の集会を3月に開催しようと計画している。

2016年02月09日21時01分

キリスト教徒に対する襲撃事件が増加 2015年に重大事件だけで365件以上

インドでキリスト教徒に対する襲撃事件が増加 2015年に重大事件だけで365件以上

インドのムンバイに拠点を置くキリスト教人権団体は、2015年の1年間に1日1回以上の割合でキリスト教徒に対する事件が起きており、牧師7人が死亡し、8千人以上の信者が被害に遭ったと公表した。

2016年02月05日22時40分

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

南インド教会(CSI)マドラス教区の「元気に満ちた」クリスマスの祝祭は、議長が洪水の被災者救援に焦点を絞るよう呼び掛けたことで中止となった。しかし、パキスタン教会ペシャワール教区では、治安状況の改善でクリスマスのにぎわいが2年ぶりに復活するという。

2015年12月18日21時59分

インド南部の洪水で教会組織が被災者支援 娘が被災した牧師も

インド南部の洪水で教会組織が被災者支援 娘が被災した牧師も

インド南部で起きた大規模な洪水。パリで国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に参加中のクリストファー・ラジクマール氏(インド教会協議会正義と平和・被造世界委員会担当幹事)は、「チェンナイの洪水のことが心配だ」と語った。

2015年12月08日22時58分

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

英国在住のヒンズー教徒の雇用主から、1時間たった11ペンス(約20円)で働くことを強いられていたインド出身のキリスト教徒の女性が、これまで受けた差別に対する賠償金として18万4000ポンド(約3340万円)を受け取ることになった。

2015年10月01日22時08分

CCAやインドの教会、修道女らクリスチャンに対する残虐行為に抗議

CCAやインドの教会、修道女らクリスチャンに対する残虐行為に抗議

アジアキリスト教協議会(CCA)は10日、インドの修道女やクリスチャンに対する襲撃に憂慮を示す記事を公式サイトに掲載した。インドのカトリック司教協議会も1日、「修道女に対する残虐行為はやめるべきだ」とする記事を公式サイトに掲載した。

2015年07月15日19時02分

インドの歴史的教会でマリア像が破壊され、犬の首輪かけられる

インドの歴史的教会でマリア像が破壊され、犬の首輪かけられる

インド北部ウッタルプラデーシュ州の都市アグラで16日早朝、何者かによって聖マリア・カトリック教会の聖母マリア像が破壊され、犬の首輪をかけられた。1923年に建てられた歴史ある同教会は、アグラでは訪問者が最も多い教会の一つだという。

2015年04月25日0時42分

「イエスに従って聖金曜日に献血を」 インド教会協議会が呼び掛け

「イエスに従って聖金曜日に献血を」 インド教会協議会が呼び掛け

インド教会協議会(NCCI)の「正義と平和・被造世界」委員会は、イエス・キリストが十字架にかけられて血を流したことを覚える聖金曜日の礼拝を意味あるものにしようと、「イエスに従い、献血をし、いのちを与えよう」と呼び掛けている。

2015年04月02日16時04分

強盗グループ、71歳のカトリック修道女を強姦 インド

強盗グループ、71歳のカトリック修道女を強姦 インド

インド東部のカトリック系学校に強盗グループが押し入り、通報した71歳の修道女を強姦(ごうかん)したとして、地元警察は15日、容疑者5人を逮捕した。事件があったのは西ベンガル州ナディア県にあるカトリック修道院の付属学校。

2015年03月20日15時15分

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午後6時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 5,708
(+511)
1,605,548
(+82,837)
死者数 110
(+4)
95,808
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
356,161
(+19,087)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース