山本正浩の記事一覧

聖書に描かれているレイプや殺人が教えていること

聖書に描かれているレイプや殺人が教えていること

聖書には、素晴らしい物語もあれば悲しい物語もある。時には非常に恐ろしい描写がなされており、読者はそのような物語にどのような意味があるのかと戸惑ってしまう。それらは血生臭く残忍で、あまりにも衝撃的であるため、説教者からも避けられてしまう。

2016年11月19日20時57分

数百人が受洗 「驚異的な」成長を遂げるイランの家の教会

数百人が受洗 「驚異的な」成長を遂げるイランの家の教会

イランの教会成長を支援するキリスト教団体「イラム・ミニストリーズ」が12日に発表した報告によると、イラン国外のある地域でペルシャ語圏の8つの教会が集い、大規模な洗礼式が行われ、200人余りのイラン人とアフガニスタン人が洗礼を受けた。

2016年11月18日16時17分

バチカン

カトリック教会とアルゼンチンの「汚い戦争」 バチカンが秘密文書公開へ

バチカンが、アルゼンチンの軍事政権に関する資料を、政権下で犠牲になった人々と遺族に公開しようとしている。「汚い戦争」の間に、カトリック教会と犠牲者の家族との間でやりとりされた約3千通の手紙が、アルゼンチン司教協議会によってバチカン秘密文書館に保管されている。

2016年11月16日19時15分

選挙が終わった今、福音派の信者がすべきこと

米大統領選が終わった今、福音派がすべきこと

米国民は投票し、投票結果は集計され、ドナルド・トランプ氏が第45代米大統領に選出された。そしてこの選挙結果は、米国民を真っ二つに分断した。米国民のうち少なくとも半分が安心し、残りの半分が落胆していることは明らかである。

2016年11月15日18時34分

エルサレム・神殿の丘

エルサレムの「神殿の丘」、キリスト教やユダヤ教と関係ない? 「ユネスコに聖書を送って抗議を」

今、世界中のクリスチャンは、パリにある国連教育科学文化機関(ユネスコ)の事務局に聖書を送るよう呼び掛けられている。なぜか? キリスト教やユダヤ教は、エルサレムの「神殿の丘」やイスラエル国内の他の聖地と深い結び付きがあるが、ユネスコがその関連性を否定する決議をしたためだという。

2016年11月14日19時42分

オバマ米大統領の元信仰顧問「クリントン氏は白人福音派とカトリックを無視した」

オバマ米大統領の元信仰顧問「クリントン氏は白人福音派とカトリックを無視した」

バラク・オバマ米大統領の元信仰顧問は9日夜、ドナルド・トランプ氏がキリスト教徒から高い支持を受けて大統領選で勝利したのは、ヒラリー・クリントン氏の陣営が信仰の共同体、特に福音派やカトリックの白人信者を「ほぼ完全に無視」したためだと非難した。

2016年11月13日21時49分

ヒラリー・クリントン氏、敗北宣言で新約聖書のガラテヤ書を引用

ヒラリー・クリントン氏、敗北宣言で新約聖書のガラテヤ書を引用

民主党のヒラリー・クリントン候補は9日、米大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補に敗北した後の演説で、新約聖書のガラテヤ人への手紙6章9節を引用。「善を行なうのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります」と述べた。

2016年11月11日20時25分

受刑者の子どもたち30万人に子ども用聖書を クリスマスに向け無償配布

受刑者の子どもたち30万人に子ども用聖書を クリスマスに向け無償配布

世界最大の刑務所伝道団体「プリズン・フェローシップ」は、今年のクリスマスに向けて、14万世帯余りの受刑者の家庭に子ども用聖書を無償配布する。対象となる全家庭に聖書を無償配布するのは初めてで、各家庭には同団体に寄せられたクリスマスプレゼントも併せて贈られる。

2016年11月09日16時41分

カトリック、英国国教会、救世軍が過去に養子縁組を強要 大司教が謝罪

カトリック、英国国教会、救世軍が過去に養子縁組を強要 大司教が謝罪

英カトリック教会の指導者が、1950年〜70年代に、若い未婚女性に対し出産した乳児を養子縁組するよう強要し、女性たちを「傷つけた」ことを認め、謝罪した。この謝罪は、英民放最大手ITVによる「強要された養子縁組」を取り扱うドキュメンタリー番組の中で放送される。

2016年11月07日17時27分

「イエスの墓」の修復に1億3千万円寄付 米財団

「イエスの墓」、数世紀ぶりに覆いが取り除かれる エルサレム

十字架刑の後、イエス・キリストの遺体が置かれていたと多くのキリスト教徒から信じられている石墓の覆いが取り除かれ、数世紀ぶりにむき出しの状態になった。「イエスの墓」として信じられているこの石墓は、エルサレムの聖墳墓教会内にあり、長年、大理石で覆われていた。

2016年11月04日17時18分

イスラム国を赦したイラク人キリスト教徒の少女「家に帰えるのが楽しみ」

イスラム国を赦したイラク人キリスト教徒の少女「家に帰るのが楽しみ」

イラク人キリスト教徒の少女、ミリアムちゃん(12)は、過激派組織「イスラム国」(IS)のために、避難生活を余儀なくされているが、ISを赦(ゆる)している。そして、避難から約2年がたった今、ISから解放された故郷に帰るのを待ちきれないでいる。

2016年11月01日18時42分

家の教会破壊に抗議の女性牧師、7年の服役終え釈放 中国・山西省

家の教会破壊に抗議の女性牧師、7年の服役終え釈放 中国・山西省

当局が家の教会を破壊したことに抗議して7年前に逮捕、投獄された中国のメガチャーチの牧師が釈放された。釈放されたヤン・ロングリ牧師は2009年、夫のワン・シャオグァン牧師と共に逮捕された。2人は、山西省臨汾(りんふん)市にある信徒約5万人を抱える家の教会の指導者。

2016年10月26日14時45分

アーシア・ビビ

冒とく罪で死刑判決の母親アーシア・ビビさんの上告審延期 なぜ?今後の展開は?

パキスタン人のキリスト教徒で5児の母親でもあるアーシア・ビビさんは、これまでの下級審で冒とく罪のため死刑判決を受けている。死刑囚監房に入れられ、長年苦しんでいるが、13日に予定されていた最高裁での上告審が延期された。

2016年10月20日17時09分

英国国教会は郵便局の教訓を生かせるか? 英郵便局CEO「多くの類似点がある」

英国国教会は郵便局の教訓を生かせるか? 英郵便局CEO「多くの類似点がある」

英国の郵便局の最高経営責任者(CEO)であり、英国国教会の無給奉仕者でもあるポーラ・ベネルズ氏は、「どちらも、全国的に多くの地域社会にケアやサポート、サービスを提供する国の機関として高く評価されています」と述べ、両者の間には多くの類似点があると指摘する。

2016年10月17日17時59分

ウィキリークス、クリントン陣営のカトリック・福音派侮辱メール暴露、キリスト教指導者ら謝罪求める

ウィキリークス、クリントン陣営のカトリック・福音派侮辱メール暴露、キリスト教指導者ら謝罪求める

ウィキリークスが暴露した電子メールにより、米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の陣営スタッフが反キリスト教的偏見を持っていることが明らかになり、カトリックとプロテスタント福音派の指導者の間で、クリントン氏に謝罪を求める書簡が出回っている。

2016年10月14日12時57分

英国は今も「キリスト教国」といえるのか?

英国は今も「キリスト教国」といえるのか?

最新の世論調査が示す通り、英国は間もなく「キリスト教国」と称する権利を失うことになる。保守党の元副党首、マイケル・アッシュクロフト氏による最新の調査によると、キリスト教は、英国の宗教の首位の座を間もなく失う見込みだ。

2016年10月13日11時38分

無神論者がイエス・キリストを称賛する著書出版 「学ぶこと多い」

無神論者がイエス・キリストを称賛する著書出版 「学ぶこと多い」

「イエスに従う無神論者」を自称する著者が、信仰を持たない人にイエス・キリストの教えがどのように役立つかを記した本を出版した。著者によれば、イエスの知恵と教えは、他の著名な霊的指導者の追随を許さないそうだ。出版されたのは、『イエスに従う無神論者の告白』。

2016年10月12日17時44分

イラン

イラン当局、キリスト教徒25人を逮捕

イラン最大の反体制組織である「イラン国民抵抗評議会」(NCRI)が、同国の人権派グループの報告として伝えたところによると、治安当局が最近、中南部の都市ケルマーンで抜き打ちの家宅捜索を行い、キリスト教徒25人を逮捕した。

2016年10月04日15時21分

英語標準訳聖書(ESV)、将来の改訂はせず KJV同様に永続化を決定

「将来の改訂せず」の決定は「間違いだった」 英語標準訳聖書(ESV)

米キリスト教出版社「クロスウェイ」は、英語標準訳聖書(English Standard Version=ESV)の訳文を、「今後は将来の全ての版で変更しないことを決定した」と、約1カ月前に発表した。しかし今度は、「その決定は間違いだったと確信」し、「訳文は定期的に改訂されることになるだろう」と述べている。

2016年10月03日13時18分

25歳になる前にすべてのクリスチャンが読んでおくべき書籍11選(洋書)

25歳になる前にすべてのクリスチャンが読んでおくべき書籍11選(洋書)

聖書を読むことが何よりも重要であることは、言うまでもない。しかし、神は恵みによって著作者たちに才能を与え、私たちの日常生活に御言葉を適用できるようにしてくださった。これからリストアップする11冊は、私がためらうことなくお薦めする書籍である。

2016年10月02日20時04分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース