山本正浩の記事一覧

宗教改革から500年、ドイツ国民の5人に1人がプロテスタントとカトリックの統合を支持

宗教改革から500年、ドイツ国民の5人に1人がプロテスタントとカトリックの統合を支持

マルティン・ルター(1483〜1546)による宗教改革から今年で500年を迎えるドイツでは、プロテスタントとカトリックの両教会が一致に向けた動きを見せている。最近の世論調査では、ドイツ国民の2割(5人に1人)が両教会の統合を支持するとした。

2017年02月22日18時41分

あなたの言語で「平和」はどう言うの? 国際母語デーでWCCが取り組み

あなたの言語で「平和」はどう言うの? 国際母語デーでWCCが取り組み

国連の「国際母語デー」(2月21日)に合わせ、世界教会協議会(WCC)は、本部があるスイス・ジュネーブのエキュメニカルセンターでスタッフや来訪者らに、それぞれの母国語で「平和」を意味する言葉を分かち合うよう勧める取り組みを行っている。

2017年02月21日22時59分

カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂でフリーメーソンの記念礼拝、エドワード王子も出席へ

英国国教会の総本山であるカンタベリー大聖堂(英ケント州)で18日、フリーメーソンの結成300年を「祝う」礼拝が行われる。フリーメーソンの大親方(グランドマスター)である英国のエドワード王子(ケント公爵)も出席する。

2017年02月16日23時40分

死海文書の12番目の洞窟発見、60年ぶり 写本自体は盗掘被害に

死海文書の12番目の洞窟発見、60年ぶり 写本自体は盗掘被害に

イスラエルのへブライ大学は8日、死海の北西岸に位置するクムラン西部の岸壁で、死海文書が保存されていたとみられる洞窟を発見したと発表した。死海文書の洞窟が発見されるのは60年ぶり。洞窟からは、壺や布の断片などは見つかったが、死海文書自体は喪失していた。

2017年02月15日23時17分

パキスタン

キリスト教徒など少数派保護目指す刑法修正案、パキスタンで成立の見通し

宗教的少数派の保護を目指す刑法の修正法案が6日、パキスタン議会を通過した。パキスタンでは、キリスト教徒などの宗教的少数派が集団リンチで殺されたり、改宗を強制されたり、結婚を強いられたりすることがあり、こうしたことから少数派を守ることを狙いとしている。

2017年02月15日18時21分

数学は神の存在を証明できるのか?

数学は神の存在を証明できるのか?

宗教情報などを扱う米オンラインメディア「パセオス」は最近の記事で、オーストリア・ハンガリー二重帝国(現チェコ)の論理学者クルト・ゲーデル(Kurt Gödel、1906〜78)による神の存在に関する「数学的な証明」は完全に正しいものだったと主張している2人のコンピューター科学者について取り上げた。

2017年02月13日23時06分

マイク・ペンス米副大統領、職務の指針としている聖句を明かす

マイク・ペンス米副大統領、職務の指針としている聖句を明かす

トランプ政権で副大統領に就任したマイク・ペンス氏(57)。米国という超大国の行政府第2位の官職に着いた同氏は、一体どのような聖書の言葉を指針に職務を行っているのだろうか。

2017年02月12日23時51分

ドイツ福音主義教会、ローマ教皇を初めて招聘 3月に合同式典

ドイツ福音主義教会、ローマ教皇を初めて招聘 3月に合同式典

米国のイエズス会が発行する週刊誌「アメリカ」(電子版)によると、ドイツ福音主義教会(EKD)がローマ教皇フランシスコを初めて招聘(しょうへい)し、教皇に宗教改革発祥の地ドイツを訪問するよう求めた。

2017年02月10日17時02分

「神がおられる限り、決して独りではない」 米国家朝祷会でトランプ氏

「神がおられる限り、決して独りではない」 米国家朝祷会でトランプ氏

ドナルド・トランプ米大統領は2日、国家朝餐祈祷会で演説し、宗教の自由に対する脅威に危機感を示す一方、「神がおられる限り、私たちは決して独りではありません」と語った。また、宗教団体の政治活動を妨げる「ジョンソン修正条項」を撤廃するとした公約を繰り返し述べた。

2017年02月04日22時35分

トランプ氏のキリスト教難民優遇方針、支援団体でも見解分かれる

トランプ氏のキリスト教難民優遇方針、支援団体でも見解分かれる

難民受け入れの一時停止などを命じた、ドナルド・トランプ米大統領の大統領令を受け、キリスト教の迫害監視団体や難民支援団体などの間で見解が分かれている。世界的な迫害に拍車を掛けるだけだと指摘する声がある一方、大統領令の本質的な意味を読み取るよう訴えた。

2017年01月31日23時59分

トランプ米大統領、迫害下のキリスト教難民の受け入れ優遇を表明

トランプ米大統領、迫害下のキリスト教難民の受け入れ優遇を表明

トランプ氏は27日、米国における難民政策と査証(ビザ)政策を厳格化する新たな大統領令への署名に先立ち、キリスト教系の米CBNニュースのインタビューに応じ、「私たちは、彼ら(迫害下にあるキリスト教徒)を助けます。彼らはとんでもない扱いを受けているからです」と語った。

2017年01月30日20時27分

「新しい世代」を夢見るアレッポの教会、若夫婦の子育てを支援

「新しい世代」を夢見るアレッポの教会、若夫婦の子育てを支援

シリア内戦で激戦地となった同国第2の都市アレッポ。その荒廃した町で、地元の教会が、若い夫婦と子どもたちを支援する画期的なプログラムを提供し、「希望の再建」を手掛けている。昨年には、100人余りの子どもの誕生を祝うことができた。

2017年01月29日15時56分

ローマ教皇フランシスコ

トランプ大統領に対する判断は時期尚早 教皇「様子を見守る必要ある」

ローマ教皇フランシスコは、ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭や、ヒトラーのような支配者が権力を振るう危機に対して注意を呼び掛ける一方、米国のドナルド・トランプ新大統領に関して早急な判断を下さないよう促した。

2017年01月27日22時33分

インドの子ども14万5千人が経済支援失う可能性、外国寄付規制法改正で

インドの子ども14万5千人が人道支援失う可能性、外国寄付規制法改正で

子ども支援のキリッスト教NGO「コンパッション」は20日、13万人に上る支援者らに、インドにおける活動が危機に瀕(ひん)していると報告した。48年にわたりインドで活動しているコンパッションは、同国内に580人のスタッフを抱え、約14万5千人の子どもたちを支援している。

2017年01月27日11時39分

聖書アプリ「Glo Bible」のCEO、米フォーブス誌の「30歳未満の30人」に

聖書アプリ「Glo Bible」のCEO、米フォーブス誌の「30歳未満の30人」に

聖書アプリ「Glo Bible(グローバイブル)」の最高責任者(CEO)であるエデン・チェン氏(29)が、米フォーブス誌の「30 Under 30(30歳未満の30人)」(マーケティング・広告部門)に選ばれた。成功を収めたこの若き起業家に話を聞いた。

2017年01月24日7時08分

フランスの福音派、停滞を返上 10日ごとに新しい教会が誕生

フランスの福音派、停滞を返上 10日ごとに新しい教会が誕生

フランス福音主義協議会(CNEF)の調査によると、フランスの福音派が勢いを増しつつある。フランスでは昨年、約35の福音派教会が開拓された。これは、平均で月当たり3教会、10日ごとに1つの教会が誕生した計算になる。

2017年01月22日22時26分

スラム街の子どもたち400人が受洗、貧困で洗礼ためらう家庭も マニラ

スラム街の子どもたち400人が受洗、貧困で洗礼ためらう家庭も マニラ

マニラのスラム街で暮らす数百人の子どもたちが14日、カトリック教会の伝道活動の一環である集団洗礼式で洗礼を受けた。フィリピンの貧しい家庭は、洗礼式後に行なわれる祝会の食事を用意する余裕がないため、洗礼式に参加すること自体をためらってしまうという。

2017年01月20日23時51分

キリスト教徒の12人に1人が迫害に直面 北朝鮮は16年連続で最悪

キリスト教徒の12人に1人が迫害に直面 北朝鮮は16年連続で最悪

米国オープン・ドアーズは11日、2017年版の「ワールド・ウォッチ・リスト」を発表した。これは、キリスト教徒への迫害が厳しい上位50カ国をまとめた年次報告書で、今年で25年目になる。それによると、世界のキリスト教徒の12人に1人が迫害に直面している。

2017年01月20日22時50分

トランプ氏、リンカーンの聖書と自身の家庭用聖書で大統領就任の宣誓

トランプ氏、リンカーンの聖書と自身の家庭用聖書で大統領就任の宣誓

ドナルド・トランプ氏は、20日に行われる米大統領就任式で、第16代大統領のアブラハム・リンカーンが就任時に使った聖書と自身が家庭で使っている聖書を用いて宣誓を行う。宣誓の際、2冊の聖書は閉じられ、それぞれを重ね合わせて使うという。

2017年01月19日20時26分

英国は今も「キリスト教国」といえるのか?

政府による日曜学校の監視は教会の脅威、英国福音同盟が警鐘

英国で、教会の日曜学校に登録制度を導入し、場合によっては日曜学校で教えている内容を調査する計画が今も存続し、教会を脅かしているとして、英国福音同盟(EA)が警鐘を鳴らしている。

2017年01月15日23時47分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース