日本人に寄り添う福音宣教の扉(89)心の痛みに寄り添いたい-傾聴の働き「善き隣人バンク」発足! 広田信也

2020年2月29日16時52分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也

2月29日(土)から4月19日(日)にかけ、継続的な「傾聴」の働きを担う「善き隣人バンク」発足に向け、クラウドファンディングを実施します。小さなスタートですが、日本人に寄り添う福音宣教の働きが、信仰の有無にかかわらず、多くの皆さんに受け入れられる機会になることを心より願っています。皆さんからの応援を期待しています。クラウドファンディングの詳細はこちら

日本人に寄り添う福音宣教の扉(89)心の痛みに寄り添いたい-傾聴の働き「善き隣人バンク」発足! 広田信也

寄り添ってくれる人は貴重な存在

多くの人に囲まれ、心身ともに健康に過ごしていると、「孤独」を感じることは少ないかもしれません。しかし、人生には、さまざまな転機が起こります。若い人でも、不安を抱え、「孤独」に陥ることは容易に起こり得ます。

まして、歳を重ね、職を失い、大切な人と別れ、健康を損ねていく時代は、いずれ、すべての人が経験します。そんな時、自力で「孤独」に立ち向かうのは、容易なことではありません。親身になって寄り添ってくれる隣人の存在は貴重です。

かつて日本では、状況によらず、いつも寄り添い、ずっと支えてくれるのは、家族・親族、そして地域の人々の役割でした。日本の大切な「家」では、誰かがその役割を担いました。しかし、核家族化、高齢化の急速な変化は、そのような家族や地域共同体の絆を希薄なものにしてしまいました。

世話をしてくれる人は大切だが・・・

自立した生活が難しくなったとき、生活を支えるさまざまな支援の仕組みがあります。医療保険や介護保険制度が整い、病院や介護施設には多くの高齢者があふれています。在宅で医療や介護を受ける仕組みもあります。確かに、以前に比べ、健康状態は大きく改善し、平均寿命は著しく延びました。

医療や介護の現場では、多くのスタッフが慌ただしく働いています。少しでも良い環境を整えようとしてくださる努力が至る所に見られます。とてもありがたいことです。

しかし、余裕のない現場では、何げない会話で心を和ませ、心の痛みに寄り添う「傾聴」の役割を担う仕組みが不足しています。介護保険、医療保険の領域ではないため、ボランティアとして寄り添うしかありません。

介護を担う家族の負担と孤独

また、現在の介護保険制度は、同居する健康な介護者がいることを前提としています。ところが、少子化、核家族化の影響で、そのような同居家族がいない家庭や、いたとしても、介護者自身が助けを必要としているケースが多くなりました。

介護のために、住居を移したり、仕事を辞めたり、生活のリズムを変えて無理をしてしまうことがよくあります。相談できる人が身近になく「孤独」に陥ると、自身の生活さえ不安定になりがちです。介護される側だけでなく、介護者(家族)を支える働きはとても大切です。

継続的な「傾聴」を通して「善き隣人」になりたい

「善き隣人」となり、このような「孤独」を抱える人々から信頼されるには、親密な人間関係を築く必要があります。そのためには、継続的な「傾聴」を繰り返すことがとても効果的です。

「傾聴」は、相手を尊重し、相手の心に耳を傾ける働きです。相手が安心して、心地よく、心を開いて、何でも話せる状態を積極的に作っていくことを目指します。こちらから積極的に語り掛けることはほとんどありません。

そのような「傾聴」の姿勢を続けると、相手のつらさや悲しみなど、心の重荷を共に担うことへと導かれます。心の奥深くに潜むスピリチュアルペインに触れていきます。決して楽な働きではありません。

しかし、私たちは「善き隣人」になる働きを優先したいと考えています。イエス・キリストが天の位を捨てて私たちに寄り添ってくださったように、私たちもそのようでありたいと切に願っています。私たちの内におられる聖霊が、私たちの器を通して天来の祝福を備えてくださるに違いありません。

今後、この働きを拡大展開させるには、多くの人の祈り、協力、支援が必要になります。私たちの働きに関心のある方は、ぜひご連絡ください。「善き隣人」を求める人々のもとに出掛け、共に寄り添う「善き隣人バンク」の働きに、あなたも加わってください。日本宣教の扉は必ず開くと信じています。

◾️ 「善き隣人バンク」のクラウドファンディング詳細ページ

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。2011年の定年退職まで、一貫して新エンジンの先行技術開発に従事。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、ブレス・ユア・ホーム(株)代表、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

ブレス・ユア・ホーム

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース