日本人に寄り添う福音宣教の扉(84)AIや未信者との連携、教会の役割は? 広田信也

2019年11月30日21時13分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也

近未来において、AI(artificial intelligence)が人間社会を大きく変貌させる可能性が見えてきた。高度に発達したAIは、優れた人工知能としてさまざまな情報を瞬時に処理し、最適なアウトプットを生み出す力がある。ミスの多い人間の作業よりはるかに信頼性がある。

おそらく、現在人が行っているさまざまな営みが将来AIに置き換わり、日常生活に必要なものは、ほとんどAIが与えてくれる時代が訪れるだろう。

AIは、福音宣教を担えるか?

それでは、AIは将来、福音を伝えるようになるだろうか? もちろんAIは、霊も魂も持っていないので、信じることも愛することもできない。当然、福音宣教などできるわけがないと考える人も多いだろう。

しかし、これまでの時代でも、人を介せず、情報だけで福音を信じた人はたくさんいる。聖書や信仰書を通して、また、現代社会ではインターネットから流れるメッセージを通して、福音を理解し、信仰に至った人は多いだろう。

まして、洗練された将来のAIは、福音を伝える相手の状況を、瞬時に、かつ正確に判断し、それまで蓄積された多くの選択肢から最善の方法を選び、効果的に福音を伝えるようになるだろう。

おそらく、これまで以上に説得力のある宣教が展開され、福音が広く宣べ伝えられるに違いない。

未信者は、福音宣教を担えるか?

それでは、信仰を持っていない人は、福音を伝えることができるだろうか? これも難しいと考える人が多いだろう。

しかし、ある教会の教会学校に参加した際、とても興味深い経験をした。子どもたちに分かりやすく聖書の話をしている教師がいた。多くの子どもたちが導かれ、心からの祈りをささげていた。

さぞ信仰深い教師だろうと思ったが、実は、その教師はキリスト教に理解を示してはいたが、信者ではなかった。教会付属の幼稚園教師として、業務の中で聖書や祈りを教えているとのことだった。

信仰のない人であっても、福音に敵対することなく、宣教の働きに加わってくださるなら、その人を通して神様が働くことは十分にある。神様は豊かに用いてくださるだろう。

また、社会のさまざまな分野で、信者ではない多くの人々が実に献身的な良い働きをしている。私たちの営みの大半は彼らの存在によって支えられていることを、心に留めたい。福音宣教は、彼らとの強い連携によって進められる。

福音宣教における教会(信者)の役割

それでは、福音宣教における教会(信者)の役割は何だろう? 確かに、AIや未信者との連携は、福音宣教における重要な助けになる。しかし、福音の力は聖霊(神様)を通してのみ現されることを心に留めたい。

聖書が示す通り、教会はキリストの体であり、聖霊(神様)は信者の内にしか住んでおられない。その働きは、効率のみを求めるこの世のものとは一線を画すことになる。

福音の力は、教会(信者)が、キリストが歩まれたように、この世に寄り添い、弱さをまとい、犠牲を払っていくことによってのみ現される。

わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。(ヨハネの福音書13章15節)

私たちは、神様が憐れむ暗闇の世界に、心を込めて向かわせていただきたいものだ。それでこそ、福音の光は圧倒的な輝きを放つだろう。AIや未信者との連携も有効に機能するだろう。

父の心ある所に 我が心あるように
父の涙がある所に 我が涙もあるように
父の見てる 一人の魂に 我が目も留まるように
父が哀れむ暗闇の地に 我が足が向かうように

我が心 父の思い知り
御心とひとつになるように
我がすべて 父の思い知り
御心を歩めるように

(トリニティ・ジャパン「父なる神の愛」より)

<<前回へ

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。

ブレス・ユア・ホーム

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース