ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
広田信也 広田信也 (ひろた・しんや)  

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。

記事一覧

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(68)神様に愛された生涯 広田信也

すべての人は神様にこよなく愛されている。当然分かっているつもりだが、通りすがりに出会う人のことを、私たちはほとんど知らない。もう二度と会うことのない人がほとんどなのに、関心を寄せることなく通り過ぎてしまう。

2019年04月20日22時15分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(67)献身者(伝道者)のバーンアウト 広田信也

今回の話題は大変深刻な問題であり、教会での牧会経験のない私が安易にコメントしにくいことだが、かつて長年勤務した会社生活の中でも優秀な若者がバーンアウトすることがよく見られたので、その経験から述べてみたい。

2019年04月06日7時16分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(66)キリスト教葬儀の課題と展望 広田信也

日本社会には、祈りを中心とするたくさんの儀礼の習慣がある。第3回「冠婚葬祭の中で祈る日本人」で述べた通り、古くから受け継がれる祈りの場に、信仰をもって寄り添うことは、日本宣教の拡大にとって大切な要素になる。

2019年03月23日14時13分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(65)キリスト教結婚式の課題と展望 広田信也

日本社会には、祈りを中心とするたくさんの儀礼の習慣がある。第3回「冠婚葬祭の中で祈る日本人」で述べた通り、古くから受け継がれる祈りの場に、信仰をもって寄り添うことは、日本宣教の拡大にとって大切な要素になる。

2019年03月09日22時07分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(64)試練の中にある希望の光 広田信也

競泳女子日本代表で活躍している池江璃花子選手が、自身が白血病と診断されたことをSNS上に投稿したことが話題になっている。難しい病ではあるが、神様の支えが与えられ、ぜひとも回復していただきたいものである。

2019年02月23日15時15分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(63)福音宣教のグローバル化 広田信也

数年前まで、グローバル化の弊害を唱える人はそれほどいなかった。しかし昨今、大手IT企業の影響力が際立つにつれ、それぞれの地域の主体性を生かした現場の働きが難しくなってきた。

2019年02月09日9時40分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(62)「死」の陰から希望のメッセージ 広田信也

高齢化社会を迎え、病院や介護施設はどこも高齢者で込み合っている。少しでも健康に生活したいと誰もが願い、さまざまな医療、看護、介護の仕組みがそのニーズに応えている。確かに、社会保障制度が充実し、寿命が延びることはいいことだ。

2019年01月26日20時04分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(61)「死」の暗闇に寄り添う 広田信也

2019年は、米中貿易摩擦の長期化を懸念する不安な幕開けとなった。今年もさまざまな社会の仕組みが変わることだろう。貧富の差が一層拡大し、貧しい人々の暗闇が増すことのないよう心より願っている。

2019年01月12日9時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(60)ブラック企業に見えてはいけない 広田信也

自動車の排気ガスクリーン化のため、30年以上の歳月をかけ、心血を注いで勤務してきた私は、今から7年ほど前、お世話になった会社を定年退職した。神様は国内宣教師としての新たな道を示された。

2018年12月29日20時15分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(59)クリスチャンではありませんが・・・ 広田信也

この3年ほど、多くの方からキリスト教葬儀の司式を依頼され、全国の牧師先生と協力しながら対応させていただいた。葬儀に当たり、身近に頼れる牧師がいない遺族の皆さんに、心を込めて寄り添う道が開かれていった。

2018年12月17日23時06分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(58)「孤独死」への備え 広田信也

終活という言葉は、2009年ごろに週刊誌で初めて使われた新しい用語で、まだ10年もたっていない。しかし、高齢化が急速に進む中、世間一般に急速に広まり、今では日常的に使われるようになった。

2018年12月01日7時16分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(57)ゆりかごから墓場まで 広田信也

「ゆりかごから墓場まで」という言葉で形容される社会保障制度は、第二次大戦後に欧州から導入され、今では多くの仕組みに発展し、私たちの生活にとって必要不可欠なものになっている。

2018年11月17日12時51分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(56)今後、墓はどうなるのか? 広田信也

高齢化、核家族化が急速に進む日本社会では、今後の墓の在り方をめぐる課題が浮き彫りになってきている。明治以降、一般的に建てられてきた「〇〇家の墓」は、家族・親族が墓を守っていくことが前提になっていた。

2018年11月03日8時13分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

以前、当社の働きを紹介するHPの片隅に、墓の相談を受け付ける旨の記載があった。墓事情にそれほど詳しいわけではないが、葬儀相談に付随してさまざまな相談を受け付ける中の一つだった。

2018年10月20日20時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(54)「信じる(信仰を持つ)」とは? 広田信也

この世界は、神様の恵みが満ち溢れているが、その恵みを受け取るため、神様は人に「信仰」という賜物を与えてくださった。聖書には、「人は信仰によって救われる」と一貫して記されている。「信仰」は、人が人生の中で受け取るべき、祝福の扉のようなものだ。

2018年10月06日19時40分

【書評】『ある葬儀屋の告白』 多くの「死」に向き合ってきた著者が行き着いた福音的死生観

【書評】『ある葬儀屋の告白』 多くの「死」に向き合ってきた著者が行き着いた福音的死生観

情報が飛び交う現代社会では、重要なニュースの中に人間の「死」を含む悲劇的な内容が多く含まれている。そのため、私たちは身近な「死」に深く関わることなく、「死」への恐怖心だけが日々植え付けられていく時代を生きている。

2018年09月18日17時00分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(53)王道を歩みたい 広田信也

日本宣教に効果的なアイデアはたくさんある。やってみればそれぞれが成果を生み、宣教はある程度拡大するだろう。しかし、日本文化に影響を与え、多くの日本人がキリストの福音に触れるための基盤となるアイデアはそれほど多くない。

2018年08月24日19時51分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(52)信仰と宗教と自己研さん 広田信也

先月、地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件に関与して殺人罪などに問われ、死刑が確定していた教団元幹部の死刑囚13人全員の死刑が執行された。死刑制度の在り方が議論されている中での出来事だっただけに、国内外でさまざまな議論が飛び交っている。

2018年08月10日21時30分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(51)信仰と宗教の大きな違い 広田信也

日本人は極めて信仰深い国民だと思う。なぜなら、日本の中には祈りの習慣がたくさんあるからだ。例えば、大勢の人が「初詣」に行く。あいさつ文に「お祈りしています」と添える。子どもの成長に合わせて「祈りの習慣」がある。

2018年07月27日17時25分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(50)一粒の麦から 広田信也

聖書の中で「まことに、まことに、あなたがたに告げます。・・・」というキリストの言葉は、私たちにとって重要なメッセージを示すときによく使われる。私たちは心を込めてこの箇所を読まなければならない。

2018年07月13日16時12分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング