ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
広田信也 広田信也 (ひろた・しんや)  

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。新エンジン先行技術開発に従事。2011年定年退職し、関西聖書学院入学、14年同卒業。16年国内宣教師として按手。1985年新生から現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2014年、日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。20年、良き隣人バンク設立。富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

記事一覧

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(46)視座を低くされる恵み 広田信也

人は、成長の過程で少しずつ自分の視座を高くすることを学んでいく。幼いころは、見たり聞いたりしたことをそのまま受け入れるが、経験を積むに従い、物事の背後にある社会の構造や歴史の背景、人の心の動きなどにも配慮できるようになる。

2018年05月17日18時03分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(45)良いものは確かに良い 広田信也

中国北京でモーターショーが開催されている。内燃機関で圧倒的な後れを取っていた中国だったが、現地の自動車メーカーや新興ブランドが、EV(電気自動車)など電動化車両を多数出展して巻き返しを図っている。

2018年05月03日21時11分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(44)牧師とつながる喜び 広田信也

どんな人生にも、つらい時、悲しい時が必ずやってくる。そんな逆境の時に、傍らに寄り添ってくれる人の存在は貴重である。信仰を持つと神様が寄り添ってくださるのは確かだが、寂しさを分かち合える人が傍らにいないのはつらいことである。

2018年04月19日11時52分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(43)高齢者に寄り添う地道な働き 広田信也

「あなたに寄り添わせてください」というメッセージと共にブレス・ユア・ホーム(株)を創設してから4年近い歳月が流れた。当初から業務内容が決まっているわけではなく、日本宣教を後押しするビジネスの創出を模索し続ける毎日が、今もずっと続いている。

2018年04月05日10時57分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(42)「終活」事情の変化 広田信也

「終活」という言葉は、2009年ごろに週刊誌で初めて使われた新しい用語で、まだ10年もたっていない。しかし、高齢化が急速に進む中、「終活本」などと呼ばれる書籍が幾つも出版され、世間一般に急速に広まり、今では日常的に使われるようになった。

2018年03月22日19時34分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(41)お話し相手・付き添いサービス 広田信也

ブレス・ユア・ホームの提供するサービスの中に、「お話し相手・付き添いサービス」というものがある。高齢化社会の必要に応える、関心の高い事業内容が案内されていることから、当社のホームページの中では閲覧頻度が極めて高い。

2018年03月08日11時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(40)「天国」を指し示す牧師 広田信也

日本では、キリスト教の信者でなくても「天国」という言葉をよく使う。一般的に葬儀は告別式といわれるようになったが、故人が天国に旅立つ「お別れの式」だと考えている人が多い。

2018年02月24日16時34分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(39)ある宣教師家族に寄り添って 広田信也

奈良県の山間に宇陀市という所がある。日本古代史の舞台でもあるこの地に、日本のキリスト教史にとって重要な役割を果たした高山右近が生まれた沢城という山城がかつて存在した。

2018年02月08日10時21分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(38)人、金、物の流れ 広田信也

好調な景気判断が年初より株価を押し上げ、2018年内にも日経平均が3万円を超える予想も聞こえてくるようになった。人、金、物が活発に動き出す活気ある時代が再び日本に訪れるかもしれない。

2018年01月26日15時51分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(37)祝福の扉よ、開け! 広田信也

日本宣教拡大を目的に、教会におられる宣教的な信仰者と、未信者や教会を離れた人々との接点を創出する働きを数年前から進めてきた。2018年の年初にあたり、これまでの経緯をまとめ、今後の方針を示すことにする。

2018年01月12日11時56分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(36)通過儀礼に寄り添う教会の役割 広田信也

宗教離れの進む日本ではあるが、キリスト教式の結婚式の割合は、長年60パーセント程度と高い割合を維持している。キリスト教の良い印象が受け継がれていることはうれしいことである。

2017年12月31日7時37分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(35)幼子と共に祈る 広田信也

クリスマスの時期になると、教会はさまざまな子ども向けのイベントで忙しくなる。若い頃から幼児、児童伝道の奉仕を続けてきた私には、子どもたちと交わった懐かしい思い出がたくさんある。子どもたちの純粋な信仰は、いつも私の信仰生活の模範になってきた。

2017年12月14日15時44分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(34)遺族の心に寄り添う 広田信也

日本のクリスチャンは、人口比率1パーセントと極めて少数派である。当然、代々聖書信仰を受け継いできたような家族は非常に少ない。通常、クリスチャンは多くの未信者に取り囲まれて生活しているのである。

2017年12月01日16時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(33)キリストの使節として 広田信也

祈り心を表現することの苦手な日本人の家庭に、聖書信仰に基づく祈りの場を備えたいと願い、新しい冠婚葬祭の形を幾つか提案することから私たちの働きは始まった。当初の宣教の志は今も変わっていない。

2017年11月17日7時13分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(32)私を遣わしてください 広田信也

10月27日から10日間の予定で、東京ビッグサイトにて東京モーターショーが開催されている。入場者数は80万人程度で、大きなイベントのようだが、20年前には、今の2倍近くの入場者数があり、自動車への関心ははるかに高いものだった。

2017年11月02日6時18分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(31)真理はあなたがたを自由にする 広田信也

国立国会図書館法の前文に「国立国会図書館は、真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」と書かれている。

2017年10月19日6時46分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(30)希望あふれるエンディング 広田信也

終活という言葉が日本に定着し、さまざまな分野に展開されてきている。以前は、残された者に迷惑をかけないための終活が多かったが、最近は、最期まで元気に過ごすための終活が多くなっているように思う。

2017年10月05日6時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(29)続・エンディング産業 広田信也

年間死亡者数の増加に伴い、エンディング産業へ新規参入する企業が増えている。しかし、この業界の背後には、「供養」という言葉に代表される仏教葬儀文化があり、斬新な企画が生まれにくい体質がある。

2017年09月21日18時56分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(28)エンディング産業 広田信也

去る8月23日から3日間、東京ビッグサイトにて第3回エンディング産業展が開催され、3日間で2・5万人ほどが来場した。日本の年間死亡者数が130万人を超え、今後20年間は増え続け、160万人に達するといわれる中、新規参入する企業が相次いでいる。

2017年09月07日6時48分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(27)微笑から宣教の扉が開く 広田信也

2年前の秋から訪問を続けてきた高齢の女性が天に召された。100年近い長い年月を駆け抜け、人生の喜びと感謝を関わる人々に残された。私たちがお交わりできた時間はわずかだが、大変貴重な体験を頂いたように思う。

2017年08月24日6時45分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース