映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性

2019年9月13日11時41分 執筆者 : 青木保憲 印刷
+映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性
映画「ロケットマン」。8月23日(金)から全国ロードショー中。

エルトン・ジョン。言わずと知れた現代音楽の大御所である。彼の名前を知らない若い世代も、ディズニー映画「ライオン・キング」(1994年)のテーマソングは知っているだろう。あの楽曲を手掛けたのがエルトン・ジョンである。40代から50代の私のような世代にとっては、英国のダイアナ元皇太子妃が事故死したときに彼が歌った「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」に親近感を抱くだろう。

昨年の「ボヘミアン・ラプソディ」の成功が、音楽伝記映画に新たな光をともしたことは否定できない。もちろん映画は製作期間が平均4年といわれているから、「ボヘミアン・ラプソディ」の成功を受けて本作「ロケットマン」が作られたわけではない。しかし、一般の観客は一連のジャンル映画として鑑賞することを期待するだろう。

奇しくも「ロケットマン」の監督であるデクスター・フレッチャーは、「ボヘミアン・ラプソディ」を完成間近で投げ出したブライアン・シンガー監督の後任として、ノンクレジットで完成させた人物でもある。否が応でも両作は比較されてしまう。そのことをフレッチャー監督自身もよく知っていたのだろう。冒頭から、「ボヘミアン・ラプソディのような映画を期待してはいけませんよ」とばかり、とんでもない笑いのセンスで観客の期待を裏切ってみせる。

本作には、いろいろな見方ができるであろう。音楽好きな人からすると、エルトン・ジョンの楽曲秘話や彼の作品の素晴らしさを再確認するために劇場へ足を運ぶことは十分あり得る。一方、コアな映画ファンとしては、主演のタロン・エガートンの熱演に期待し、彼の出世作「キングスマン」シリーズからどれだけ成長したのか、を目の当たりにしたいということにもなるだろう。

しかし本作の肝の部分は、どうもスクリーンに映し出された音楽や俳優の素晴らしさだけでは測りきれないようだ。フレッチャー監督はとあるインタビューで、「これはエルトン・ジョンの記憶を映画化したものだ」と述べている。つまり、史実的な考察やドキュメンタリー的な方向性を本作は持っておらず、むしろ主人公であるエルトンの「主観的な自分史」をスクリーンで展開しているということなのである。

映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

考えてみれば、フレッチャー監督の前作となった「ボヘミアン・ラプソディ」で最も批判を浴びたのは、エイズにかかったフレディ・マーキュリーがそのことをメンバーに告白したタイミングが、史実と異なっていたことである。映画の中では「ライブ・エイド」の前であったが、実際はライブイベントの後であったらしい。これを「映画的な演出」か「虚偽の事実」かで、前作の評価は分かれた(ちなみに私は大いに気に入った派であるが・・・)。

その点、「ロケットマン」は史実から離れ、むしろエルトンの「脳内事実」を映像化しました、と公言しているため、批判を受けることはない。そう思って観るなら、あの空中浮遊のシーンは傑作だろう。こちらの気持ちもあのシーン同様に浮き上がり、一気に「エルトン・ジョン」フリークになってしまう!

さて、本作をどう観たか? 彼の主観に基づいているとあえて公言することで、逆に見えてくるのは、彼の内面と世界観である。そこから敷衍(ふえん)して考えるとき、フレディ・マーキュリーにも通じるLGBTの問題が透けて見えてくる気がする。

映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

どうもセクシャルな問題で悩む人の特質の一つとして、家族、特に両親との関係が芳しくないパターンが見受けられるとは考えられないだろうか。彼らはいわゆる「毒親」への対処の一環として、多岐の選択肢(暴力的反抗、非社会的言動、ひきこもり、薬物依存など)から、同性に引かれるという性向を獲得していったと考えることはできないだろうか。つまり、LGBTとは後天的な性向であり、決して本人の堕落や先天的な罪性による成れの果てではなく、圧倒的に不利な状況の中で、自らを必死に守ろうとした不可避的な対抗措置の一つであった、とする見方である。

もちろんこれを定式化することはできない。また、「毒親」への対処法として、セクシャルな方向だけに進むわけではないし、そもそも「毒親」に定義などできない。だからあくまでも現段階では個人的な試論でしかない。筆者はLGBTの専門家ではない。神学的にこれを精査するとか、心理学的、生物学的に考察を加えるとか、可能ならそういった人たちからの意見を拝聴したいが、あくまでも今回は「一人の牧師」として出くわした事象や、鑑賞したセミドキュメンタリックな映画に依拠した帰納的考察でしかない。

奇抜なコスチュームで現れたエルトンが、自身の過去を語るというスタイルで映画は進む。そして彼の葛藤があらわになっていく。それは両親に愛されず、また自分に自信を持てない生き方をせざるを得なかったということである。そして彼は自らを「ホモ・セクシャル」と位置付ける。映画の随所に、両親への素直な思慕と同時に歪んだ悲しみ、怒りが語られている。それはまるで一滴の真水を求めて海水を飲み、さらなる渇望感を得てしまう、そんな矛盾した行為として描かれている。彼はそのアンビバレントな感情をそのまま吐露し、それが奇抜なコスチューム、破天荒な言動、そしてこれらとはまったく異なる卓越した音楽性となって表出されることとなる。

私たち市井の人々は、彼の音楽性のみに目を留め、彼を尊敬しあがめまつることになる。人々が自分の一側面に偏った評価しかしないというのは、さぞつらいことであろう。そのことは、映画を観るとよく分かる。

映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

本作は、エルトン自身にとってのセラピーとして機能している。彼がつらい過去を告白し、それを客体化することで、負の感情を昇華させ、まだ見ぬ未来に向かって一歩踏み出す勇気が与えられるのだ。一種の「箱庭療法」といってもいいだろう。

そう考えると、昨今LGBTを「問題」として教会が取り上げること自体が「問題視」される風潮に対し、教会側がきちんとしたレスポンスを提示できることになる。キリスト教界が社会との接点を見いだすこともできるようになるだろう。本作「ロケットマン」は、単なるミュージカル伝記ドラマという域を超え、多くの示唆を私たちに与えてくれる作品だといえる。

男性同士の交わりなど、かなり「攻めた」表現があるため、子どもの鑑賞には十分注意を要するが、避けては通れない親子関係の問題を描いているという意味では、一人でも多くの教会関係者が鑑賞できたらいいと切に思う。

■ 映画「ロケットマン」予告編

映画「ロケットマン」公式サイト

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。グレース宣教会研修牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

カニエ・ウエストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

全盲の福音歌手・ピアニスト、北田康広さんが新アルバム「聖夜 歌とピアノで綴るクリスマス」

震災を「一家族の崩壊と再生」というメタファーで描いた傑作「ひとよ(一夜)」

宗教的な、恐ろしく宗教的な人間賛歌「蜜蜂と遠雷」

「合唱のように子育てはみんなで!」 東京の教会で子ども虐待防止のゴスペルコンサート

映画「一粒の麦」山田火砂子監督インタビュー、日本初の女医・荻野吟子の生涯描く作品に込めた思い

「和解の大切さ」教えてくれた 朗読劇で「韓国孤児の母」描く俳優の水澤心吾さん

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース