スペイン福音同盟、新LGBT権利法案に反対声明

2017年8月23日19時27分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
+スペイン福音同盟、新LGBT権利法案に反対声明
(写真:krytofr)

スペイン福音同盟(AEE)は、「民主的自由を脅かす」として、スペイン国会で審議されているLGBT(性的少数者)の権利に関わる新法案に反対する声明(英語)を発表した。

法案は、性的指向や性自認、あるいは性表現や性的特徴による差別を禁止し、LGBTコミュニティーの社会的平等を目指す内容となっている。特に、政府機関による平等意識の促進と、いわゆる「転換療法」(性的指向や性自認を矯正する療法)を試みる者に対して罰金を課すことが盛り込まれている。

AEEは、A4版6ページにわたる長文の声明で、「新法案は、科学的証拠というよりもむしろ、教義的なものに基づくもので、ある特定のイデオロギーを押し付けるものです。1つの社会集団に他集団を上回る特権を与えることは、全市民が平等であるべきことに矛盾しており、良心の自由と表現の自由を制限し、市民社会と家族が持つ権限を侵害するものです」と述べている。

また、「私たちはすべての国会議員に対して、民主主義の精神と、法案で議論されている真の多様性を回復するよう、そして教義や新しい正統性、保護、不平等、不寛容、特に進歩と称しているまがい物の犠牲にならないよう求めます」と要求している。

人口の7割以上がカトリックとされるスペインでは、福音派は人口の約2・5パーセントとされるプロテスタントのほんの一部に過ぎない。一方、福音派の中でも、スペインの古い教派であるメソジスト長老派スペイン福音教会など、法案を好意的に受け取っている教会も存在する。

法案はスペイン国会で9月にも可決される見通し。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース