欧州

フランス・リヨン

ギリシャ正教の司祭、教会前で撃たれ重傷 フランス・リヨン

フランス南東部のリヨンで10月31日、ギリシャ正教の司祭(52)が教会の前で何者かに至近距離から銃撃される事件があった。司祭は重傷。容疑者は一時逃走したが、当局は目撃証言に似た人物を拘束し、事件との関連を調べている。

2020年11月02日0時16分

フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる

フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる

フランス南部ニースで29日午前9時(日本時間同午後5時)ごろ、刃物を持った男がカトリック教会を襲撃し、少なくとも3人が死亡、数人が負傷した。ニースのクリスチャン・エストロジ市長はテロとの見方を示している。

2020年10月29日23時11分

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

第2次世界大戦後間もなく、ドイツの教会が戦争に関わる罪を告白した「シュトゥットガルト罪責宣言」が発表されてから75周年を迎え、宣言発表の地であるドイツ南部の都市シュトゥットガルトで18日、記念礼拝が行われた。

2020年10月24日22時17分

マンチェスター大聖堂

英国国教会の児童性的虐待、調査報告発表 過去80年で390人が有罪

英国国教会の児童性的虐待に関する独立調査委員会は6日、1940年代から2018年までの約80年間に、同教会の聖職者や責任ある立場の人など計390人が性犯罪で有罪判決を受けていたことなどをまとめた報告書を発表した。

2020年10月10日23時16分

ロシア正教会・救世主ハリストス大聖堂

「許可なく宣教活動した」 ロシアで有罪判決36件 2020年上半期

ロシアで許可なく宣教活動をしたなどとして、2020年上半期に計40の個人や団体が起訴され、うち36件で有罪が言い渡された。4年前に施行された教会外での宣教活動を違法とする行政法第5条26項(伝道規制法)によるもの。

2020年09月02日17時41分

「私の力はイエス」バイエルンのダビド・アラバ、欧州制覇の優勝ピッチで

「私の力はイエス」バイエルンのダビド・アラバ、欧州制覇の優勝ピッチで

欧州サッカー連盟チャンピオンズリーグで全勝優勝という史上初の快挙を成し遂げたバイエルン・ミュヘンのディフェンダー選手ダビド・アラバ(28)が、その優勝を決めたピッチで「私の力はイエスにある」と書かれたシャツを着て、勝利の栄光を神にささげた。

2020年08月26日16時33分

人生の中心に神への信仰 ヘンリー王子とメーガン妃の伝記出版

人生の中心に神への信仰 ヘンリー王子とメーガン妃の伝記出版

最近出版された英国のヘンリー王子とメーガン妃の結婚を主題とした伝記『自由を求めて―ハリーとメーガン、そしてモダンな王室の創立』によると、メーガン妃が人生の「最も暗い時期」を克服できたのは、神に対する信仰のおかげだという。

2020年08月18日13時48分

ロシア政府、外国人の宗教活動禁じる法案提出

ロシア下院に外国人の宗教活動禁じる法案 個人宅での祈祷会も禁止

ロシアの国家院(下院)に、外国人の宗教活動を禁止する法案が提出された。法案は「ロシア国民、およびロシアに恒久的かつ合法的に在住する者のみが、宗教団体で活動することができる」と定めており、永住許可のない外国人は宗教活動が認められなくなる。

2020年08月08日23時23分

スイスで「国家祈祷日」 コロナ禍の中、千人が屋外で祈りささげる

スイスで「国家祈祷日」 コロナ禍の中、千人が屋外で祈りささげる

スイス北部アールガウ州の町ブルックに1日、約千人のクリスチャンが集まり、国のために祈りをささげた。この日はスイスの「国家祈祷日」で、今年は「岩の上に建てる」がテーマ。欧州の福音派メディア「エバンジェリカル・フォーカス」が3日、伝えた。

2020年08月04日16時06分

黒人のイエス・キリストが描かれた「最後の晩餐」 英国の大聖堂で展示へ

黒人のイエス・キリストが描かれた「最後の晩餐」 英国の大聖堂で展示へ

イエス・キリストが黒人として描かれた「最後の晩餐」が4日から、英中部セントオールバンズの大聖堂で展示される。米国の黒人差別反対運動「ブラック・ライブズ・マター」(黒人の命も大切、BLM)への連帯を示すもの。

2020年07月01日11時41分

英国国教会、100教会以上を開拓へ

英国国教会、人種差別問題扱う新委員会設立へ

英国国教会の主教会は24日、同教会の人種差別問題を専門に取り扱う委員会を設置することを決めた。同委の設置により、教会内における人種的平等実現のために「文化的かつ構造的な大変革」を行うとしている。

2020年06月29日7時52分

英国国教会、黒人神学生の牧師補受け入れ拒否を謝罪

英国国教会、黒人神学生の牧師補受け入れ拒否を謝罪

白人が多数を占める教会が、黒人神学生による牧師補の採用申し込みを、黒人であることなどを理由に拒否していた問題をめぐり、英国国教会がこのほど謝罪した。受け入れを拒否されたのは、米シカゴ出身のオーガスティン・タナーイムさん(30)。

2020年06月22日14時20分

コロナ禍でアルファ・コースの受講者急増、オンライン化で3倍に 英国

コロナ禍でアルファ・コースの受講者急増、オンライン化で3倍に 英国

新型コロナウイルスの感染拡大により、厳しいロックダウン(都市封鎖)が行われたにもかかわらず、英国でアルファ・コースの受講者が急増している。英国の発祥教会では、アルファ・コースを完全オンライン制に移行したことで、受講者数が3倍になったという。

2020年06月11日22時40分

園芸店は再開OKだけど教会はダメ? 教会の再開求め政府に要望 英国

園芸店は再開OKだけど教会はダメ 教会の再開求め政府に要望 英国

英国の教会指導者たちが政府に対し、教会などの礼拝所を7月まで閉鎖する計画を再考するよう求めている。英国では、自動車のショールームや園芸用品店などが再開している一方、礼拝所は早くとも7月4日まで閉鎖する必要があると指導されている。

2020年06月08日16時35分

最後のコロナ患者、サマリタンズ・パースの野外医療施設を退院 イタリア

最後のコロナ患者、サマリタンズ・パースの野外医療施設を退院 イタリア

新型コロナウイルスの感染症患者を治療する目的で米福音派の国際支援団体「サマリタンズ・パース」がイタリア北部のミラノ近郊に設置していた救急野外医療施設から、最後の患者が退院した。スタッフはクレモナ市長らと面会し、名誉市民の栄誉を受けた。

2020年05月25日23時59分

WCC前総幹事のトヴェイト氏、ノルウェー教会の総裁監督に就任

WCC前総幹事のトヴェイト氏、ノルウェー教会の総裁監督に就任

世界教会協議会(WCC)前総幹事のオラフ・フィクセ・トヴェイト氏が10日、ノルウェー教会(ルーテル派)の総裁監督に就任した。同教会は2017年から独立法人となり非国教会化されたが、現在も人口の7割が所属するノルウェー最大の教会。

2020年05月12日23時15分

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

新型コロナウイルスの感染防止のため、約1カ月半にわたってさまざまな施設の閉鎖措置が取られていたドイツで、教会などの再開が今週から許可され、日曜日の3日には多くの教会で対面式の礼拝が行われた。

2020年05月07日16時29分

新型コロナ、カトリック司祭の死者70人超える イタリア

新型コロナ、カトリック司祭の死者70人超える イタリア

新型コロナウイルスの感染が広がるイタリアで、25日までにカトリック司祭71人が亡くなった。最も死者が多いのは、北部ベルガモ教区で23人。一方、これらの数は教区所属の司祭のみで、修道司祭や修道士、修道女などを含めると、さらにその数は多くなる。

2020年03月26日22時20分

サマリタンズ・パース、イタリアに医療チーム派遣 救急野外医療施設設置

サマリタンズ・パース、イタリアに医療チーム派遣 救急野外医療施設開設

米福音派の国際支援団体「サマリタンズ・パース」は20日、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむイタリアを支援するため、同国北部ミラノ近郊に68床の救急野外医療施設を開設した。

2020年03月24日19時58分

イタリアでカトリック司祭28人死亡、新型コロナ感染で

イタリアでカトリック司祭28人死亡、新型コロナ感染で

新型コロナウイルスによる被害が拡大しているイタリア北部で、カトリックの司祭少なくとも28人が19日までに、ウイルス感染により死亡した。亡くなった司祭の半数は80歳以上で、最も若い司祭は54歳。

2020年03月21日18時44分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース